【2018】無地から袖ボーダーまで。メンズの長袖カットソーおすすめ8点をレビュー! 

「ロンT」と呼ばれる事が多い長袖カットソー。秋から真夏直前まで長い期間使え、使える期間を考えるとコストパフォーマンスはかなり高いのではないでしょうか。トップスやインナーだけでなくレイヤードのお供にと、何かと活躍する場面が多い長袖カットソー。今回は、そんな万能選手な長袖カットソーを一挙レビューしたいと思います。

EN ROUTE×FILA(アンルート×フィラ)/「モックネックロングスリーブTシャツ」

ドロップショルダー、ややワイドなボディ、サイドスリット、など一枚で様になる工夫が施されたデザインと、モノトーンの生地に、今や20代の若者世代からも絶大な支持を得るFILAのロゴをあしらったフロントのプリントにやりすぎない具合のスリーブプリントなどトレンド盛り込んだ一枚になっています。

またモックネックにより襟が高くなることで、スポーティな中にも十分なドレス感が加味されていて、素材はやや肉厚の天竺織りでキレイめな生地感でこれにも大人っぽさを感じられます。ワイドシルエットに厚めの生地により体型を隠せる効果も。

襟の高さや胸元のプリントを活かして、テーラードやチェスターのインナーとしても活用ができ、3シーズン着回せるお得なロンTです。12960円(税込)

より詳しいレビューはこちらから↓

3シーズン着回せるアンルート×フィラのモックネックロングスリーブTシャツをレビュー

2017.11.08

ADAM ET ROPE’(アダムエロペ)/「サーマルレイヤードロングスリーブ」

アダムエロぺのロング丈ワッフルカットソーはシンプルなアイテムですが、生地が厚手の着丈が長くて、凹凸のついた、まるでワッフルのように編まれている長袖のカットソーです。首元はリブが付いています。

少し首がつまり気味に見えてしまいますが、だらしなさがなくなり万人が切れるベーシックアイテムで品よく着れます。裾はラウンド(丸く)に施していています。前面と背面の長さが不揃いになっています。お尻を隠し、脚を長く見せてくれる効果があります。

裾は横に直線にカットしているものがありますが、印象の変化を与えてくれます。お気づきの人もいらっしゃるでしょうが、袖と裾は切りっぱなし(カットオフ)に施しています。

ご自身のカットソーの大半は折り返して縫っていますが、切りっぱなしにして、洗濯回数や着用回数でほつれてボロボロにみすぼらしくならないように先端をまつり縫いで施しています。アイテムの凹凸の表情や首元、裾と袖に特徴のあるアイテムです。

ブランド品を取り扱ったり、アダムエロペオリジナルアイテムを取り扱うセレクトショップですが、ベーシックで品の良いアイテムを探したいと考える人におススメできるアイテムです。セール価格で2160円(税込)

より詳しいレビューはこちらから↓

ワッフル素材で厚手のカットソーは使い勝手抜群。アダムエロペのサーマルレイヤードロングスリーブをレビュー

2017.11.09

KAZUYUKI KUMAGAI(カズユキクマガイ)/「シルキー度詰天竺クルーネック」

秋冬用のインナーアイテムや春用の一枚着としてカズユキクマガイのシルキー度詰天竺クルーネックを購入しました。一般的なトレーナーやスウェットシャツとは異なる大きな特徴がいくつかあります。厚手のつくりで裾の両サイドに深いスリットを入れた長袖スウェットシャツです。

裏地は起毛感がなく、表地と同じ表情です。着丈が長めで裾脇に着丈の前後が異なるスリットが入っています。一般的なスウェットシャツだとリブになっているのが特徴です。ルーズな印象と重ね着にも対応するデザインです。

袖周りや身幅も通常のスウェットシャツ類に比べてややゆとりを出したシルエットですが、このアイテムの上にアウターを羽織っても腰まわりがもたつかず違和感がないスッキリとした印象を出します。リブがついていて、両袖だけを見るとスウェットシャツやトレーナーのような雰囲気があります。

