MUJI Laboデニムラグラン半袖Tシャツをレビュー

ファッションを好きでなくともつい買ってしまう「無印良品」の衣料品。ボーダーTシャツやボタンダウンシャツなど定番アイテムはファッション通でも評価の高いアイテムが数多くあります。

その無印良品のなかの衣料ブランド「MUJI Labo」をご存じでしょうか?

公式サイトに「飾り立てるファッションから距離をおいた次のベーシック」とあるように、通常のラインとは少し異なった商品展開をしています。「次のベーシック」と謳うくらいですから、無印がつくった「究極のベーシック」と言い換えてもいいかもしれません。

そのなかで一つ気になっているアイテムを発見したのでレポートしてみようと思います。

それがこちら「デニムラグラン半袖Tシャツ 紳士・ダークネイビー」(税込5990円)です。

なぜ「デニム素材のラグラン」なのかというと、夏はシンプルな服装になってしまう傾向にあるので素材で差別化を図ってみると面白いからです。

まずはこのデニム素材が秀逸で、非常にツヤ感があるのでデニムなのにカジュアルすぎません。この素材感なら真夏はハーフパンツに合わせても「ちょっと暑苦しいんじゃない?」とはなりません。


次に袖がラグランスリーブであること。ラグランスリーブとは襟ぐりから袖下まで切り替え線があるものになります。

一般的なTシャツと比べてみます。

このようなデザインにすることで、肩が動かしやすくなるところから、スポーツウェアに使われることが多い形です。また肩のラインが一般的なTシャツと比べて「落ちる」ので、優しい感じのイメージになります(女性の場合「スタイルがよく見える」ということで好んで着る方が多いです)。

着こなしとしては1枚で着るのもいいでしょうが、今風に着るのであれば、白やグレーのインナーをレイヤード(重ね着)してインナーをのぞかせるとオシャレ感がアップするのでオススメです。私はよく白のインナーをレイヤードしています。

白シャツをインナーに入れて着るのも面白いとは思います。もともと肉厚でしっかりとした生地なので、先ほど紹介したハーフパンツのほかに、定番のスキニーパンツ、スラックスやワイドパンツと合わせてもいいでしょう。

インディゴデニムパンツに合わせる手もありますが、カジュアル度が上がってしまうので、少し着こなしのハードルが上がります。何も考えずにテキトーに合わせないほうがいいでしょう。

また、サイズ感はかなりゆったりめにつくられているので、今流行りのビックシルエットを楽しめるシャツでもあります。着こなしについての補足ですが、ハーフパンツや細みのボトムスをメインで考えている方は、思い切ってワンサイズ上げるとさらに全体のバランスが整います。いわゆる「Y」ラインが簡単につくれるので、よりいっそうサマになりやすいでしょう。

HIDE

この記事を書いた人

HIDE

身長155㎝体重65㎏靴24.5㎝

低身長にコンプレックスを持っていていかにスタイルを綺麗に見せるかを研究中。36歳。