無印良品のブロードシャツでオシャレへの第一歩を踏み出そう!

「オシャレになりたい!」という気持ちはあれど、いったいどうしたらいいか分からない。そんな方は多いと思います。いったいどうすればオシャレになれるのか、今までオシャレに無頓着だった自分は何から手をつけたらいいのか。

そんなオシャレ入門者の方にうってつけの「まずはこれを手に入れよう!」というアイテムが分かれば、助かると思いませんか?しかもそれが安価で手に入るとなると、ありがたいことこの上なし!ですよね。

オシャレになりたい方が、まず手に入れるべきアイテム、それは「ドレス感」が高いアイテムです。トップスであれば「白シャツ」が基本アイテムの一つとなります。そのオシャレになるための基本アイテムである「白シャツ」、なんと非常に質がいいものが無印良品で取り扱われていますので、それをご紹介していきたいと思います。

定番かつ最高な、シンプルなデザイン

無印良品は家具や家電も展開していますが、洋服も多くの種類を展開しています。無印良品で扱われている洋服のいいところは「シンプルで、飽きのこない」ものが多いという点です。しかも、客観的なオシャレを構成するのに重要なドレス要素である「モノトーン」で作られている洋服も多いので、オシャレに見えやすくなるということなんですね。

今回、紹介するシャツは、最もオーソドックスな長袖のシャツです。襟の形もよくある形で、いわゆるレギュラーカラーです。基本に忠実な形の襟のため、オシャレに欠かせない要素の一つであるドレス要素をしっかりと請け負ってくれています。

オシャレ入門者で良くありがちなのが、なんとなく「人と違うデザインのものがオシャレに見えそう」と思ってしまい、スタンドカラーやバンドカラーと呼ばれる一風変わった襟のものをチョイスしてしまうということです。その気持ちは良くわかるのですが、オシャレも何事も、全て基本が大事。襟は顔に近く人の視線を集めやすい位置にあるので、ちょっとした違いでも大きく印象が違って見えます。

まずはこの無印のブロードシャツのように基本に忠実なレギュラーカラーのものを選ぶことが大事です。また、スーツ着用時に着る白シャツとは違い、襟は固いこともなくその他の部分の生地と同じ材質で作られていますので、首回りが窮屈に感じることもありません。シャツの首回りが苦手な人にもオススメできるデザインです。

そしてもう一つ、シャツの印象を大きく左右するのはボタンです。このアイテムは、ボタンが生地の色と同じく白で、目立つことはありません。プラスチック製ですが、程よい光沢感がありますし、サイズも小ぶりで主張がないので、見る人に大人っぽい(=ドレスな)印象を与えることができます。

標準的で着こなしの邪魔をしないシルエット

一般的なシャツの背面部分にはプリーツやダーツと呼ばれるものがあります。これは、布を体という立体になじませ、動きやすくするために必要なものです。

このシャツの背面部分には、両肩の下のあたりに2箇所プリーツが入っています。ただその幅は各1.8cmほどであり、大きなプリーツではありません。もしこのプリーツが大きく入っているのであれば、裾に近づくほど幅が大きくなり、シルエットが崩れてしまうのですが、このシャツの場合はドレス感を崩すことのないスリムなシルエットを保つことができています。

またこのシャツの袖口には、2箇所ボタンが付いており、そのボタンをつけ外すことで袖を折り返せるようになっています。2箇所あることで、腕の太さに関係なく袖をまくり上げることができますね。

裾は程よくラウンド型(半円を描くような形)になっており、腰位置が隠れやすくなっています。通常のスーツと合わすシャツとは違い、このラウンドは緩めに設計されているので、裾を出した状態で着てもだらしない印象を与えることはありません。ですが少し注意が必要なのは、やや裾の長さが短めに設定されている点です。

筆者は身長170cmですが、Mサイズを着用した時、正面から見ると通常のズボンの社会の窓が半分隠れる程度、側面の裾が一番短くなっている部分で、ベルトループがギリギリ隠れる程度となっています。(着丈69cm/筆者実測値)

また細かいところで行くと、裾のサイドのつなぎ目の部分に補強として布があてがわれています。服を長いこと着用していると、生地のつなぎ目などの弱い部分から破れたり、ほつれたりして使い物にならなくなることがたまにありますが、それをこの補強のおかげで、できる限り防いでくれというわけですね。

身幅はMサイズで58cm(筆者実測値)と程よいサイズ。筆者は胸回りが標準より大きいため、このMサイズでギリギリのサイズ感となっています。第二ボタンがギリギリ止められるくらい。生地自体には伸縮性はあまりないので、筆者にとっては少し窮屈な感じがします。

標準の胸回りの方であれば問題ないでしょうが、トレーニングなどで体が人よりも大きいと自負がある方は、ワンサイズ大き目を選ぶのも良いでしょう。ややスリムに作られているため、ドレス感はしっかりと印象付けることができます。

生地はドレス感の強い艶のあるブロード生地

生地についてです。商品名にも「ブロード」とあるように、オックスフォード生地と違って凹凸が少なく艶があり、ドレス感を大きく印象づけてくれています。

上の写真のように、ブロード生地はオックスフォード生地と比べて、生地の凹凸が少ない。写真で見ると少しの違いですが、実際に着てみるとブロード生地の方が艶があり、強いドレス感を印象づけてくれます。また生地は、綿100%で構成されています。綿100%のデメリットとしては、その他化学繊維と比べてシワがつきやすいというところ。洗濯をするとどうしてもシワが目立ってしまいます。

筆者は毎回洗濯終わりに、シワが目立つ襟・袖・背面・前面にザッとアイロンをかけるようにしています。シワさえ取れればそれでいいので、所要時間は3分ほど。少しめんどくさいですが、それだけでドレス感は保つことができるので、洗濯後のアイロンはオススメしたいところです。

購入の際には着丈に注意

先ほど述べたように、着丈は少し短めに設定されているようなので注意が必要です。筆者は身長170cm体重64kg。この体型で今Mを着用していますが、次はワンサイズ大きめのLサイズの購入を検討しています。ちなみに今回ご紹介したシャツ、価格は2980円(税込)という超お得な値段設定。まだ持っていないという方は、とりあえずこれ買っとけ!と言えるくらい上等な代物となっております。

まずは基本に忠実に、オシャレへの一歩を。

オシャレ入門者・初心者にとって最初のハードルは「何から手をつけたらいいか分からない」だと思います。そんな方にまず手にとってもらいたいのが、「デザイン」「素材」がしっかりとドレス要素を担っているこのアイテムとなります。派手さや奇抜さはないですが、「まずはここから始まる一着」と言えるのではないでしょうか。

春秋はこれ一枚に黒スラックス、夏は袖をまくりあげショートパンツと合わせて、冬はニットのインナーにしてちらりと襟・裾見せ、など一年中着回せるアイテムです。この無印の白シャツを相棒に、ぜひ素敵なオシャレライフを始めてみましょう!

ゆじろう

この記事を書いた人

ゆじろう

身長170㎝ 体重64kg 靴25.5㎝

ユニクロを愛してやまないアラサー。「初心忘るべからず」をモットーに、基本を大事にしたファッションを楽しんでます。オシャレの世界に一歩踏み出したい人たち、応援します!