メンズのおすすめニット11点を「買って」レビュー!

各ブランドのこだわりが詰まっているニット。秋口は1枚で、冬にはインナーにと秋冬に大活躍間違いなしのニット。

ローゲージとハイゲージで違った表情を見せてくれ、コーディネートの幅を広げてくれる便利アイテム。そんな大人気ニットを11点一挙レビューしたいと思います。

ユニクロ×JWアンダーソン 「ラムジャカードクルーネックセーター」2990円(+税)

魚のイラストが描かれた、可愛らしい雰囲気のニット。何の魚かはわかりませんが、ちょっとアホ面なところが凄く気に入っています。もちろん、ただのネタアイテムではありません。

柄が特徴的ですが、モノトーンカラーで統一することによってシックに着こなせるようになっています。しかし、こういったデザイン物なので、「ユニバレ」しやすいというデメリットもあります。

生地には、ユニクロの定番素材「ラムウール」が使われています。毛100%で、家庭での洗濯も可能です。ここで注意しなければならないのが「肌触り」。チクチクして良いとは言えないので、デリケートな肌の方は気を付けましょう。

サイズ感に関しては、普段ニットはワンサイズ上げてLサイズの私ですと、このニットも「Lサイズ」でちょうど良かったです。

カラーバリエーションは「ブラック」と「グレー」の2色。つい柄に目が行ってしまいますが、ベーシックカラーのニットなので、案外使いやすいアイテムです。魚のイラストにピンと来た方は、是非チェックしてみてください。

より詳しいレビューはこちらから↓

ユニクロ×JWアンダーソンのラムジャカードクルーネックセーターはチクチクするのが難点

2017.09.26

ユニクロ「ミリタリーセーター」 4990円(+税)

J.W.アンダーソンとユニクロとのコラボアイテムの中の、レディスのニットです。首回りはモックネックで小顔効果が期待できると共に、ショールカラーである分、上品で大人っぽい印象になっています。

サイズはXXLで、袖丈61cm、着丈は66cm、肩幅は40cm、身幅は53.5cm。1枚で着てもサマになる上に、シャツと重ね着してもちょうどよいサイズ感です。

素材はポリエステル49%、毛49%、ナイロン2%。毛(ウール)の部分はきめ細かな質感が魅力の「エクストラファインメリノウール」。そこにポリエステルを加えることで、クリーンな中にも表情のある生地感に仕上がっています。

また、「J.W.アンダーソン」のロゴを刻印したオリジナルのボタンは、プラスチックながらクラシックな質感があり、単色のニットの中で効果的なアクセントになっています。このニットは本来的には単品で完結できるデザイン。

しかし重ね着してもサマになるスグレモノです。シャツと合わせても、見た目に違和感がない上に、ボタンで首元を調節できるので窮屈さを感じません。なお、シャツと合わせる際はレギュラーカラーのシャツでもよいですが、スタンドカラーシャツがより好相性です。

より詳しいレビューはこちらから↓

ユニクロ×アンダーソン、レディスのミリタリーセーターをXXLで着るべし

2017.09.26

ユニクロ「エクストラファインメリノボーダークルーネックセーター(長袖)」3990円(+税)


何かと「デザイン」が目立つアイテムの多い、「ユニクロ×アンダーソン」コラボ。ついに、ユニクロが誇る傑作「エクストラファインメリノ」にもボーダー柄のタイプが登場しました。

カラーバリエーションは写真以外にも3種類あり、それぞれボーダーの入り方が違います。1枚で使うには少し難易度が高いかもしれませんが、一気に「脱地味」が進むこと間違いなし。

通常このようなデザインを入れると「子供っぽい」印象になりがちですが、非常にツヤと高級感がある生地なので、大人でも着ることができます。サイズ感は、普段トップスはMサイズを選ぶことが多い私ですと、「Lサイズ」がジャストでした。

ニットは小さめのサイズ感で作られていることが多いので、基本ワンサイズアップしますね。通常ラインのニット同様に、家庭での洗濯も可能です。価格は通常ラインより少し値上がりして、3990円(+税)になります。

極上の生地で、普段のユニクロではありえないデザインが楽しめるアイテムです。気になる方は是非チェックしてみてください。

より詳しいレビューはこちらから↓

ユニクロ×アンダーソンのエクストラファインメリノボーダー柄を徹底レビュー

2017.09.24

パッゾ「透かし編みニット」13000円(+税)

「透かし編みニット」とは、すき間の多い縫い方をしてあるニットのことで、インナーが透けてみえる=インナーの印象がマイルドになることが最大の特徴です。素材はリネン100パーセントで、目の粗い天竺編みになっています。

パッゾの透かし編みニットは「透かし編み」であることを除けばいたって普通のVネックニット。首まわりや裾、袖口などには緩めのリブがあしらわれていますが、これもリネン100パーセントのニットとしてごく一般的な仕様です。

