MBLABOにて開催されたNo.1スタイリストを決める大会の結果発表

MBLABOにて開催されたNo.1スタイリストを決める大会(通称NOS)の結果がついに出ました!!

沢山の方に投票にご協力いただいた。皆様、本当にありがとうございました!!

では早速結果発表をさせていただきます。

 

結果発表

同率7位 EQ03/マサヤ「一人でゆっくり珈琲を飲みに行く」

スタイリスト解説
今回目指したのは、世界観の確立した「オシャレ」ワールドの住人を、一般人の住まう世界にいざなうこと。そんなわけで、「トラッドに寄せる」方向で考えました。「オシャレ」ワールドの住人にありがちな、“中性的”な印象を“男性的”に寄せるべく、レザージャケットをチョイス。
一方で“マサヤさんらしさ”をきちんと残しておきたく、トレードマークであるパンツの腰紐は残しました。難儀したのが「色のあるアイテムがほとんどない」点。リラックスシルエットのモノトーンアイテムばかりの中で、一枚だけあったネイビーのシャツを活用。
彼女さんのネイビー&ホワイトのスカーフ、そして同色とはいかなかったものの、同系色のソックスを合わせました。一方でパンツの腰紐のベージュをトレンチで拾うことで、「おとなしくない」「トラッドみのある」「秩序立った」コーデに仕上がりました。
「リラックスシルエットのモノトーンコーデを遊び心のあるクラッチで外す」というオシャレなアプローチを、「リラックスシルエットのドレスアイテムコーデを色で遊びつつクラッチで締める」というカッコいいアプローチに。

皆さんのコメント
「まさやさんの強みを殺さず、より明るく、客観性を重視したスタイリング、さすがeq03さんです!」
「クールなマサヤさんが柔らかい印象に!」

同率7位 イエモン/てぃー「成人を迎えた近未来の自分?「わたし史上最高のおしゃれになる!」を通して」

スタイリスト解説
最近めっきりオシャレで伸び盛りのてぃーくんに、最近読み始めていらっしゃる「わたし史上最高のおしゃれになる!」を参考に、これからなりたい自分や、輝いていたいシチュエーションを考えてもらいました。
てぃーくんからは、「成人を迎え、お気に入りの服を着て、大人っぽい自然体なおしゃれをして、大学の友人と楽しく過ごす」というシチュエーションの提案をいただきました。beforeのコーデのダブルのジャケットをメインに、一緒に横に歩く友人や彼女が、親近感を持ちつつ、素敵だなと思えるようなスタイリングを意識したつもりです。
ブラウンのコーデュロイのダブルジャケットをメインに、インナーに白タートルを合わせ、ややドレスライクなストールを入れ、白の面積を調整するのと、大人っぽい印象を与えられるようにしました。
ストールの巻き方は、てぃーくんご自身の提案によるものですが、こうした微調整はさすがですね。
ボトムスもブラウンと相性の良いネイビーのパンツを合わせることを提案すると、足元もブラウンのタッセルローファー、柄ソックスとこれまたナイスなチョイスにこちらが勉強になりました。
黒で無難にまとめることなく、大人っぽいシックな色味で合わせつつ、白の面積を増やして清潔感と若々しさを加え、顔周りのディテールでドレス感を足したものですが、てぃーくんらしい自然体な大人っぽいおしゃれを表現できたのではないか、と思います。

皆さんのコメント
「before&afterのふり幅が大きいもので選定しました。」
「単純にオシャレ。コンビも持ち味が掛け合わされ無限大み!」

6位 マサヤ/さとし「家族で行く春の遊園地」

スタイリスト解説
ビフォーでは、さとしさんらしい「優しいパパ」な印象を感じました。(ストールかわいい!)そこで今回は「優しいパパ」に更に「元気な」印象を加えたのがポイントです。持っているアイテムを見せていただくと、発色のいい赤パーカーを発見!これを軸にスタイリングしました。
赤パーカーでカジュアル感が強い分、タートルネック、ジャケット、スラックスで大人っぽく。腕まくりや靴下の柄、スニーカーの色味でバランスを調整しました。多くのパパはきっとカジュアル感強めのデニムコーデで遊園地に来るでしょう。
そんな中で際立ってオシャレに見える「元気な優しいお洒落パパ」コーデに仕上がったと思います。

