ナイキの「タンジュン」が売れ続ける3つの理由

レトロモダンな雰囲気漂うシンプルなスニーカー

ナイキ・タンジュン。名前からも連想されるシンプルなスニーカーは80年代の運動靴のようなレトロさもありながら、どこかモダンな雰囲気を感じることができます。

そしてタンジュンはナイキのヒット作となりました。その理由はコスパでしょうか。それともデザインか。買って履いて分かった、売れている理由を紐解きます。

一日中歩き回っても疲れない快適性

まずは素材について。アッパー、つまりスニーカーの上部にあたる黒の素材は合成繊維を使用しています。メッシュ状のアッパーは足の甲を覆い、しっかりとホールドしてくれます。また通気性もよく、蒸れなどの違和感はありません。

そしてソール部分、靴底は合成底を採用。ハイテクスニーカーのような最先端の技術こそありませんが、ミッドソールの合成樹脂によりクッション性は必要十分。

硬すぎず柔らかすぎないので歩いていても快適です。スニーカーと言うとこだわった靴底のトレッドパターンも魅力のひとつですが、タンジュンは実にシンプル。靴底もダメージを受けにくく、カカト部分のすり減りも少ないです。

また、ソールがホワイトにも関わらず、汚れに強いのもポイントです。

シューレース、靴ひもも安っぽくなく、またほどけにくいです。唯一のデメリットとしては、ひもを支えるホール部分のパーツ。写真をご覧いただくとわかるとおり、白い毛玉ができやすいです。こまめに毛玉を取る等する必要があります。

サイズはハーフアップがよさそう

サイズについて見ていきましょう。普段アディダスやナイキのスニーカーで26.0cmを履いていますが、このタンジュンは26.5cmを選びました。少し大きめのサイズを選ぶことで、足を長く見せるようにしています。

ただ、ハーフアップしたことによりガバガバすることはありません。元々のホールド性がよいので、ジャストサイズを履いている感覚です。サイズで悩んだら、ひとつ大きめのものを選ぶとよいでしょう。

仮に少し大きくても、靴ひもをキュッと結べば十分に対応できます。

ところでこのスニーカー、履いてみるといつもより足が長く見えます。その秘密はふたつ。

ランニングシューズがモチーフで、鼻先が長いシルエットになっています。もうひとつの要因はソールにあります。横からご覧ください。アッパーの黒とソールの白によるコントラストがハッキリしていますが、よく見ると前下がりになっているのが分かります。

これは女性で言うところのハイヒールを履いているのに近い状態。こうすることで視覚的に足が長く映り、脚長に見えるのです。最初店頭で見かけたときは「ソールの面積大きいなぁ」と感じましたが、履いてみて納得しました。

特にアッパーの色と同色のパンツを履けば境界線がわかりづらくなり、その効果はさらに増すことでしょう。

ナイキのトレードマークもカッコよく、スニーカーのサイドを全長の半分程度覆っています。これも前述の前下がりになったソールに合わせた角度になっています。モノによっては大きすぎるスウッシュマークも、タンジュンとの相性はなんとも絶妙です。

コスパよし! フォルムよし! タンジュンは買って後悔させないスニーカー

価格は5990円(+税)とかなりお手頃。コスパ重視の方にも十分納得していただけるスニーカーです。また、シンプルな形状はどんな洋服にもよく合います。

カラーも豊富でABCマート等では限定カラーも登場しているようです。何といってもタンジュンのウリはソツなくカッコよく見せることができるところ。

オシャレ初心者や、ファッションに興味のない旦那さんにもオススメです。レディースやキッズのサイズ展開もあるので、ペア買いやリンクコーデにも最適です。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー36選!【2018】

2018.06.20
籠屋@CU2moro

この記事を書いた人

籠屋@CU2moro

身長169.8㎝ 55kg 靴26.0cm

平日はスーツ、土日祝のために私服を買い漁るのが至福な日々。 「お金をかけずにオシャレを楽しむ」がモットー、家からユニクロまで徒歩5分が自慢。

Twitter