襟まわりはクルーネック(丸首)で、やや広めの幅のつくりです。カラーはホワイトですが、製品染めをしてあるので、既に着ていたような風合いと染色ならではの深い色合いと着続けることによる経年変化も楽しめます。カズユキクマガイのトップスの肩周りや袖周りはかなりスッキリめのつくりです。

このカットソーもそれに準じたシルエットです。背中には十字に交差した縫い目が入っています。このスウェットシャツは年中着回しが効くのでコスパとしてはかなり高い部類です。春や初秋はシンプルに一枚で着ていたいでしょうが、晩秋や冬になるとアウター(上着)と合わせる楽しみがあります。セール価格で10800

より詳しいレビューはこちらから↓

ニットより使い勝手のいいカズユキクマガイのシルキー度詰天竺クルーネックをレビュー

2017.11.14

R.M GANG(アールエムギャング)/「ロングスリーブTシャツ」

今期の大注目ブランド「アールエムギャング」のロングスリーブTシャツ。高橋ラムダが手掛ける新しいブランドでワンサイズのワンカラー展開。シルエットは昨今のビッグシルエットのトレンドを意識したオーバーサイズ。

このアイテムの一番のポイントは、黒の無地のロングTシャツとボーダーのロングTシャツの2枚を本当に重ねて作り出したリアルなレイヤードのデザイン。着こなしに合わせてボーダーの見え具合を調整できるため、いろんな見せ方ができる非常に優れたアイテムです。

このロングTシャツ、店頭に掛けられているのを見るだけでは強い魅力を感じるものではありませんが、一度着てみると、考え抜かれたデザインや首元のレイヤードのバランス、ボーダー幅の絶妙な太さに、驚くこと間違いなし! 2万1000円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

高橋ラムダの新ブランド「アールエムギャング」のロングスリーブTシャツをレビュー

2017.11.11

Lemaire(ルメール) / カットソー

デザイナーとしてのクリストフ・ルメールはユニクロとのコラボレーション「ユニクロ アンド ルメール(UNIQLO AND LEMAIRE)」や、ユニクロパリRDセンターのアーティスティックディレクターに就任して、ユニクロとの新ライン「Uniqlo U」をスタートしました。

ユニクロアンドルメールやユニクロUを含めてユニクロラインのルメールをレビュー或いは所持している執筆者が多いですが、本家ルメールとの違いなどご自身の今後の比較参考になれば幸いです。カットソーと書きましたが、まるでスウェットのようなトレーナーのようなつくりです。

生地が厚いのが特徴です。大きな特徴としてはボタンの位置は中心より左に寄っています。デザインとしてボタンの縫い目幅がセンターラインになります。前身ごろと袖の縫い幅が細くスッキリ見えます。襟まわりの縫い目も同じく、縫い目が細くてスッキリな印象。

ボタンは全部で5つあり、それぞれのボタンは厚みがありますが、小さくてコンパクトです。裏地は起毛感があって温かさがあります。肌触りも心地よく肌にコットンの毛羽立ちしたものがつきません。袖のリブが長いです。着丈は両袖と同じ長さです。

前後の着丈の裾の縫い目は二つあります。これは伸縮素材によく使われる縫い方で、カットソーの裾に施してあるのと同じ仕上げ方法です。ほつれ止めをかけて1回畳んで、2本のステッチが表から見えるようにかかっている縫い方です。

ボトムスに程よくフィットして、ルメールらしいだらしなさがないミニマルな印象にさせてくれます。脇から後ろの袖にかけてVの字に縫製してあります。素材はコットン100%のつくりです。フランス製のつくりです。Mサイズです。購入時期は2017年10月10日で、セール価格で1万6200円(税込)でした。

値段がするルメールなどのインポート物はセールで買うのが賢い方法です。ご自身のワードローブに買い足すアイテムがあればインポート物で満足のいく買い物もよいと思います。

より詳しいレビューはこちらから↓

本家ルメールのカットソーを徹底レビュー。ユニクロUと何が違うのか?

