【サイズ感有り】オニツカタイガーのローンシップはベルベット素材がオススメ

オニツカタイガーはスポーツブランドのアシックスになる前のブランド名です。一時期消滅していましたが街着としてオニツカタイガーのブランドを復活させました。1970年代、消滅前の同社のデザインをデザインソースとしているので、いわゆるレトロスニーカーに分類されます。

このローンシップというモデルも1970年代に同社で発売されていたテニスシューズがデザインソースです。レトロなデザインにトレンドのベルベット素材を使用した面白いスニーカーです。価格も1万800(税込)とお手頃です。

カジュアルスニーカーにドレス要素が入った面白いバランス

(シルエットは細身でドレス寄り)

このスニーカーのシルエットは全体的に細身で、テニスシューズを原型にしているわりには、比較的革靴に近い形状です。色やデザインだけを見れば、100%カジュアルですが、シルエットだけをみると少しだけドレス寄りのアイテムになります。

(色は赤とシルバー)

色は赤なのでカジュアルですが、つま先はシルバーで、素材はベルベットで艶感があり高級感があます。全体的に見ればカジュアルなアイテムなのですが、ドレスの要素も含まれている面白いバランスだといえます。

(デザインはテニスシューズ)

(オニツカらしい細かなディテール)

(紐は平紐で表地がベルベット)

靴ひもについて表地の素材と裏地の素材を変えているので結び方次第で表情を変えることができます。また、摩擦がおきやすい箇所には耐久性のあるレザーを使用しています。

(靴ひもを通す穴周辺にレザー使用)

(かかと部分にレザーを使用)

(ソールはラバーソール)

(底部分)

ソールに天然ゴム(ラバー)を使用しているため柔らかく歩きやすいです。

(履き口とインソール)

履き口とインソールはクッション性があり柔らかく履きやすい。見えづらいですが側面にはメッシュ状になっていて通気性があり蒸れにくいです。

サイズ感や着こなしについて

(サイズは26.5サイズ)

筆者は普段26.5のスニーカーを履いていますがこちらも26.5で問題なく履くことができました。全身を黒でまとめて、とくにワイドパンツなどで合わせれば見える面積が少なくなるので、悪目立ちすることがありません。いわゆるコーディネートの外しとして機能します。

一見、使い方が難しいアイテムのように見えますが、使い方次第では面白くコーデの幅を与えてくれるコスパのいいスニーカーといっていいでしょう。シンプルなきこなしに飽きた方は、遊びでこんなアイテムも手に取ってみてくださいね。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー40選!【2018】

2018.08.28