帽子が苦手な人にこそオススメしたいニューエラ「9FIFTYブラックボタニカル」

筆者は帽子をほとんどかぶりません……。正確にはほとんどかぶってこなかった。理由は単純で髪型がくずれるからです。比較的短髪なのですが、外出の際はほとんどスーパーハードタイプのスプレーで髪を簡単に立たせています。

帽子をかぶったら最後、一日中かぶりっぱなしにする必要があるので敬遠していたのです。加えて頭のサイズが小さいこともあり、かぶると帽子がどうしても浮いてしまう。当然、洋服屋に行っても、帽子自体が目に入ってきません。こういった理由から帽子からは縁遠くなっていました。

しかし気温が高くなるにつれ、トップス1枚にボトムスといった、コーディネートに使うアイテム数が限られてくるので服装がどうしてもシンプルになります。

地味な印象を払拭すべく柄のバッグを多用していたのですが、新たに帽子にチャレンジしてみようと思い立ち、柄のカラーデザインが入った帽子をチェックしていました。

素敵なデザインのキャップがあったのです。「この帽子ならかぶりたい!」と思わせてくれたベースボールキャップをレビューしましょう。そのアイテムは、ニューエラのベースボールキャップ「9FIFTY ブラックボタニカル×スノーホワイト」です。

ベースボールキャップはカジュアルアイテム

ニューエラは1920年にアメリカで創業されたブランドです。MLB(メジャーリーグ・ベースボール)にベースボールキャップを供給している会社ですね。ニューエラのベースボールキャップにはいくつかのラインがあり、最も代表的なラインは59FIFTY(フィフティーナインフィフティー)というアイテムです。

今回レビューするのは、9FIFTY(ナインフィフティー)というライン。各ラインについては、ニューエラの公式ホームページで確認できます。
ニューエラ公式ホームページhttps://goo.gl/F1TCjV

ニューエラのキャップは、キャップに興味がなくても街で見たことがありますよね。そもそもベースボールキャップですから、すごくカジュアルなアイテムです。

9FIFTYは、キャップ単体で見ると非常に完成度の高い美しいシルエットですが、その形状はボリュームがあるため、やはりカジュアルな印象を受けます。

サイズ感・シルエット

今回レビューしている9FIFTY(ナインフィフティー)は代表的なアイテムである59FIFTYと同じフォルムです。キャップの後ろ側にはパーツの名称からスナップバックと呼ばれるアジャスターがついているので頭の大きさに合わせて調整できます。

(キャップ後部のスナップバック)

スナップバックは樹脂製で少しチープな感じがしてしまいますが、色はブラックですし頭にかぶってしまえばむしろ主張がなく私は気になりません。

(頭周りサイズの実測値①:スナップバックをジャストで調節 約56cm)

(頭周りサイズの実測値②:スナップバックを広げて調節 約58.5cm)

(「ONE SIZE FITS MOST」と表記されているように、サイズは上記の実測値からさらに数センチは調節できます)

このアイテムで最も扱いがむずかしいのはそのシルエットです。9FIFTYはそもそもサイズが分かれていないので様々な大きさの頭に対応できるよう、作りが少し大きめです。加えて写真からも分かるようにロゴの入った額部分の高さがかなりあります。それがこのキャップのボリューム感を大きくしています。

もちろんこのデザインがかっこいいポイントでもあるのですが、実際にかぶるとけっこう頭が大きく見えてしまい、自分でも見慣れるのに少し時間がかかりました。

バランスの優れたカラーリングと涼しげな薄手素材

このアイテムにおいて最も素晴らしいポイントはカラーです。このカラーこそ私が購入した決定的な要因ですね。カラーの名称は「ブラックボタニカル×スノーホワイト」です。

ブラックボタニカルというのはボディのカラー、スノーホワイトというのは額部分にあるニューヨークヤンキースのロゴ「NY」の刺繍カラーです。私はベースとなっているブラックボタニカル柄が本当にお気に入り。

ブラックをベースに落ち着いた色調のピンクが入ったボタニカル柄がプリントされています。この柄はニューエラオリジナルデザインの柄で、ヴィンテージのアロハ柄をもとにデザインされています。別のキャップで、同じようなデザイン柄のブラックアロハというカラーもあります。

こちらはピンク色のフラワーの形状が丸みを帯びています。それに対してこのアイテムのボタニカル柄はピンク色の葉の形状が尖っています。これによりシャープな印象をもたらし、ピンクでありながらキリッとした大人っぽい印象を与えてくれます。

柄のパターンはキャップごとに個体差があり、ひとつひとつ柄の場所が違い、色の面積も違いますので、可能なら店舗で比較して好みのカラーパターンを選ぶと良いでしょう。

素材は薄手の平織りコットンです。夏仕様の柄にふさわしい素材感ですね。サラッとした手触りで、蒸れにくくなっています。プリントもかすれた風合いなので涼しげな印象があります。キャップのサイドにはしっかりニューエラのロゴマーク。

キャップの内側も当然しっかりとした縫製で丁寧な作り。額部分のパネルには型崩れを防ぐ補強がされています。

キャップの種類を表すシールは、購入時は帽子のつばの上側に張ってあります。このシール、単体で見るととってもカッコいいですね。このシールを上に貼ったまま剥がさずに使用するスタイルの方もいます。シールを剥がすのも剥がさないのも、好みやコーディネートにおける調和の取り方ですし自由です。

私個人的にはつばの上に貼ったままだと使用していくうちに日焼け跡が残るのと、シルバーカラーのシールは人の目を引いてしまうので、いったんつばの裏に張り替えて使用しています。

素材表記は綿100%です。洗濯はできません。ニューエラの公式消臭抗菌スプレーもあります。私はドラッグストアで手に入る消臭剤を、キャップを使用する前の日にあらかじめ噴霧しておき、その日の使用後にも噴霧しています。

キャップの素材によってはシミが残ったりする可能性がありますが、私がこのキャップに使用する限りでは問題ありませんでした。

デザイン柄を取り入れて地味な印象を払拭

日々キャップを使用している方には当たり前の話かもしれませんが、キャップ初心者の私には、そもそも暑い季節におけるキャップ自体の便利さにも目から鱗でした。

コーディネートの地味さを解消するために購入したキャップですが、かぶってみて分かったのは、日が照っている時はキャップをかぶった方が涼しく感じます。サンバイザーのおかげで目の眩しさも軽減。

もちろんキャップの中に汗はかくのですが、直射日光を頭に直接受けるよりもずいぶん快適ですし、新しいアイテムを取り入れて良かったと思いました。加えてこのアイテムの柄ならコーディネートのアクセントにもなってファッションも楽しめています。

この調子だと、また違うキャップを購入してしまいそうで、散財には注意ですね。帽子がこんなに楽しいなんて……。キャップ、もっとはやくかぶれば良かったです。これまでキャップを敬遠していた方にこそオススメですね。

FUJITA

この記事を書いた人

FUJITA

身長164cm 体重56kg 靴25.5cm

シルエットがキレイな服装が好み。シンプルな服装に変化のあるアイテムを合わせるのが楽しい。