ネックレスのオススメは自然に着用できるラ・ループのグラスホルダー

長らく続いたノームコアからトレンドは装飾性へと変化しています。とは言えメンズファッションでは作為的な装飾は嫌われます。アクセサリー類の多くは身に着ける合理的な理由がないのでともすれば作為的に見られがち。例えば腕時計であれば時間を教えてくれるという機能があるため、身に着ける理由となりますが、ブレスレットにはなにもありません。

とくにネックレスに関しては、キザなイメージが強く手を出しづらいと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方にこそオススメしたいのが、ラ・ループのグラスホルダー(ブラックガンメタルループ)1万6000円(+税)です。

メガネを掛けるという明確な機能があるネックレス

ラ・ループのグラスホルダーは、その名の通りグラス=メガネを掛けるためのアイテムです。この明確な機能のお陰で、今までネックレスの着用に抵抗のあった方でも取り入れやすくなっています。普段メガネをされていない方は、グラスホルダーに掛けるための専用のメガネやサングラスを買われても良いと思います。

サングラスも気になるが、実際に着用するのは抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。このようにグラスホルダーに掛けるだけなら、サングラスもまた取り入れやすくなるはずです。最近はユニクロから安価で良質な伊達メガネやサングラスが発売されているので、そちらを活用するのも良いでしょう。

単体でのネックレスとしての魅力

ラ・ループは海外セレブ御用達なブランドだけあって作りには高級感があり、単体でネックレスとして十分楽しめるクオリティがあります。メガネを掛けるリングは純銀メッキが施されており、非常に高級感があります。こちらのアイテムは黒メッキ仕様のため、悪目立ちすることもありません。

リングのサイズは外周直径33㎜、内周直径26㎜となっており、見た目にも大き過ぎず小さ過ぎない絶妙な存在感です。そしてこれだけの大きさがあれば、どんなにツルが太いメガネでも掛けられないということはありません。

革紐部はクラシックレザーが使用されており、見た目も肌触りも大変良くなっています。革紐の長さは約60㎝あり、筆者の場合首に掛けるとリングがシャツの第3ボタン辺りに来ます。ネックレスとしてはもう少し長くても良いかなとも思いましたが、メガネを掛けた状態だとこの辺りが見た目にもベストバランスだと思います。

ラ・ループ最大の特徴、2つの丁番

ラ・ループのグラスホルダーには、リング部に2つの旋回する丁番が付いています。これにより掛けたメガネが回転してしまうことを防いでくれます。筆者は実際に使用しながら一日中歩き回りましたが、メガネが裏返ってしまったり、革紐がよれてねじれてしまったということはありませんでした。

見た目にも機能的にも優れたラ・ループのグラスホルダーですが、難点が2つあります。一つは値段が決してお手頃とは言えないこと。しかし確かな品質と飽きの来ないデザインから、一生モノと言っては大げさかもしれませんが、軽く10年は使えると思うので、エイヤと買っても損は無いと思います。

もう一つは取り扱っているショップが少ないこと。オンラインでも取り扱いショップは限られており、特にメンズは種類が少なく感じました。因みに筆者は東京・銀座にあります伊東屋本店で購入しました。近くにお立ち寄りの際は、一度現物を確認頂けたらと思います。

ネックレスに興味はあるけど踏み出せない、そんな方は一度お試し頂きたいアイテムです。着ける理由があるだけで、驚くほど抵抗感がなくなりますよ。

メンズオススメアクセサリーはこちらから↓

【29選】メンズにおすすめのアクセサリーをレビュー!【2018】

2018.06.15