作業靴「喜多」のスリッポンは1000円で街着にも使える逸品

コーディネートの大黒柱である靴。ところが、ついついトップスにお金をかけがちで、アウターやシャツばかり買っていませんか? そこで筆者がみつけた激安のスリッポン。見た目は普通のスリッポンですが実はこれ「作業靴」なんです。

そもそも作業靴とは、大工や機械工場で働く人が、釘や割れたガラスなどの危険物から足を守るために履く靴です。ごっついワークブーツかと思いきや、細みのスリッポン形状の作業靴があるんです。

まさにハイブリットな靴!「革靴×スリッポン×脱地味」

まず、箱から取り出したときの写真がこちら。商品は「くつたろう」。意外と形もキレイです。VANSのオーセンティックに形が似ています。

実際に履いてみるとこんな感じです。全体的に足の甲とつま先に向かって細くなるシルエット。ソールはオレンジと黒の二層になっていて、くるぶしのあたりで黒色のソールが細くなっていることでスニーカのゴムソール特有の野暮ったさを軽減してあります。

このあたりのデザインはリーボックのポンプフューリーや、ラフシモンズのOZWEEGOなどをみるとわかりやすいです。また、トゥが反っている点などは革靴を彷彿とさせます。

気になる着用感·そして素材感は??

そして着用感としては、しっかりとしたクッション性かつとても軽い。ここは流石の機能です。また、素材についてはアッパーが綿でソールは天然ゴムです。

筆者が手に取ってみた所感としては、アッパーの生地感はかなりしっかりしています。ガシガシヘビロテしても問題ないでしょう。またソールは天然ゴム、いわゆるガムソールと呼ばれているものですが、体育館履きなどのソールにつかわれているもので、グリップ力は抜群です。

また、他のスリッポンには見られにくい素材なので脱地味・差別化という点でも最適でしょう。ちなみに筆者は普段は27.5~28㎝の靴を履くことが多いのですが、28㎝にしたところ、やや大きいサイズ感でした。

両手離しで評価できない点も

ここまで良い点を書き綴りましたが、完璧というわけではありません。

このようにガムソールの結合が粗いのがたまにキズ。ソールが剥がれたりするよりかはましかなという感じですが、神経質な方は気になる粗さですね。しかしながら、この作業靴は消耗品であるため、大量生産・大量消費が前提のアイテムなので仕方ないでしょう。

着用画像をみてわかるとおり、履いていてこの粗さに気付く人は少ないと思います。

さて、ここまで商品紹介をさせていただきましたが、皆さんはこのアイテムがいくらに思えるでしょうか?

筆者がこのアイテムをamazonで購入しましたが、その価格は1089円でした。安い! 安すぎる! この価格だと抵抗もなく履けますし、試し買いにもちょうどいいですね。

カラーは黒の他に白とネイビーがあります。気になった方はぜひ、「喜多 くつたろう DK-500」をお試しください11

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー33選!【2018】

2018.05.14
quin

この記事を書いた人

quin

身長183cm 体重69kg 靴27.5〜28.0cm

服に込められたストーリーや源流が大好物。服を買っては源流を研究してます。最近は簡単なアレンジにハマってます。洋服に込められた魅力を私なりの言葉で発信します!21歳