皆さんのコメント
「こんなパパいたら子供も鼻が高くなってしまいますわ。ほんとに素敵。」
「やっぱり元気なお父さんの姿は素晴らしい。目指す方向性がコーデにバッチリ出ているように感じます。こんなお父さんとお出かけするのは、ご家族も楽しいでしょうね!」

同率4位 馬場缶バッジポンチョ/マーボー「レストランデート」

スタイリスト解説
マーボーさんの最初のビフォー写真は、かっこいい!おそらくラボ受けは抜群だと思います。しかし、何か変化を求めているのならと、マーボーさんの色気と格好良さにミックスして、遊びゴコロと可愛さをプラスしました!
赤色は可愛さのアピール、更に蝶ネクタイです!ポケットチーフは遊びゴコロの象徴、赤のネクタイを胸に挿しています!「え!なんで、胸にネクタイ挿してんの?」っとなった時に、「君の心を赤い紐で縛っておくためさ」となるかなぁと、すみませんふざけました。
ちなみにジャケットを脱いでも中のシャツにはスパンコールが沢山付いてるので、抜かりはございません!

皆さんのコメント
「変化の仕方に「おっ」とより強く感じたものに投票させていただきました!」
「着る人のらしさをより引き出す提案ができるのがすてきかなあと思いました!」

同率4位 マリー/EQ03「年下女子にウケるやーつ」

スタイリスト解説
ブルー・ネイビー系のチェックやストライプ柄を巧みに操り、色気や知性を感じさせるコーディネートをお得意とする EQ03さん。せっかく好きにしていいとのことなので、今回はブルーの反対色であるイエロベースカラーのアイテムを使い、ガラッとイメージを変えてみました。柄使いも抑えめにして、遊び心は色で。
年下女子からも声をかけやすい、親しみやすさの演出と、いい意味でのEQ03さんらしさを残すことができたかなと思います!

皆さんのコメント
「アイテムの足し引きではなく、スタイリングがどれだけ変わったかが決めてになりました。」
「色使いが女性ならでは!でも、ちゃんとメンズにハマっているところが凄すぎる!!」

3位 ゲス野きわ美/だいち「22歳の大学生が実践する気取らないデートスタイル」

スタイリスト解説
今回だいちくんからオーダーされたテーマは「春先の気取らないデートスタイル」。今回のコーデを組むにあたり、一緒に取り組んだことをお伝えします。
①MB理論の基本に立ち返り、他人目線で考えつつ、一人でも再現可能にする
②UNIQLO、GU、MBアイテムをフル活用し、再現性を高める
③手持ちのアイテムを最大限に着まわしたオシャレを実現する
①beforeは、ドレス度が非常に高い組み合わせ。素敵ですがキメすぎ感は否めないので、カジュアルをどう加えるか一緒に考えました。MB理論の基本を改めて解説・理解・実践の流れを汲んだことで、1人でも再現可能に、他人目線でのオシャレが出来るようになったのではないかと…!
理論を理解していることと、実践できることは異なりますし、本当に難しいですね。言語化されたMB理論は改めて凄いし、それを分かりやすく発信し続けるMBさんはやっぱすんごいわ…
②使用アイテムは下記の通り。
ジャケット:GU
パーカー:UNIQLO
タートルネックT:UNIQLO
スラックス:MB
シューズ:GU
ゲスきわと言えば白パン笑。今回だいちくんにも白MBスラックスを使っていただきました。春先を意識し、黒を出来る限り使わず、全身を濃いグレーから白のズボンへと、色の明度の違いを利用して統一感を出し、3要素の1つ「カラー」でカジュアルに見せました。
インナーにはパーカーを使いカジュアル感を足しつつ、ハイネックを入れることで今年らしさも追加。また黒いローファーは唐突感が出ないよう、小物や腰のベルトで色を拾っているのもポイントです。髪型もカジュアル!
③手持ちのアイテムを確認したところ、
アウターは2種、ジャケット類は2種、インナー6種、パンツは3種、靴も3種とのことで、非常にミニマム。組み合わせのパターンが乏しいとのことでしたが、海外スナップを参考にしつつ考え方を伝えたことで、バリエーションは無数に増やせることをご理解いただけたかと思います。(実はこの組み合わせ以外でもたくさんコーデが出来あがりました!)
今回は僕自身、改めて勉強させていただきました。だいちくんが更にファッションを好きになってくれたことが何より嬉しかったです。今後も更にオシャレになるようなサポートが出来れば幸いです。

