モルガンオムのレザートートバッグは意外と高コスパ

ファッションにおいてバッグは重要な役割を果たします。柄やプリントがあるクラッチバッグを使って地味なスタイルに味付けしたり、リュックサックを背負うことでカジュアル感を加えたりと、バッグを変えることで全体の印象を微調整することが可能です。

そしてドレス感や大人っぽさを加えたい時には、レザーのトートバッグが選択肢の一つとして挙げられるでしょう。今回、僕が大人っぽさを加えたいときに愛用している「モルガン オム(MORGAN HOMME)」のレザートートバッグ紹介します。

シンプルで無駄のないデザイン

「モルガン(MORGAN)」はフランスのレディースブランドで、1947年フランスで創業しています。「MORGAN」という言葉はパリジャンのスラングで「愛する」あるいは「夢中」という意味を表すそうです。

今回、紹介するレザートートはメンズブランドの「モルガン オム(MORGAN HOMME)」で、これは日本企画のブランドになります。このモルガンオムのレザートートは写真の通りとにかくシンプルデザイン。遊びの要素は見られません。

素材は牛革で、シボ加工が施されており、見た目の高級感を醸し出しています。シボ加工は高級感を出し見た目を変えるだけではなく、滑り防止、汚れ(指紋)や傷を目立たなくする効果もあり、高級感ある見た目が大人っぽさを演出してくれます。

バッグの底には4点の底鋲が取り付けられており、自立が可能です。ただ革が柔らかく加工されているので、中身がある程度は入っていないとくたっと倒れてしまうことがあります。

(上の写真はファイルケースを入れているもの。しっかりと自立しています)

(こちらは中身を入れない状態で撮影した写真。くたっとして形が崩れてしまっており、ギリギリ自立しているのがわかります)

持ち手の長さは55.5cmで、肩掛けした時に長すぎず、短すぎないよう丁度良い長さです。また、持ち手が細すぎるということもなく、手で持っていて指が痛くなることもありません。更にレザー素材の割に780gと軽く、重さでストレスを感じることはほとんどないですね。

収納力と機能性

このレザートートは収納力と機能性も備えています。サイズはZOZOTOWNの表記で幅40.5cm、高さ30cm、マチが11.5cmとなっており、A4のファイルケースが入ります。

(ファイルケースを収納しても、ボタンはしっかりと閉じることができます)

革が柔らかく加工されているので、収納する荷物の形に合わせて柔軟に対応できます。僕がトートバッグを選ぶときに重視していることの一つに、大きすぎないという点ですね。

なぜかと言うと、電車などで席に座って膝(太もも)にバッグを抱えた時に、大きすぎる物だと自分の膝からはみ出し、両隣の人に迷惑をかけるからです。このモルガンオムのレザートートは、膝からはみ出さないギリギリの大きさ。

つまり十分な収納力を持ちつつ、邪魔にならない絶妙なサイズということです。以前に他のブランドのレザートートを買ったのですが、あからさまに膝からはみ出してしまい、収納力はあっても使いにくくてまったく活躍していません。

内側にはチャック付きのポケットが一つ、スマートフォンなどの小物を刺せるポケットが2つ、ペンを刺せるポケットが1つあります。またペットボトルなど、円筒形の物をホールドできる機能も備わっています。

写真はポケットティッシュ、スマートフォン、ボールペン、ペットボトルをそれぞれ収納したものです。

(チャック付きのポケットは間口が約18cmで、CDアルバムを入れてもチャックを閉めることができます)

バッグの口はマグネットのボタンになっており、開閉はとても楽です。ただマグネットのボタンということは、つまり磁気を帯びているので、スマートフォンやタブレット、銀行などのカードに悪影響を与える可能性がゼロではありません。

ほとんど無視できるレベルの話だとは思いますが、気になる方も一部にはいると思いますので、このレザートートを購入する際にはご自身の判断でお願いします。

クラッチバッグとして使えるバッグinバッグ

このレザートートバッグには迷彩柄のバッグinバッグがついてくるのですが、これが単体でもクラッチバッグとして使えます。このクラッチバッグのサイズは実測で約32cm×約23cmです。

(B5のノートがすっぽりと入ります)

小物を入れてみると、スマートフォン、ハンカチ、長財布、カードケース、ポケットティッシュ、文庫本を入れてもまだ収納可能です。レザートートの色によって迷彩の色が違います。

僕が購入したブラックのレザートートについてくるのは写真にあるダークトーンの迷彩柄で、派手になりすぎず、かつシンプルなコーデの味付けにも使えて非常に便利です。僕自身、ちょっとしたお出かけならこのクラッチしか持たないことも多々あります。

もちろん本来のバッグinバッグとして、レザートートの中身を整理するにも活躍します。このバッグinバッグをホールドするための金具もあるので、とても使いやすいですね。

コストパフォーマンスと注意点

価格は2017年9月現在、8%の消費税込みで19980円です。安いとまでは言いませんが、バッグinバッグがクラッチバッグとして使えることを考えると、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

僕が合皮の物を含めて4点のレザートートを買って、辿り着いたのがこのモルガンオムのレザートートです。価格、デザイン、サイズ感、収納力、軽さなど、ほとんどの点に満足しています。

不満があるとすれば、前述しましたが、革が柔らかすぎて内容物が少ないときれいな形を保持できないことくらいです。同型のブラックのレザートートでも、バッグinバッグの迷彩柄の色が違うものがあるので、この記事と同じ物が欲しければ注意しましょう。

執筆時点ではZOZOTOWNのブラックの在庫はありませんが、マルイの通販では在庫ありとなっています。

気軽に取り入れられる大人っぽさを

バッグはいくつか持っているのが普通だと思います。クラッチバッグ、キャンバストート、サコッシュ、メッセンジャーバッグ、リュックサックなど形状や素材で様々な種類がありますが、大人っぽさを演出してくれるものは意外と少ないものです。

もし、今あなたの手元に大人を演出してくれるバッグがないのならば、モルガンオムのレザートートは選択肢の1つとして、覚えておくと良いでしょう。

おすすめバッグのまとめはこちらから↓

【10選】2017秋冬メンズおすすめバッグ「買って、使って」レビュー!

2017.11.20
タカ丸

この記事を書いた人

タカ丸

164cm 60kg 靴25.5cm


シンプル・ベーシックなコーデが得意。ワードローブの中は、ファストファッションなどのプチプラアイテムがメイン。オシャレとともにボディメイクとヘアスタイルにも力を入れる日々。30代後半、未婚。