2017.12.01

UNIQLO(ユニクロ)/「 ソフトタッチハイネックTシャツ(長袖)」


ユニクロのソフトタッチハイネックTシャツは、寒い時期には幅広い年齢から愛されるロングセラー商品です。その理由は着るとあたたかく、ふんわりとした肌触りのよさです。また、ハイネックとすることで、首元を締めつけすぎずあたたかさをキープできるところも人気の秘密です。

ま素材はホワイトで本体部分が綿100%、襟部分が綿97%、ポリウレタン3%です。オレンジとブルーについてはポリエステルが入っていて、素材に違いがあります。

Lサイズで着丈71cm、肩幅44cm、身幅53cm、袖丈60cmです。洗濯すると生地少し縮むので通常よりひとつ大きいサイズを考えるとよいでしょう。洗濯機で洗うことができますが、摩擦により毛玉が発生することもあるので裏返してネットに入れれば長持ちするでしょう。

今期のカラーは落ち着いた色合いが、9種類揃っています。インナーとして使用し、シャツやコートの首元からチラ見せすればオシャレにも活用できます。1000円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

1000円で買えるユニクロのソフトタッチハイネックTシャツは「チラ見せ」用のインナーに最適

2017.11.23

SHIPS BLUESTORE(シップス ブルーストア)/「 別注 ヘビーサーマルTEE」

歴史の長いアメリカのブランド「ヘルスニット」にシップスブルーが別注をかけた一品。時代に合わせゆるめのシルエットにする事でビッグシルエットのアウターにも対応可能でヘルスニットの定番であるワッフル生地と合わさる事で抜群の体型隠しをすることができます。

生地は極限まで密度を高め織られているため一般的な生地に比べて2〜3倍の厚みがあり耐久性、保温性が大幅にアップしています。ただし、その分重さがあり洗濯時の濡れた状態ではプラスチック製のハンガーが歪むほど。

ガシガシ使えて利便性の高いサーマルTだが用途に合わせたサイズ選びをする事でメリハリのある着こなしができ、1つレベルアップした着こなしに挑戦したい方は普段のサイズに捉われない選び方をオススメします。7452円(税込)

より詳しいレビューはこちらから↓

極厚!ガシガシ使ってもヘタレ知らずなヘルスニットの別注ヘビーサーマルT

2017.12.12

CAMBIO(カンビオ)/「ベロアVネックカットソー」

起毛感と光沢感のあるベロアのカットソーです。表地はテカテカするような下品な光沢感ではなく、パッと見ではマットな印象すらあります。しかし実際に着て、体を動かす等により生地にシワが生まれると、光が乱反射することで程よい光沢感が生まれます。

一方、裏地は柔らかな肌触りで、素肌に直接着ても心地よいほどです。ただし生地自体が薄めなので、室内着にでもしない限り、このアイテム単体で着ることはオススメできません。このカットソーは概ねベーシックな形をしています。つまりビッグシルエットで着ることを前提としたものではありません。

しかし肩幅と袖丈のサイズが大きめ。肩幅の分、V字のネック部分の開きが大きめです。つまり「V」の“谷間”が深い、ということではなく、“左右の開き方”が大きい、という意味です。一方で袖丈が長い分、腕に余った生地がシワとなり、そのシワが生地の光沢感を呼ぶのです。

それを意図して、この長さなのかもしれません。色はネイビー、ブラック、グレー、ワインの4色展開。ネット上での売れ方を見る限りでは、特に色による人気の差はあまりないようです。ただ、ネイビーは通販サイトのモデルの着用画像ほどの光沢感はありません。

上述の通り、マットな印象です。このブランド「カンビオ」には実店舗がなく、ネット通販のみの展開。そのため、返品覚悟でまず取り寄せてみないことには現物が見られないのです。そんなわけで、本稿が読者諸兄のご検討の一助となれば幸いです。価格は7560円(税込)

より詳しいレビューはこちらから↓

ベロア素材を生かしたカットソーでメンズファッションに季節感を取り入れよう!カンビオ/ベロアカットソーをレビュー

2017.12.25