マーカウェアのギャバジンパンツはペグトップでシルエットが新鮮!

黒のスキニーパンツやウールのスラックスなど、ある程度ボトムスが揃ってくると、今度は秋冬に向けてカジュアルなパンツが欲しくなるもの。チェスターコートやステンカラーコートなど、ドレスライクな着こなしが多くなり、シャツの上にニットとコートを合わせると、出勤前のサラリーマンと紙一重になってしまうので、そういった懸念を潜在意識が回避しようと働きかけてくるのだと思います。

そこでカジュアルなものにしようと、デニムパンツやベージュのチノパンを選ぶとこれまた何かが違うと訴えてきます。また、そういえば、冬の雨や雪はつらいからユーティリティ素材のものも欲しいけど、ちょっと寒いかな……なんてことを考えている方にお勧めしたいのが、素材にこだわり抜いたマーカウェアのギャバジンパンツです。

正式名称は、FRONT PLEATED PEGTOP ORGANIC GABERDINE PEACH FACE、日本語でいうと、フロント プリーテッド ペグトップ オーガニック ギャバジン ピーチフェイスです。これだけ長い商品名のパンツをほかに知りませんが、一つ一つ解説していきます。

「圧倒的な素材感」

素材はオーガニックコットンを100%使用したギャバジンマイクロピーチ素材です。一言で言えば上質なチノです。ギャバジンとは緻密にきつく織られ、綾目が急角度に表れることが大きな特徴の綾織物。横糸よりも縦糸の本数が常に多くなることで、表面には特徴的な斜めの模様が表れます。

緻密に織られているため、コットンを使用していますがドレープ感があり、遠目からでもわかるくらい光沢感があります。ピーチフェイス(ピーチ素材)とは桃の皮の表面のような風合いを持つ柔らかくて滑らかな生地のことで、わずかに毛立っていてヌメッとした肌触りで、とても気持ちがいいです。

ギャバジン素材のもう1つの特徴として、緻密にきつく織られているため防水性と撥水性、保温性に優れている点が挙げられます。実際に水につけてみましたが、写真の通り水を弾いています。これなら冬場の厳しい気候にも耐えらるでしょう。

ペグトップが新鮮

シルエットはペグトップ。腰からヒップ、股上がゆったりとして膨らみがあり、裾がテーパードしてすぼまっていくシルエットです。特にウエスト、ヒップまわりにはゆとりがあり、楽な着心地なのでカジュアルな印象があります。しかし、センタープレスを入れることで、過度にカジュアルになりすぎないようにデザインされているのでバランスがとれています。

着ていくうちにセンタープレスがなくなってきますが、アイロンを当てることによりすぐに復活しますし、ウール素材のようにテカリも出ません。

またゆったりとした腰回りを作り、エレガンスな雰囲気を演出するため深めのタックが入っています。ベルトループも一応ありますが、後ろウエストはゴム仕様になっているためウエストの調整がとても楽です。

トップスを着ると見えなくなるボタン1つ1つにも「MARKAWARE JAPAN」の文字があり、こだわりを感じます。

色展開はこれからの秋冬に使いやすそうなブラウンとカーキの2色。身長168cm、体重62Kgで普通体型の筆者はユニクロのEZYアンクルパンツ(ウールライク)Sサイズを着用おり、このアイテムサイズでは1がジャストです。しかし、今回はカジュアルに着たいためサイズを1つ上げた2をチョイス。

ウエスト70~83cm、総丈97cm、股上30.5cm、股下70cm、太腿幅32cm、裾幅17.5cmとなっており、その場合は着用した時に少し裾のクッションが出るくらいのサイズ感になっています。定価は2万9160円(税込)となっており、パンツにしてはかなりいい値段がします。しかし、春秋冬と3シーズン着ることができるので、コスパはいいのではないでしょうか。

メンズおすすめスラックスまとめはこちらから↓

【2018】おすすめスラックス29選!ユニクロからハイブランドまで網羅!【メンズ】

2018.10.18