オシャレなワンマイルウェアと言えばポンチ素材!「KOE」ポンチ裾リブパンツをレビュー

コンビニやスーパーなどちょっとした外出着をワンマイルウェアといいますが、みなさんはどんなパンツを履いていますか? 部屋着と同じゆるゆるなスウェットでも構いません。でも知り合いの女の子には会いたくないですよね。

今回はワンマイルウェアはもちろん、街着としても使えるKOEのポンチ裾リブパンツを紹介します。「なんか名前ダセえな」というあなた。私もこのネーミングセンスはいかがなものかと感じます。もったいない。ただ、アイテムを見てもらえれば名前以上の価値をわかっていただけると思います。

そもそもポンチって?


http://urx.mobi/HHSn

ポンチとは、ジャージ素材のひとつですがが、スウェットのように裏毛がありません。織りと編み方が異なるので、表裏が同じ素材感になっています。ハリ感があり、ストレッチが抜群に効いた生地で、二重に編まれているので肉感のあるのが特徴です。

スカートやジャケットにも使われていまるので、レディースで多く見かける印象があります。

ストレッチの詳細

どのくらい伸びるか引っ張って見ました。もも周りは横に36cmくらいまで無理なくいけました。ちょうど6cmくらいですね。膝付近の20cmをつまんで縦に伸ばすと27cmまで伸びます。戻りも良いので膝がボコっとなりにくいです。これもポンチの良いところですね。

15回ほど着用して写真の通りです。全くないとはいえませんが、わずかな範囲です。写真のように縦横によく伸びます。パンツなら膝の曲げ伸ばしのときに素材の特徴を実感できます。

形はどうでしょう。裾に向かって細くなるテーパードシルエットになっています。レッグラインをキレイにみせてくれます。 もも廻りで29cm、裾は12.5cmとかなり細く、その差は20cm。ももはつっぱらないのでストレスがありません。裾にシワが出ないのでスッキリした印象を与えられます。

私は身長180cm・体重63kgで選んだサイズはMです。ウエストは普段スラックスを76cmで履いていて、この商品は余裕があります。ももは49cmでここも余裕があります。ダボつくほどではありません。丈はくるぶしが半分隠れる程度です。

KOEの裾リブパンツ

http://urx.mobi/HHNr

ウエストはスラックスと同じデザインです。ここは意外と見落としがちだと思いますが、スラックスを模したデザインにすることで部屋着には見えないようになっています。腰がゴムのスウェットパンツと比べると雲泥の差がありますね。

ドローコードがありますので多少の調整はできます。筆者はベルトをつけています。見た目と楽さのいいとこどりとして、背面だけゴムにしてもいいかもしれません。価格は4990円(+税)

おすすめカジュアルパンツのまとめはこちらから↓

【16選】メンズのおすすめカジュアルパンツ一挙レビュー!【必見】

2018.05.03