カラーはネイビーをチョイス。サイズは48≒L相当で、身丈62cm、肩幅35cm、身幅46cm、袖丈63cmと、ユニクロのエクストラファインメリノVネックセーター(L)と比較すると、袖丈こそ同等であるものの身丈は7cm短く、肩幅や身幅もそれぞれ6cmほど狭くなっています。

とはいえ、スペックから想像するほどにタイトな着用感ではなく、短めの身丈によってインナーの裾が露出することにも、インナーの存在を忘れさせない効果があります。

メンテナンスについては、リネン100パーセント、しかも「透かし編み」というデリケートな素材であることに加えサイズ感も絶妙なので、洗濯表示に従って家庭での洗濯は避けるのが無難でしょう。

より詳しいレビューはこちらから↓

可愛すぎるキャラTを重ね着で着られるようにする裏ワザ「パッゾの透かし編みニット」

2017.10.06

MB「MBワッフルニット」6500円(税込)

今年の8月に発売された「MBワッフルニット」。特徴はまず、体型が綺麗に見えること。「着丈」を長く設定していることで、「足長効果」が期待できます。

袖のリブの加減も絶妙で、袖まくりしやすいです。ちなみに普段トップスはMサイズ、ニットは一つ上げてLサイズのことが多い私で、「Mサイズ」でジャストに着ることができます。

そして生地は「ワッフル生地」。ワッフル生地とは、表面に凹凸があり、吸水性や保湿性共に優れているのが特徴。また、凹凸があることによって「地味」な印象にもなりにくいというメリットもあります。

素材はコットンベースで、綿50%、アクリル50%。家庭での洗濯も可能です。コットンニットなので春や秋は1枚で、もう少し涼しくなれば重ね着することで3シーズン着用できます。

また、コットンにアクリル素材を混ぜることで強度を高めていますが、化繊独特のわざとらしいテカリがかなり抑えられており、安っぽい印象はありません。

より詳しいレビューはこちらから↓

体型が綺麗に見える格安ニット!MBワッフルニットをレビュー

2017.10.14

ディスカバード「V NECK BIG SWEAT」18000円(+税)

 

このチルデンスウェットは、メインボディにニットの代わりにスウェット素材が使われています。ニットでなくスウェットを使うことで程よくカジュアルダウンされ、使いやすいトップスとなっています。

ストライプデザインのあるVネックと袖裾部分はニットの切り替えとなっています。デザインの入った部分にニットを使うことで上品な印象となり子供っぽいアイテムにならないのです。

また、裾部分はバルキーウールコード糸というものが使われておりウールのような風合いになっています。嵩を高くし、空気をたくさん含ませることでウールのような質感を出しているのです。

このように、スウェット、ニット、バルキーウールコード糸の三種類の切り替えで作られており、上品にまとめられています。このアイテムはVネックトレンドだけでなく、ビックシルエットトレンドも詰め込まれたデザインとなっています。

サイズ2で肩幅:70cm 袖丈:58cm 身幅:73cm肩幅:70cm 着丈:83cmとなっており、身幅・着丈ともにかなりゆとりのあるビックシルエットです。身幅:73cm肩幅:70cmと肩幅を身幅より3cm短くすることで上から下に向かって広がるような綺麗なシルエットになっています。

この綺麗なシルエットと先程説明したハリ・コシのあるスウェット、ニットの切り替えを用いていた上品な素材感のおかげで、ビックシルエットでもだらしない印象は感じません。つまり、大人の方でも着用できるビックシルエットアイテムとなのです。

より詳しいレビューはこちらから↓

大人が着れるトレンド感満載のチルデンスウェット/ディスカバード

2017.10.15

ユニクロ「エクストラファインメリノリブタートル)」2990円(+税)

手軽にニットのカラーバリエーションを増やしたい人にこそ、ユニクロのエクストラファインメリノリブタートルネックセーター(レディース)がオススメ! その理由は、メンズよりも1000円安く、色の種類が豊富なことです。

品質はいいのにTシャツの様に色違いで購入することも出来ます。ただし、この商品は伸縮性が高いので、購入時は試着が必須です。デメリットは、レディース商品でかなりタイトな作りなので、着る人を選ぶことが挙げられます。

この商品はユニクロでも宣伝文句としている様に、洗えるニットだということです。実際に筆者も何度か洗濯機で洗っていますが、特にシワなども気になりませんので、何度か着たら洗濯機で洗うといった通常のニットでは出来ないことが可能です。

Tシャツの様に、色違いで何着も購入出来るお値段であり、洗濯も可能なニット、オススメです。

より詳しいレビューはこちらから↓

【3000円vs3万円】ユニクロとジョンスメドレーのニットを比較

2017.09.18

ユニクロ×イネス「エクストラファインメリノストライプセーター(長袖)+E」 3990円(+税)

ユニクロ×イネスのレディースのニットです。トレンドカラーのベージュを主とし、デザイナーがフランス人ということもあり、トリコロールを思わせる3色の配色を軸にしたデザイン制のあるストライプデザインが特徴です。

