ジャムホームメイドのチェーンブレスで差別化しよう

高温多湿の日本の夏に重ね着なんかしていると汗だくでオシャレ以前の問題になってしまいますので、Tシャツ+パンツ(短パン)のワンツーコーデになりがちですよね。

しかしながらアイテム数が少なくなり地味に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでぜひオススメしたいのがアクセサリーの活用です。

トレンドは装飾性に移行

ファッショントレンドとして「ノームコア」がスポットライトを浴びてから久しくなりました。

ノームコアとはnormalとhardocoreを組み合わせた造語で「究極の普通」という意味です。具体的にいうと白と黒を基調としたモノトーンでシンプルな無地のアイテムでコーディネートを構成するというものです。

しかしながら、当然トレンドには流行り廃りがあるもの、今トレンドのキーワードは「装飾性」です。では装飾性とはどういったものなのかというと……。


https://goo.gl/QNF6a5

最近、この画像のように腰から長いベルトを垂らしている人をちらほら見かけるようになっていませんか? これが装飾性の1つの例です。

ほかにも例えばTシャツであれば無地のものではなく、柄物や少しデザインの入ったもの、黒白以外の明るい色使いのアイテムの展開が増えてきています。このあたりはセレクトショップにでも入っていただければ一目瞭然です。

このようにモノトーンとは対極の方向にトレンドは推移しつつあります。今後この流れはさらに加速するでしょう。とはいってもまだまだ世の中に浸透しているわけではありませんので、いち早くこのトレンドに乗って他の人と差をつけましょう。オシャレとは差別化です。

アクセサリーで手軽に装飾性を付加しよう

さて、気づけばワードローブは黒白無地ばっかり、もう今持ってる服使えないのかよ……と思った方もいるかもしれませんが、深く悩む必要はありません。オシャレとは差別化なのですから、少し装飾性を付加すればそれで差別化になります。急いで柄物や色物のアイテムを集める必要もありません。

その少しの装飾性を付加する使い回しやすいアイテムとしてアクセサリーを活用しましょう。アクセサリーとはネックレス・ブレスレット・リング・アンクレットといろいろありますが、これらを1点でもコーディネートに盛り込むとガラっと印象が変わります。

というのも、アクセサリーをつけるのは、首、指、手首、足首といった体の先端部分ですよね?先端部分というものは一目見た時に目に入ってきやすく、目立つものです。ですからここにアイテムを配置することで全体の印象が一気に装飾性を帯びたものになります。

アクセサリーでそんなに変わるのかよ? と思った方は試しに手首に何もない状態と時計を着けた状態を鏡の前で比べて見て下さい。全然違いますよね。

JAM HOME MADEのチェーンブレスがオススメ


https://goo.gl/zzPrhb

ここまで装飾性トレンドにおけるアクセサリーの活用について説明してきましたが、オススメアイテムとして、JAM HOME MAIDのチェーンブレスをレビューします。

アイテム名:FirST JHM ブレスレット&ネックレス/7560円(税込)

いままであまりアクセサリーを使ってこなかった人がいざ使ってみようと思っても、ネックレスやリングはキザな感じがして抵抗がありませんか?

私もその一人です。いまだにネックレスとリングは使う勇気がありません。でもブレスレットならいかがでしょう? 腕時計を着けたことない人は流石にいないでしょうから、腕周りにアイテムがあるのはそこまで違和感ないんじゃないでしょうか。

★画像 https://goo.gl/vFsQXs

ブレスレットの流通量としてはこんな感じの紐もしくはレザーのものが多いです。これはこれで使いやすくていいのですが、差別化の強化という点と、上で書いたように今後トレンドがさらに装飾性を増していくという点を考慮すると、ある程度存在感のあるこのアイテムがオススメです。どうせ買うなら長くトレンドの前線で使えるようなアイテムを買いましょう。

そこで、こちらのちょっと変わったアイテム。真鍮製のチェーンのブレスレットです。

写真は手前にフォーカスされているのでかなり目立ったアイテムに見えますが、実際着用して鏡の前で見てみると全然嫌味な感じがなく、一方で適度な存在感があります。また、金属製でそれなりに重みがあるアイテムですが、チェーン自体が平らになっていて、手首にフィットするようなつくりになっているので、着用感としても特に違和感なく使用できます。

シルバー製には抵抗感ある方にもおすすめです。4色展開になっていますが、イエローゴールドは流石に嫌味な感じ、シルバーもキラキラしていて嫌味な感じが拭えない、かたやアンティークシルバーはマットにし過ぎて逆に安っぽくなっている……そこで、私は断然ガンメタを勧めます。トップスかパンツで黒のアイテムを使うことが多いでしょうから、存在感を持ちつつ、コーディネートに馴染みやすいですよ。

一点、人によってはデメリットに気になってしまう点があるとすれば、この手の塗装されたアクセサリーの宿命として使用する度に塗装が少しずつ剥がれ、地金が見えてくる点です。下の写真のような感じですね。ただ、塗装が剥げることで真っ黒の中に少しシルバーが入って適度なアクセントになるため、むしろ私は経年劣化を楽しんで気にせず着用しています。

ちなみに補足ですが、上の★画像のレザーブレスレットのようなアイテムが使えないと言っているわけではありません。あくまで今後のトレンドを重視するとこのチェーンブレスがオススメという話です。ZOZOで検索すれば大量に出てきますので、個人の好みにあわせてチョイスしてもらえればいいと思います。

ネックレスはアンクレットとしても有用

ブレスレットについてばかりレビューしてしまいましたが、商品名からわかる通りネックレスもセットになっています。ネックレスに抵抗ない人は普通に使っていただければいいのですが、私自信はネックレスに抵抗があるので、最初はおまけ程度にしか考えていませんでした……しかしなんとこれ、写真のようにアンクレットとしても使えるんです。

二重巻きにしてくるぶしぐらいで止まります。ブレスレットとアンクレットで同じ色でまとめることができるので、セットで愛用しています。ちなみに私のくるぶしの少し上をメジャーではかってみましたが、21cmでした。これより太い人には難しいかもしれませんが、ご参考に。

以上で今回のレビューは終了です。アイテム数が少ないシンプルコーデになりがちな夏に特にアクセサリーをつけて欲しいですが、秋冬でももちろん使えますので、服代が夏に比べて圧倒的にかかる秋冬に入る前、まさに今がアクセサリー購入の絶好の機会です。是非コーディネートに取り入れてみてください。

ちなみに、慣れてきたら写真のように紐状のブレスとあわせて重ねづけなんてのもカッコいいですよ。

アイキャッチ画像 リンク https://goo.gl/Pnb1h5

みずたろ

この記事を書いた人

みずたろ

身長172cm 体重60kg 靴26cm

派手柄な存在感あるアイテムが好きなのでバランスを取るのに日々苦心中。そろそろ節約したいが物欲が尽きない。