無印良品のサイドファスナーポケット付リュックサックを大解剖

このリュックサックは無印良品の中でも定番商品です。とてもシンプルで、軽くて、収容力が抜群で、サイドファスナーポケットが使いすく便利。「知ってる知ってる、知り合いが持ってるよ」という方もいらっしゃるでしょう。情報番組「ヒルナンデス!」でもその機能性が紹介されるなど、知名度はかなり高い。

今回は、たくさんの人から愛される、無印良品のリュックの秘密に迫ります。

みなさんは普段どのような「カバン」を使っていますか?

トートバッグ、クラッチバッグ、ショルダーバッグ、ボストンバッグ、ビジネスバッグ……。それぞれ用途によってデザインや形も様々ですが、普段どのようなカバンを使っていますか?それ以前に「普段バッグなんか持たねえわ」って方、案外いらっしゃるのではないでしょうか。

男性は手に何かを持つことが嫌いで、かといって「サイフとスマホだけポケットに入れとけばいーじゃん」というシチュエーションばかりではないのも事実。ときには荷物を持つ必要がある場合もあるでしょう。そんなとき男性に人気があるのは、デイバッグやバックパックと呼ばれる所謂リュックサックです。

でも待てよ。昔から持っているリュック、「ザ・アウトドア」な感じで野暮ったくないか……? いかにもゴツめリュックだと、せっかくオシャレが台無しになってしまうかも。

無印良品のリュックサックはこんなにも考えられている

そんなあなたにこそ、「サイドファスナーポケット付きポリエステルリュックサック」です。見た目はとてもシンプル。しかしこのシンプルさは実によく考えられているのです。

「普通だよな」と思われるかもしれませんが、普通のカタチをしつつ普通ではないのです。こういった思想がたっぷり込められた製品が税込3980円。改めて無印良品のすごを感じさせる商品です。

例えば今街を歩けば必ず見かける「アネロ」のリュック。お財布のがま口を模したような、特徴的なワイヤー入りの開き口です。荷物の取り出しやすさこそ大ヒットの要因でしょう。しかし特徴的であるということは、裏返すと他のアイテムと調和がとりにくいと同義なのです。

無印良品のように、洋服のイメージを損なうことなく大人が使えるような、程よくコンパクトな形は稀有な存在です。

そこで具体的に素材からみていきましょう。表面は水や汚れを寄せ付けにくいポリエステル100%。しっかりと目が詰まっています。多少乱暴にガシガシ使用しても問題ありません。撥水加工もされています。

ジップを大きく開くと、開口部はかなり大きいです。

内側にもこんなポケットがあるのは嬉しい限り。ちょっとした小物を入れる際に重宝するでしょう。

実際に収容力を確認すると、コンパクトな見た目にも関わらず、2ℓのペットボトルが3本入りました。これには驚きましたね。このシンプルな見た目からは想像できない容量です。サイズ規格は縦43㎝×横32㎝×マチ14cmあります。

そして最大の特徴でもある「サイドファスナーポケット」です。商品名にもなるほどですから、こだわっているのでしょう。なるほど、背負った状態からでもスッと手の届く位置にあるのはありがたいですね。ポケットの数は多くなくていいでしょう。見た目もゴチャゴチャしてしまうし、どこに何を入れたかわからなくなってしまいます。

バッグの中に入れたはずの家の鍵が見当たらない、スマホが鳴っているのにどこにあるのかわからない。そういったすぐに取り出さなければならないものは、このサイドファスナーポケットに入れておけばスッと取り出すことができるのです。そしてこのポケットは内側に位置していることから、背負ったときに見えにくいのもポイント。リュックのシンプルさに貢献しています。

使い勝手だけじゃない、こんな人にも支持されている

無印良品はデザイナーの名前をタグや商品説明に記載することはありません。しかしその商品開発には著名なデザイナーが手がけている製品が実は多く、世界中で愛されるデザインを生み出しています。例えば壁掛け式のCDプレーヤー、ウォールクロック、コーヒーテーブル等多義に渡ります。

そして洋服デザインに関しても、日本のデザイナーである「ヨウジヤマモト」が手がけたものもあります。名作「洗いざらしシャツ」などは気負わず着ることができるシンプルさですが、こうしたデザイナーが関わることで長く愛されるデザインなとなっているのです。ファッション関係者にも無印良品を着用する人が多く、シンプルなシャツやデニムが支持されています。

話が逸れましたが、リュックに関しても例外ではなく、「シンプルながらカタチがキレイ」等とファッション関係者にも注目されています。これから寒くなるにつれ、ロングコートにリュックを合わせ、ハズシとして取り入れる方もたくさんいるでしょう。その際にもこの無印良品のリュックは、悪目立ちせずあなたのコーデを引き立ててくれるのです。

シンプルなリュックサックに詰め込まれた造り手の想い

「何よりもシンプル」「軽くてたくさん入れられる」「サイドファスナーが便利」等と、たくさんの方々に愛され続ける無印良品のリュックサック。無印良品の定番商品としてずっと使い続けてもらえるよう、ゼロから見直され着実に進歩しています。その様子が下記のリンクで紹介されていますのでご覧下さい。

【無印良品 IDEAPARK】
https://goo.gl/zqsUWC

「こうすれば喜んでもらえるんじゃないか」と、使う人のことを考える。必要なものを必要な人たちに向けて、必要ないものはカットしてできるだけシンプルに。無印良品のリュックを通じて、モノづくりに感銘を受けました。ぜひ無印のリュックを手に取って、心意気を感じてみてください。あなたの生活に、フィットするはずです。

「リュックを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【15選】リュックを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.04.21

 

籠屋@CU2moro

この記事を書いた人

籠屋@CU2moro

身長169.8㎝ 55kg 靴26.0cm

平日はスーツ、土日祝のために私服を買い漁るのが至福な日々。 「お金をかけずにオシャレを楽しむ」がモットー、家からユニクロまで徒歩5分が自慢。

Twitter