皆さんのコメント
「キメすぎにならずカッコいい!」
「まるで生まれ変わったかのような変身を選びました。」
「テーマとドンピシャリ。肩に力が入っていない、まさに等身大のコーデ。」

2位 ぎすお/マリー「元カレがくる同窓会へ」

スタイリスト解説
高校の同窓会って行ったことありますか?社会人になってしばらく会わない間に彼or彼女、オトナになったなぁ、という感想も珍しくない場面で、一際目立つオシャレで綺麗な女性が登場。訊けばその正体は当時付き合っていた元カノ!? しかし今や彼女は結婚し、手の届かないところに…。
今回はそんなシーンを意識して、マリーさんのコーデを組んでみました!
ホテルで開かれるややカッチリした同窓会を想定し、ドレス度高めの黒コートアップを選択。個々のアイテムもジャケット、スラックス、シャツというドレッシーな布陣を敷く一方、旧友との気の置けない関係も踏まえて、スラックスの緩いシルエットやベージュ遣いでカジュアルダウン。
お気付きかと思いますが、ジャケットとバッグ、ピアス、パンプスの色でリレーションを狙いつつ、その他はモノトーンで締める、パッと見てオシャレな印象を与えやすい配色です。
個人的にはもっと色々試したかった(というか試して頂いた)のですが、マリーさんという素晴らしすぎる素材の味を生かして、ミニマルに仕上げました!

皆さんのコメント
「大人の女性の魅力を引き出すコーデ!」
「他人のプロデュースというステップを経てただ結晶化されたマリーさんの美しさ。雪の華の様な自然の人工性。」

2019年NOSウインターカップチャンピオン 1位 needer/オトー「薄毛を活かしたコーディネート」

スタイリスト解説
今回のテーマは「薄毛を活かしたコーディネート」。
薄毛をカッコよく活かしているといえば「イタリア人」、オトーさんはセクシーなお髭もお持ちだったので、「これはイタリア人のように、サングラスが似合う!!」と感じたので、neederの十八番、サングラスを使ったコーディネートを提案させていただきました。
さらに、オトーさんのお手元にはコートとスラックスが同生地のアイテムをお持ちでしたので、コートとスラックスのセットアップスタイルとすることで、上品でエレガントな着こなしを目指しました。
インナーとソックスに白を入れてコーディネートに軽さと爽やかを加えました。ただ、インナーの白とスラックスの色味が近いので、腰回りがボヤッとボリュームがある印象になったので、インナーをタックインして黒ベルトを見せることで、腰回りをグッと引き締めました!
さらに、コーディネートのシルエットを整えてみせるために、ボリュームのあるマフラーをプラス。コーディネートに高級感を加えるためにゴールドのブローチを胸元にアクセントとして付けていただきました。
こちらのブローチはオトーさんご自身で選ばれたモノなのですが、素晴らしいセンスだと感じました!実は、オトーさんはBeforeの写真からも分かるとおり、髪の襟足を伸ばされていたのですが、今回のコーディネートのクオリティーを高めるために、髪を切ってくださいました!
ここまで出来るオトーさんの男気と、neederを信じてくださった事に感動と嬉しさを感じました!

皆さんのコメント
「感動すら覚えました。コンプレックスを海外スナップさながらな姿に進化させたおふたりに拍手です。」
「薄毛を活かしたコーディネートはコーディネートの可能性を感じました。そして勇気を頂きました。本当にありがとうございます。」
「neederさんのオトーさんの薄毛をいかしたコーデがもはやファッションを超えたレベルに達していて、お二方ともとてもステキでした。」

スタイリストは新たな価値を提供してくれるパートナー

今回モデルの方々からも多くの声をいただきました。その中でも特に多かったのは「自分ではこのコーディネートは思い浮かばない」という感想です。
同じアイテムでも合わせ方が変われば、印象が大きく変わります。それは最終的に隣にいてくれる人の評価にも繋がります。洋服の可能性は無限大だと学ばせていただきました。
改めて投票にご協力いただきましてありがとうございました!!
今後服ログ発のブランドRe:ではスタイリングサービスも展開していく予定ですのでご期待ください。

 

エントリーされたチームの詳細はこちら↓

MBLABOにてNo.1スタイリストを決める大会が開催中

2019.02.10