2万円台で買えるおすすめ革靴パドローネのダービープレーントゥシューズ

おしゃれ初心者の方は私服でスニーカーを履くことはあっても革靴を履くことはないのではないでしょうか。1足でも革靴を持っておくと、おしゃれの幅がグンッと広がります。ここでは初めての革靴にパドローネ(PADRONE)のダービープレーントゥシューズがおすすめの理由をご紹介します。

ファクトリーブランドだからコストパフォーマンスがいい

PADRONEダービープレーントゥシューズ 2万8,000円(税別)

パドローネ(PADRONE)は日本のファクトリーブランドです。ファクトリーブランドとは「下請け工場が作ったオリジナルブランド」のことです。パドローネはコムデギャルソンやヨウジヤマモトといった日本が世界に誇るブランドの革靴を手がけています。

デザイナーを立てないので価格を抑えることができ、スタンダードなデザインながらデザイナーズブランドと遜色のない品質の革靴を提供しています。デザイナーズブランドの革靴が安くても5~6万円なところ、このダービープレーントゥシューズは2万円台で買うことができます。

コーディネートを邪魔せず、印象を整えることができる

http://www.padrone.co.jp/wp/wp-content/themes/original/images/button-left.png

プレーントゥシューズとはつま先に装飾がない革靴のことです。装飾がなくシンプルなデザインのため、悪目立ちすることがありません。さらに、このパドローネのダービープレーントゥシューズは底が薄いので、他のプレーントゥシューズよりもコーディネートを邪魔することがありません。

色は黒がおすすめです。黒は収縮色のため、コーディネートを整えることができます。黒の革靴と黒のパンツを合わせると、パンツと靴が同化して足が長く見え、インディゴデニムやベージュのチノパンといったカジュアルなアイテムと合わせると、コーディネートをドレスな雰囲気に調整することができます。

コーディネートの調整を白Tシャツにインディゴデニムといったシンプルなコーディネートを例に取ってご説明します。

白Tシャツ+インディゴデニムに白いスニーカーを履いてしまうと、コーディネートがカジュアル一辺倒になるので、全体の雰囲気が締まりません。

一方、パドローネのダービープレーントゥシューズを合わせてみると、白いスニーカーに比べて全体の雰囲気がドレスに調整されます。先ほど記載したとおり、全体的にシンプルなデザインの革靴のため、コーディネートに馴染むことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

また、明るめなパンツに合わせたとしても、パンツのカジュアルさをドレスの雰囲気に調整することができます。このパンツは少しワイドなシルエットですが、問題なくコーディネートに合わせることができます。

ちなみに私はいつもコンバースやナイキのスニーカーであれば26cmがジャストサイズですが、パドローネだと40(25cm)で少し余裕があります。靴紐で調整すればジャストな着用感になりますので、私のように少し足が小さめな方はパドローネで一番下のサイズである40から試着してみることをおすすめします。

デメリットは歩いているとすべること ※対処法あり

http://www.padrone.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/06/PU7358-2001-11C-03.jpg

写真のように靴底が革になっているため、ツルツルの床を歩くとすべります。靴底にすべり止めがある靴しか履いたことがなかったので、私も初めて履いて街を歩いたときには何度もすべって転びそうになりました。。

履いているうちに靴底が削れてきて、滑らないようになってはくるのですが、それまで滑って転びたくはありませんよね?もちろん対処法はあります。前底にラバーソールを張りましょう。駅前によくあるミスターミニットのようなお直し屋さんで3,000円くらいで張ってもらえます。

※参考「ラバーソールの修理」https://www.minit.co.jp/service/shoe_repair/shop/#sec-a02

人によっては目立つのではないかと気になって、ラバーソールを張るのに抵抗があるかもしれません。先ほどのコーディネートの写真を見てもらうと分かりますが、ラバーソールは薄いものなので人から見て分かるようなものではありませんのでご安心を。購入したらその足でお直し屋さんに出向きましょう。

パドローネのダービープレーントゥシューズのまとめ

・コストパフォーマンスがいいから初めての革靴におすすめ
・デザインがシンプルなのでコーディネートを邪魔しない
・購入したらラバーソールを張りましょう

こすず

この記事を書いた人

こすず

身長174cm体重69kg靴26cm(革靴は25cm)

平成元年生まれのアラサー。小中高と野球部だったことによる太ももの太さと中年太りの始まりによるお腹のふくらみに頭を悩ませながらコーディネートを試行錯誤する日々を送っている。