パソコンがきちんと収納できるおしゃれな無印商品のリュックを徹底分析

ビジネスとプライベートのちょうど間のような一日って意外と多くないでしょうか? 例えば、休日であってもノートPCを持ち歩かねばならないとか。ビジネス用のバッグを使い回すのもいやだし、デコラティブなロゴや色の入ったバッグは機能面で劣るため、PCバッグとしては不適格です。そんな時にオススメなのが無印良品のPCポケット付きリュックです。

デザインは一見すると普通のリュック。しかし表面素材のやわらかな艶が特徴的で思わず店頭で2度見してしまいました。生地を摘んでシワを作ってあげるとより艶感が強調されるのでお分かり頂けるかと思います。

上の画像はあえてシワを出して艶を強調したのですが、実際には下の画像のようにふんわりと繊細な艶があります。

これはポリエステルタフタ(タフタとはフランス語で艶のある薄い絹織物の意)という素材の艶感。ポリエステル繊維を平織にしており適度な光沢があります。

リュックはコーディネートの中で大きな面積を占め必ず他人の目に留まるもの。艶のあるリュックはドレス感が強くなりカジュアルアイテムでありながら大人らしさを出すことができます。
※ドレスとは? こちらをご参照ください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

ただこの艶感を画像でお伝えするのが非常に難しいので店頭でぜひ手に取って見て頂きたいです。

では他の箇所のデザインも見ていきましょう

肩ベルトの外側にもポリエステルタフタが使用されており、内側にはクッション感がありハリのあるメッシュ素材が使用されております。肩ベルト自体の厚さは1.5cmあり重量のあるものを背負っていても肩への負担を軽減してくれます。

ベルト調節のアジャスターや肩ベルトとの縫い目なども黒で統一されております。

ファスナーの引き手はUの字のブラックのプラスチックに紐を繋いだデザイン。特徴的なフォルムではありますが摘みやすいサイズで理に適った形状です。紐は全く伸びがない素材なので開閉もスムーズに行うことができます。

背中のクッションも厚みがありPCを入れていても背中に違和を感じません。またクッション自体がメッシュ素材なので蒸れを軽減し薄着となる夏場にも期待できます。クッションの横にあるポケットはファスナーで開閉でき入口からリュック下部までの広さがあります。

また、ファスナー全体がクッションで隠れるようになっており、歩行中に服とファスナーが擦れてしまうことでのダメージが抑えられます。服が傷まない工夫があるのは嬉しい限りです。

リュックの両サイドにはサイドポケットが付いており500mlペットボトルを入れると画像のようになります。サイドポケットがガバっと空いたままのデザインだと「遠足感」が強くなってしまいますが、入口がゴム仕様になっており未使用時には平たく収まっていてくれてスッキリとした印象です。

日常的に多く使うことになる最背面のポケットですがファスナーを開くとポケット内に仕切りとメッシュ状の仕切りが二重であります。メインの収納スペースに入れるほどのサイズではないと思ったモノを入れやすいサイズです。仕切り内にも500mlペットボトル2本が入りました。仕切り外を含めるとかなりの容量が入るので、持ち運ぶアイテム数が多い方には重宝するでしょう。またカラビナ等の取り付けが可能なDカンも付いています。

メインの収納スペースのファスナーはリュック全体の9割くらいまで開けることができます。内側にもファスナー付きポケットがありますので、リュック内で迷子になってしまいそうな小物を収納するのに役立ちます。

PCポケットそのものにこだわりがあります

市場にあるリュックにはPCポケットの生地がペラペラな製品も散見されます。リュック内でPCがブレて動きまわったり、モノがポケット越しにPCに直接ぶつかる感じがするので気になる方は多いのではないでしょうか。しかしこのリュックにはPCポケットに張りの強い厚手のポリエステル生地を使用しており、更にポケット生地自体の内側にもクッションも挟んであり指で摘んでも厚みを感じます。

ポケット幅は28cmあり、幅が22cmある筆者のMacBook13.3インチを入れるとまだ左右にスペースはありますが歩行中に上下左右にブレたりはしないのでPCケースを使用しないで持ち運んでおります。

ポケット上部の先端には波打つように強度のある紐がループ状にしっかりと固定されており、付属のプラスチックのフック2個を好きな箇所に付けることができます。初見で感じたのはここまでフックを付けるループ箇所を細分化する必要があるのか?という疑問でしたが、実際にこのリュックでPCを持ち運んで使用してみると、このポケット入口というのは重量のあるPCを出し入れしたり歩行時の揺れによる負荷がとても掛かる箇所。

ポケット自体の強度をアップさせるためにこの設計にしたのではないかと筆者は分析しております。一つ惜しいのが付属のフックが黒色であること。他人から見えないカバン内側かつ影で暗くなりやすい箇所なので白などの明るい色ならば視認性がアップし使い勝手が良くなるはずです。

また日常的に負荷の掛かる底面にも生地の間にクッションが挟まれておりましたが、側面にはクッションは挟まれておりませんでした。普遍的なリュックという製品に対して機能性と軽量化、強度などバランスの両立を見えないところでも追求している無印良品のモノづくりの意志が感じ取れます。

もちろんリュックとしての収納力も抜群

見た目以上に収納力があり、日常的な買い物中でもドンドン収納でき常に両手がフリーでいられるのでとても便利です。リュック全体でのサイズは高さ47cm横幅29cm奥行きが17cmありますと言っても数値だけだとサイズ感がピンと来ないのもまた事実。ペットボトルでどのくらいの収納力があるか検証してみましょう。

底面には1リットルペットボトルが2本横並びで入れることができます。

このまま本数を追加していくと…

1リットルペットボトルが9本+500mlペットボトル1本を入れることができます(画像では分かりやすくするため500mlペットボトルは横に立たせています)。リュックとして十分な容量を入れることができることに加えて、この画像のように目いっぱいファスナーも開閉できるのでパッキングもストレスフリーです。

PCポケット付きで機能性も抜群。かつ品のある艶があって大人が使える無印良品のリュック。価格は税込4990円(税込)。バックとしてはトライしやすい価格帯ではないでしょうか。店頭でも売り切れて来ているようなので気になった方はお早めにチェックしてみてください。

リュックのコーディネート集はこちらから↓

【15選】リュックを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.04.21
はせぴょん

この記事を書いた人

はせぴょん

身長175cm 体重63kg 靴27.5cm

断捨離&アップデートでクローゼット内や美容品は一軍のみを残すことがポリシー。片付けもまともに出来ない性格が、オシャレで心境も変わり、部屋も、モヤモヤしがちな頭の中も常に掃除を心掛けるように。30歳独身。