カズユキクマガイのオススメコートと言えば「カシミヤ混ダブルフェイスビーバーフーデッドコート」で決まり!

ここ数年、チェスターコートが流行し、ユニクロでももはや定番商品といってもいいでしょう。そんな昨今、差別化を図りたいという方におすすめなのが、フーデットコートです。

そこでカズユキクマガイのカシミヤ混ダブルフェイスビーバーフーデッドコートを紹介します。

上品なうえにかわいい!

素材は表地がウール85%、カシミヤ15%とカシミヤが混紡されたことで非常に上品な質感になっています。また、ボタンが比翼で隠れるなど、全体的にすっきりした見た目なのですが、生地が肉厚で、大きいフードがあることから、チェスターコート特有のきりっとした印象だけではなく、どこかユーモラスでかわいい印象があります。

「シンプル、上品、かわいい」と三拍子がそろっているので女性受けも非常にいいです。

細部をチェックしていきましょう。フードにはホックがついています。留めることでフードが立ち上がるので、首回りにボリュームがでます。ストールなどを用いずとも小顔効果が期待できます。また比翼仕立てなので、ボタンをとめるとスッキリ見えます。


(ホックを留める前)


(ホックを留めた後)


(ボタンを留める前)


(ボタンを留めた後)

背中の裾は魚の尾ひれのようにみえることからフィッシュテールと呼ばれるデザインになっています。モッズコートなどで多く使われるデザインですね。ポケットのフラップも肉厚で高級感のある雰囲気があります。


(肉厚なフラップで、堅苦しい印象を与えません)

サイズ展開は1(S)、2(M)、3(L)の3つ。肩幅はそれぞれ、43cm、44cm、45cm。身幅は54cm、56cm、58cmです。着丈は100.5cm、103.5cm、106cmです。

肩幅、身幅は細身ですが、着丈は非常に長い作りになっています。身長164cm、体重50kgの筆者は1を購入しました。膝少ししたくらいに裾がきますね。

防寒性が抜群!

防寒性は抜群です。暖房のよくきいた屋内などでは暑く感じるほど。中に厚手のニットなどを着込まなくても暖かいので、秋冬の屋内でのコーディネートの幅が広がります。

寒い地域に住んでいる方は、防寒性の面からコートの選択肢が狭まってしまうと思いますが、このアイテムは寒い地域でも問題なく着用し、おしゃれを楽しむことができます。

ただし、防寒性は抜群なのですが重いため、長時間着るようなシチュエーションには不向きかもしれません。

このアイテムは面積が非常に大きいうえに、デザインが完成されているので細身のパンツを合わせるだけでサマになります。コーディネートをあまり考えないで済むのは非常に大きな利点です。

価格は10万8000円(税込)と高価ですが、長期間にわたって着用が可能な良アイテムです。今季はほとんど売れてしまったようですが、毎年マイナーチェンジを加えながらリリースされているので、来季も取り扱いが予想されます。

買えなかったかたも是非来季チェックしてみてください。

2018秋冬メンズおすすめアウターまとめはこちらから↓

【2018】メンズおすすめアウターを買って着てレビュー!【全40点】

2018.12.08