スマートウォッチ「Pebble Time Round」はデザインと機能を両立した逸品

夏の腕時計は「自然なアクセサリー」

夏になると、腕まくりや半袖など、腕を露出ことが多くなります。腕が露出しているときに、腕に何もつけていないのと、つけているのでは、印象が激変します。

なぜなら、手首は「3首」と言われ、視線を集めやすい重要な場所だからです。
「3首」について詳しくはこちら。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=11355

手首をブレスレットで華やかに飾るのも素敵ですが、慣れていない人にとっては、少々気恥ずかしくてハードルが高いもの。そもそも、メンズファッションは、装飾を積極的に良しとするレディースと違い、「不自然な、意味のない装飾を嫌う」性質があります。

そんな中で最も自然に手首を飾ることができるアクセサリーが「腕時計」です。

ファッショナブルなスマートウォッチ

今回、ご紹介するこちらの時計「Pebble Time Round」。


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Br18SHb-L._SL1500_.jpg

Pebble Time Roundはスマートウォッチでありながら、いかにもスマートウォッチと分かるデザインではありません。「スマートウォッチって、スマホと連動して通知が見れたりして便利だよなあ。でもいかにもなガジェット感が嫌でちょっとなあ…。」となかなかスマートウォッチの購入に踏み切れない人は多いんじゃないかと思います。Pebble Time Roundのデザインはとにかくシンプルで、よく文字盤をのぞき込まないと、スマートウォッチだとは分かりません。

実はこういったガジェット感のないスマートウォッチ、他にもあるのはあるのですが、機能が少なくスマートウォッチと呼べるものがありません。歩数計、睡眠計測くらいしかついておらず、健康ログをとるくらいしかできません。

Pebble Time Roundは通知を表示したり、Pebble OSのアプリをダウンロードして使用したりすることができます。例えば、音楽をコントロールするアプリ、ナビアプリ、それからちょっとしたゲームなどもあります。でもやっぱり一番便利なのは、通知ですね。わざわざスマホを取り出さずとも予定やToDo、メール、天気を確認できます。

電池の持ちは、満充電で2日間。15分で約1日分充電でき、30分ほどで満充電になります。15分あれば1日分持たせることができるので、朝起きて慌てて「充電してなかった!!」となっても大丈夫なので、とても重宝しています。

シンプルでクラシカルな文字盤

Pebble Time Roundがスマートウォッチらしくない印象に見える要因はこの文字盤にあります。文字盤はラウンド形状になっておりクラシカルな印象を作っています。文字盤の口径は、38.5mmで、厚さ7.5mm、重量28gと軽量で、「世界で最も薄くて軽いスマートウォッチ」と謳っています。

ボタンがごちゃごちゃしておらず、左に1つ、右に3つというデザインになっています。文字盤のカラーリングは3種類、ピンクゴールド、シルバー、ブラックがあります。

ピンクゴールド(価格は13695円)


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mrr-sVWrL._SL1472_.jpg

シルバー(価格は16400円)


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CLgGofSGL._SL1500_.jpg

ブラック(価格は11737円)


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71IcyCeTVZL._SL1500_.jpg

この中で、「クラシカル」な雰囲気をより際立たせてくれる「ピンクゴールド」や「シルバー」をお勧めします。ちなみにこの写真の私のPebble Time Roundは「シルバー」です。

付属のベルトは交換しよう

デザインと機能を兼ね備えたPebble Time Roundですが、1つだけ残念なことがあります。それは付属のベルトです。付属のレザーベルトがとにかく安っぽくて、すぐダメになる…。
ですので、購入する際は初めからバンドを交換するつもりで、文字盤の色で選んで購入していただいた方がいいです。ベルトは専用のもの以外に交換することができます。本革の良いレザーベルトに交換するもよし。

私のおすすめは、こちらのチェーン状のベルトです。価格は1680円。


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71L7RI-HTEL._SL1000_.jpg

ヴィンテージ時計によくある形状で、クラシカルな雰囲気をより演出してくれます。

ベルトを交換するとこんな感じになります。どうですか??全然雰囲気違うでしょう?

まとめ

スマートウォッチに挑戦してみたいけど、「ガジェット感でまくりで嫌だ」「俺はファッションも捨てたくねぇ」という方々、ぜひこのデザインと機能を両立したPebble Time Roundで、スマートウォッチデビューしてみてはいかがでしょうか。

 

tomo

この記事を書いた人

tomo

身長172cm 体重58㎏ 靴26.5cm

22歳大学生。服にお金をかけられず、ファストファッションで楽しむ。来春から私服勤務になり、楽しみな反面、散財が心配(笑)。痩せ型がコンプレックスで、最近ジムに通い始めた。