最高級のアロハシャツはこれだ!「ニポアロハ」をレビュー!

開襟シャツのトレンドによってアロハシャツもトレンドになってきている

2017年からオープンカラーシャツのトレンドが続いています。その流れで、2018年は柄の入っている開襟シャツであるアロハシャツの取り扱いがショップで増えてきました。アロハシャツがトレンドのど真ん中にくるのであれば、夏の強い味方になります。今回はトレンドの先取りということでアロハシャツに特化したブランドを紹介したいと思います。

春夏限定ブランドNIPOALOHAのアロハシャツのこだわりとは

NIPOALOHA(ニポアロハ)は春夏限定でアイテムを発表する変わったブランドです。友禅染の着物生地で作るアロハシャツにビンテージ感と和の要素を入れたKIMONOラインと現代アーティストとコラボして図柄デザインを用いたARTISTラインの2ラインを展開。

柄や色味などが派手で南国で着られているイメージの強いアロハシャツですが素材や柄を変えることで上品な印象が出ています。今回はKIMONOラインのアロハシャツをご紹介します。

アイテムの詳細に迫る

アイテムの詳細に迫ります。まず全体見るとわかるようにツヤ感があります。素材にシルクが100%使われているためこのツヤ感が生まれます。ここまで派手に柄が入っていても素材が品質を高めているため子供っぽく見えません。

(生地が薄くツヤがある)

素材の繊維が細いため肌触りが良く通気性もいいので真夏に着用しても快適に過ごすことができます。

(江戸時代から大正につくられた文様)

また老舗の友禅工房「岡重」による型友禅染めで江戸時代から大正につくられた文様が施された生地を使っています。遠目に見るとわかりませんが近くで見ると模様を確認することができます。赤い模様は割られたスイカですが、葛飾北斎が書いた西瓜図が元になっています。

夏の風物詩のスイカの赤が映え、ベースは黒地なのにとても季節感があります。さらにシルク素材のおかげで、色も綺麗に出ているので葛飾北斎らしい繊細でありながら、ダイナミックな図案が見事に表現されています。シルエットはややゆるめなのでトレンドのビックシルエットを意識していることがわかります。体のシルエットが出にくいので体型隠しにも向いています。

(シャツに付いている貝ボタン)

ボタンにはちゃんと貝ボタンが使われています。シルクのツヤ感に負けないツヤがあるので全体の印象を底上げしています。ただしいいところばかりではありません。シルクはデリケートな素材なため、洗濯などのメンテナンスが大変です。

(洗濯表記のタグ)

摩擦や水分に弱く、特に夏は汗をかくのでダメージが大きく「洗濯機で回せない」「アイロンがかけられない」のが大きな欠点です。

(洗濯表記タグの裏)

基本的にはドライクリーニングが推奨されており、洗濯表記にも記載されております。優しく手洗いすることも可能ですが型崩れなどが怖い方は、ドライクリーニングをオススメします。

とても高いが売れ残ることが多い!セールを狙おう!

とても豪華なアイテムだけに値段は高く4万1040円(税込)です。MサイズとLサイズの2サイズ展開で著者はMサイズを購入しました。身幅54cm、肩幅41cm、着丈71cm、袖丈27cmとなります。正直アロハシャツ1枚にかけるにはもったいない金額ではありますがシルク素材やデザインなどを考えると納得です。

著者は一目惚れで購入してしまいました。商品はすでに完売です。NIPOALOHAは金額が高く在庫が残ることが多いので夏のセールで狙うと手頃な価格で購入することができます。店頭で見かけたら是非試着してみてください

メンズシャツまとめはこちらから↓

【2018】おすすめメンズシャツを55点レビュー!あなたならどのシャツを選ぶ!?

2018.11.04

「ストライプシャツを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

けんちっち

この記事を書いた人

けんちっち

身長163㎝ 体重57㎏ 靴25.0㎝

ゆるゆる〜と洋服の勉強中の23歳。帽子全般をこよなく愛しそれに合ったコーディネートを探す日々。