ベージュとオフホワイトの色面積が大きいことながら、ネイビーラインが入ることにより柔らかい印象を与え、絶妙なバランスをとっています。通常ラインのメリノセーター等のニット同様に、ウール最高品質のメリノウール使用しており、又、ハイゲージの編地で艶と質感も上品です。

着丈感を合わせると、通常ラインのメリノセーターと比較し身幅だけ大きくなり、昨今のトレンドであるビッグシルエットのニットとしても活躍します。ビッグシルエットと言っても身幅のみ大きいため、だらしない印象を与えません。

裾にスリットはありませんが、リブ幅が細く動き回っても上にあがっで来ることはあまりないかと思います。デザインよし、シルエットよし、生地感よしの本アイテム。レディース物とはいえ、侮れなません。

より詳しいレビューはこちらから↓

メンズはハズレ!ユニクロ×イネスはレディースをチェックしよう!エクストラファインメリノストライプセーターをレビュー

2017.09.04

ユニクロ「コットンカシミヤリブVネックセーター」2990円(+税)

初秋にもピッタリなコットンニット。そこでオススメなのが、ユニクロの新作「コットンカシミヤリブVネックセーター」です。生地には「コットンカシミヤ」というコットンにカシミヤを少しだけ混ぜた素材が使われており、今回のモデルは綿95%、カシミヤ5%。

生地は柔らかく、しっとりとしており、快適な着心地です。以前から販売されている「コットンカシミヤVネックセーター」との違いは、主に生地がリブになっているかどうか。生地をリブにして表情をつけているので、脱地味効果も期待できます。

洗濯は家庭でも出来ます。洗濯表示を見ると「手洗い」になっていますが、ドライモードで慎重に洗えば洗濯機でも問題ないでしょう。ニットアイテムは通常、小さめのサイズ感で作られているので、「普段より1~2サイズアップ」が基本。

普段通りのサイズではピチピチになってしまいがちなので、1サイズアップがジャストサイズのイメージですが、最終的には自分の目でサイズ感を確認して購入しましょう。とりあえず買っておいて損はない良品です。

より詳しいレビューはこちらから↓

進化したユニクロの「コットンカシミヤリブVネックセーター」は買っておいて損ナシ

2017.09.19

ナノ・ユニバース「ダブルブレストニットカーディガン」16800円(+税)

ナノ・ユニバースの「ダブルブレストニットカーディガン」は、ゆるく羽織れるカーディガンなのに、見た目はまるでダブルブレストのジャケット、という面白いアイテムです。

綿52%、ポリエステル48%の、固めのパリッとしたミラノリブ生地で、程よく光沢を感じられ、そこそこ高級感があります。生地にハリがあるので、薄くてもシルエットがキープされやすいのが特徴。家庭でも洗濯できます。

一つ問題があるとすれば、ラペルの立体感。薄手のカーディガン生地なのでしょうがないのかもしれませんが、少しペラペラ感があります。流石にジャケットのような立体感は再現できませんね。

サイズ感は基本的にいつも通りで大丈夫だと思います。私は175cm65kgで普段TシャツやシャツはMサイズ、ニットは基本タイト目に作られているのでLサイズが多いですが、このカーディガンはMサイズでジャストでした。

伸縮性のあるニット素材のジャケットなので、ぴったりタイトに着るほうが良いでしょう。休日のリラックスしたジャケットスタイルにオススメのアイテムです。

より詳しいレビューはこちらから↓

見た目はダブルジャケットなナノユニバースのニットカーディガン

2017.09.22

ユニクロ「ジャカードセーター」2990円(+税)

ユニクロとイネス・ド・ラ・フレサンジュのコラボ第2弾としてリリースされたセーターです。特徴は「フェアアイル柄」。一般的にカラフルで印象の強い柄ですが、このセーターはモノトーンで柄も細やかなので、“大人っぽさ”が確保されています。

首回りはクルーネック。ネックの部分だけ、無地の黒で切り替えになっています。そして袖と裾も、先端部分のみ無地の黒。ゆるやかなリブになっており、締まった印象です。アームホールは細め。

昨今は「ビッグシルエット」のトレンドですが、このセーターは「ジャスト」を目指した方が良いのではと思います。身長178cmで細身の筆者は、1サイズ上げたLサイズでちょうど良いと感じます。

これがXLになると、特に脇から背中にかけての生地が大いに余り、リラックス感と言うより、ただ“だらしない印象”になりました。生地はかなり厚手。チクチクするので、インナーをうまく活用して肌に直接触れないようにしたいところです。

ただ、摩擦の多いインナーを着ると“抜け毛”がインナーに張り付きます。なお、アクリル51%、ナイロン23%、羊毛14%、アルパカ10%、ポリウレタン2%と、様々な素材を組み合わせており、毛玉ができやすい点で注意を要します。

全部で5色展開。色味の強いものもありますが、大人っぽい着こなしの中に採り入れるのであれば、「09 BLACK」「31 BEIGE」をオススメします。

より詳しいレビューはこちらから↓

2017秋冬ユニクロ×イネス第2弾「ジャカードセーター」は大人っぽい色選びがポイント

2017.10.21