ナイキのエアマックス98がネオンカラーになって大復活!

90年代リバイバルブームでストリートファッションがメインストリームのど真ん中にある2018/19シーズン、90年代にド派手なデザインで注目されたエアマックス98が再び脚光を浴びています。

とはいえエアマックス95よりも派手でゴテゴテした独特なエアマックス98のデザインは、良く言えば「唯一無二」、悪く言えば「突飛すぎる」、と98年発表当初は賛否両論でした。90年代に中学高校大学といわゆる青春時代を謳歌した筆者にとってもエアマックス95は「手に入れたい憧れのスニーカー」でエアマックス98は「カッコイイけど普段使いするのは躊躇するド派手スニーカー」という位置づけでした。そしてノームコアの嵐が吹き荒れた2000年代、人気のあったスニーカーはコンバースのオールスターやアディダスのスタンスミスなどもっぱらシンプルデザインのものが主流となり、エアマックス98は「時代を先取りし過ぎた」スニーカーとしてナイキマニアしか手にしない過去の遺物となると思いました。

しかし! 2018年より続く90年代リバイバルとダッドスニーカーの流行によりエアマックス98はメジャーシーンに華麗なる復活を遂げました! そして今回筆者がレビューするエアマックス98は流行色であるネオンカラーを取り入れた「AIR MAX 98 NEON」です。時代がエアマックス98に追いついたことを高らかに宣言する流行最先端スニーカーとなっております。

流行色のネオンカラーてんこ盛りなのにブラックベースだからカジュアル過ぎない!

ボディはブラックでナイロンと合皮を使用しています。ネオンイエロー(フロントバッジ)、ネオングリーン(ロゴ、ライン、シューレースバッジ)、オレンジ(シューレース、プルストラップ)、ピンク(ソール)と4色ものネオンカラーを多用しながらも、ボディがブラックのため全体的に引き締まった印象です。

またピンクのソールを覗いてネオンカラーを使用した部分の面積が小さいため、ネオンカラー自体は悪目立ちせずあくまでブラックボディの「アクセント」にとどまっているのも高ポイント。このおかけでデザインにまとまりがあり、流行のネオンカラーを多用しながらも普段使いできるカラーリングとなっています。ノームコア脱却の切り札である「装飾性」を持ちながら、奇抜過ぎないデザインをキープするナイキのバランス感覚にはただただ脱帽です。

そしてダッドスニーカーはアイテム選びとコーデを間違えると「おじさんの休日」になってしまいますが、ブラックベースにネオンカラーが映える若々しいデザインのエアマックス98ネオンを選ぶ限り「おじさんの休日」になる心配はないでしょう。モノトーンスタイルが多くノームコア気分が抜けてない筆者のような30代から40代の男性は、上下黒でもこのスニーカーを合わせるだけで手軽に「装飾性」を取り入れることができます。

ダッドスニーカーの源流? 流線形デザインは今だからこそ再評価したい!

(添付画像 トリプルSトレーナー BALENCIAGA公式HP http://qq4q.biz/D7Mv)

エアマックス98は先代エアマックス97を踏襲した流線形デザインとなっております。「波の動き」をモチーフにしてソールが幾重にも重なったように見えるボディの切り替えデザインは、バレンシアガ「tripleS」を彷彿とさせ、大流行中の「ダッドスニーカー」を先取りしていたといえます。また他のエアマックス98と異なり、エアマックス98ネオンはボディの切り替えが、ピンクのソールを除けば、ブラック1色のためスッキリした印象です。

シルエットは見た目に反して細身、サイズ選びではワンサイズアップがお勧め!

上記の写真が分かりやすいと思いますが中央にかけてボディがかなり絞り込まれているため、大きそうな見た目に反して細身のシルエットです。普段27.5㎝(USサイズで8ハーフから9)を履く筆者はワンサイズアップの28㎝を選びました。筆者の足は甲高幅広ですがワンサイズアップでちょうどジャストサイズです。エアマックス95よりは甲への締付けは緩いと感じました。着用感ですがソール全体を「エアクッション」が覆っている割には固めです。ホカオネオネのようなフワフワした着用感ではありません。

大人気のため、ナイキ公式はもちろんゾゾはじめほとんどの通販セレクトショップでは品薄・売り切れ続出です。とはいえ再入荷もあるようなのでこまめにチェックしていれば手に入れることができると思います。時代の「空気」を表現したエアマックス98ネオンは今こそ履いていただきたいスニーカーです! 価格は1万9440円(税込)。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー53選!【2019】

2019.03.25
モリー

この記事を書いた人

モリー

身長176cm 体重72kg 靴27.5cm(USサイズで8.5~9)

週1日の休日おしゃれの為だけに、ほぼ毎日仕事帰りにユニクロから伊勢丹までウォッチメンする3児の父。中年太りを誤魔化すコーデを日々研究中。