ジャムホームメイドのボールチェーンブレスレットはプレゼントにも最適

今回レビューするのは「ジャムホームメイド/A型ボールチェーンブレスレット」になります。男性なら一度はシルバーアクセサリーに憧れをいだいた事があるのではないでしょうか? シルバーの上品な輝きや金属変化によるアジのある黒ずみ、ゴールドにはない落ち着いた雰囲気、カッコいいですよね。

さまざまな魅力があるシルバーアクセサリーですが「ドクロや十字架がついていて子供っぽい」「ヤンチャしてる人がつけてそう」などマイナスイメージを持たれる方もいるでしょう。

しかし今回レビューするジャムホームメイドの物はそんなイメージのある人や女性へのプレゼントにもおすすめできる一品です!

シルバーの魅力をしっかり味わえる素材

シルバーといってもいくつか種類があります。その材料に含まれる銀の量で呼び名が変わるのですが純度99.8%以上でピュアシルバー、95.8%でブリタニアシルバー、92.5%でスターリングシルバーと呼ばれています。

今回レビューするブレスレットに使われているのはスターリングシルバーになります。「純度が高いほうがよさそうだし、ピュアシルバーじゃないなら大したことないじゃん」と思った方もいるかもしれません。

今現在アクセサリーで一番使われているのはスターリングシルバーです。シルバーの場合純度が高ければよいという訳ではなくある程度他の金属と混ぜた方が使い勝手がいいのです。

純度が高ければ綺麗な白銀色で変色がしにく性質ですが同時にとても柔らかく、固まりにくい金属なので加工が難しくアクセサリーとした場合に大変高価になってしまいます。

しかし、スターリングシルバーは他の金属と混ぜることで加工しやすい強度や重さになっているので取り扱いが容易です。またアクセサリーとして着けた際もキズが付きにくく取り扱いが楽になります。

画像の物はあえて手入れをせずに黒ずみを残していていぶし銀にしてあります。ピカピカが好みなら柔らかい布と研磨剤でお手入れすれば光沢が戻ります。

(黒ずんだ状態の銀をいぶし銀といいます)

威圧感を与えないデザインと単品、重ね付けどちらでもいけるボリューム感

冒頭でも書きましたが、シルバーアクセサリーと聞いていいイメージばかりを持たれる方は多くはないです。実際にドクロや十字架のデザインが施された物は多く、中二病を連想させ子供っぽく感じさせます。また鎖やゴツゴツしたデザインでも威圧感を与え怖い人になってしまいます。

その点このジャムホームメイドの物はシンプルなボールチェーン型でパッと見て威圧感や子供っぽさを感じる方はいないでしょう。どちらかといえば「上品で大人っぽい」だったり「華奢そう」な印象ではないでしょうか?

これはボールチェーンという作りのおかげで真珠のネックレスだったり、数珠だったりを連想させるのと球体をつないでいる部分が細く適度に隙間が空く為です。

球体の大きさも約6㎜と悪目立ちしない程よい大きさなので、単品で着けても十分なアクセントになり、慣れてきたら腕時計やレザーブレスレットとの重ね付けをしてもサマになります。

もしこれがもう少し大きくなると単品ではいいですが重ね付けすると威圧感を与えてしまいますし、小さいと単体で着けた際に物足りなさを感じてしまうでしょう。

(腕時計と重ね付けしても馴染みます)

(レザーブレスレットとの重ね付けもおすすめです)

ありそうでなかった血液型というモチーフ

このブレスレットの特徴はボールチェーン型だけではありません。デザインのモチーフが血液型なのです。チェーンの連結パーツをよく見るとアルファベットのAになっているのがわかるでしょう。

これはつける人の個性やその人らしさをブレスレットに意味として持たせることを目的にこのデザインになっています。このほかにもB、O、ABと全ての血液型の物があります。デザイン性が高いだけではなく、もちろん使いやすさも考えられています。

裏返すとちょうどチェーンの先が入る程の隙間になっているのでそこへチェーンを入れます。

そのままスライドさせるだけでつけることができるので簡単に付け外しができる仕様です。ただひとつ注意する点があります。使用し続けると溝が広がり外れやすくなります。歩いていて気がついたら無くなっていたなんてことになりかねません。ペンチなどで簡単に直せるので早めに直すことをおすすめします。

永く使える物だからこそ装飾品以外の意味を込めても面白い

シルバーアクセサリーは手入れやメンテナンスをすればいつまでも綺麗な状態を保ち使うことができます。そのため高価な物でも大切に使うなら決して高くない買い物です。このジャムホームメイドの物は2万2680円(税込)とシルバーブレスレットとしては中の上程の価格。

アクセサリーが欲しい! で気軽に買える人は多くはないでしょう。もちろんアクセサリーなので装飾目的で買うのが正しいのですが永く使える物として他の意味や愛着を持てる物として買うことをおすすめしたいです。例えば私は妻とお互いの血液型を持とうかと思っています。

同じアクセサリーでファッションを楽しめ、指輪とまた違った形でお互いの存在を感じられたら素敵かなという思いからの考えです。夫婦だけでなく恋人同士で相手の血液型のものを贈ってもユーモアがあっていいでしょう。

すこし装飾品と違う意味を持たせてあげるだけで愛着のわき方や思い入れが変わり、値段以上の価値が生まれてきます。そのことを考えれば高い買い物だと感じにくくはないでしょうか?

あと数ヶ月もすればクリスマスなどプレゼントを考える機会も増えるハズです。自分へのご褒美やプレゼントとしておすすめできる「ジャムホームメイド/ボールチェーンブレスレット」一度、実物をみて頂きたい一品です。

ヨッシー

この記事を書いた人

ヨッシー

身長175cm 体重68kg 靴26.5〜27cm 25歳

「自分の好きな服を無理せずオシャレに着る」をモットーに子育てしながらオシャレを勉強中の一児の父。 手の届きやすいアイテムと実用性重視のアイテムセレクトで世の父親の手助けが現在の目標。