LEPSIMのバスクリブベレーはメンズでも使える優れもの

ベレー帽はニュートラルな存在でオススメ

少しずつ寒くなり、厚手の洋服を着る機会も増えてきました。昨年のアウターもあるし、ひととおりご自身のワードロープも揃ったところで次の一手が欲しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのがいろいろなスタイルにマッチする「ベレー帽」です。ハットほどキメすぎにならず、ニットキャップほどカジュアルでもない。

「絵描きみたいなやつでしょ」といったイメージが強いかもしれませんが、かぶってみるとコーディネートを邪魔しないニュートラルな存在なのに、なんだかカッコいい。差をつけるならもってこいのアイテム。

今回は数あるベレー帽の中から、レディースブランド「レプシィム」のバスクリブベレーをご紹介します。安価でありながらその作りはなかなかのものですよ。

レディースの帽子なんてかぶれるの?

(レンブラント・ファン・レイン – 黒いベレー帽を被った若い男性 1666年)

http://bit.ly/2hZAQl6

ベレー帽はフランスとスペインにまたがる地域バスク地方の民族衣装が発祥とされ、もともとは日よけのために作られたそうです。形状はブリムやつばがなく、平らで丸い形をしています。

早速ですが、こちらがレプシィムのベレー帽です。レプシィムは女優の夏帆さんをイメージキャラクターに起用しており、ショッピングモールをメインに出店しているブランドです。20~30代の女性をメインターゲットとしています。

さて、気になるのは「レディースの帽子なんて小さすぎてかぶれねえよ」ということですよね。サイズは直径が28cm、頭周りが57.5cmです。これは女性からすると、少し大きいと感じるサイズ感。

女性にとっては深めにかぶれるよう、またボリュームを出すためこの大きさに設定しているようです。肝心な男性のサイズはどれくらいでしょう。男性向けのベレー帽でワンサイズのものだと、一般的には頭周りが58~59cmであることが多いです。

比べてみると頭周りが0.5cmしか変わりません。というわけで大方の男性が問題なくかぶることができます。とは言うものの、「レディースものかぶってるなんて恥ずかしいだろ」という声も聞こえてきそうですね。

この点に関しても心配ご無用、ベレー帽は男女で形に大きく差がありません。かぶってしまえばブランド名を言わない限りレディースだとは気づかれないでしょう。

また、ベレー帽のてっぺんにある「チョボ」と呼ばれる短いヒモ状の飾り。あのディテールも好き嫌いが別れる部分ですが、このベレー帽にはなくスッキリとした印象です。

素材も侮れない

素材は本体部分が毛87%、ナイロン13%です。この質感はなかなかのもの。触ると温かみがあり、この手の素材にありがちなチクチク感はありません。生地がある程度しっかりしており、かぶったりバッグの中に収納しても型崩れすることはありません。重さは約90gです。

接写の写真はこちら。素材が密に組まれており、安っぽさを感じさせません。秋冬にピッタリな雰囲気を醸し出しています。

裏側はこのような形状です。通常のベレー帽はかぶり口にトリミングが施されたものが主流ですが、このバスクベレーは内側に4cm程度のリブを設けています。リブの素材はアクリル100%です。

このリブがあることにより、感覚としてはニットキャップをかぶるようにしっかりとホールドしてくれます。締めつけもキツくなく緩くない、ちょうどよい具合が心地いいです。

ちなみにこの帽子は洗濯することができません。臭いが気になる場合は、ファブリーズやリセッシュといった消臭剤を使用し、風通しのよいところで保管するのがよいでしょう。

カラーは3種類。かぶり方も工夫できる

(ブラック09)

http://bit.ly/2xcqO5F

(カーキ78)

http://bit.ly/2xcqO5F

(ミストグレー12)

http://bit.ly/2xcqO5F

カラーはブラック、カーキ、ライトグレーの3種類がありますが、オススメはカーキです。ブラックに比べ顔を明るく見せてくれます。ベレー帽が初めてだという方は、髪の毛に近い色をチョイスすると違和感なく着用できるでしょう。

また、かぶり方にも工夫ができます。ミストグレーのモデルさんのように、通常は中に入れ込むリブをそのまま出すことでちょっとしたアクセントになります。リブの色が本体と同色なので、上品に印象を変えることができます。

価格は2600円(+税)。安さに驚かれた方も多いのではないでしょうか。女性の洋服は値札を見てビックリすることも多いですが、その理由は生産量が違うためです。それもそのはず、レディースの洋服市場はメンズの2倍以上。

数をつくればその分コストが少なくなり価格に反映されるというわけですね。先述しましたが、サイズとデザインがメンズと大きく違わないものであれば、レディースブランドも積極的に利用すべきです。

同じ価格帯のものであればレディースのものは良質な素材を使っていることが多いです。今回ご紹介したベレー帽を皮切りに、いろいろと試してみてください。グッと選択肢が増えますよ。

籠屋@CU2moro

この記事を書いた人

籠屋@CU2moro

身長169.8㎝ 55kg 靴26.0cm

平日はスーツ、土日祝のために私服を買い漁るのが至福な日々。 「お金をかけずにオシャレを楽しむ」がモットー、家からユニクロまで徒歩5分が自慢。