ポロシャツ選びは台襟の存在が最重要。ギローバーの台襟ポロシャツをレビュー

毎日暑い日が続きますね。読者の皆さまは、平日はクールビズで出勤し、休日はTシャツに短パンで過ごすことも多いのではないでしょうか。この記事では、そんな皆さまに、オンでもオフでも合わせやすいギローバーの台襟ポロシャツをご紹介します。

平日はワイシャツ代わりに、休日はTシャツ代わりにポロシャツを着ることも多いのではないでしょうか。皆さんは、普通のものよりもより一層ドレス度の高いポロシャツがあることをご存知でしょうか。それが台襟付きのポロシャツです。

これは、ポロシャツのリラックス感を保ちながらもドレス度が高いというとても使いやすいアイテムです(なお、メンズファッションの基本であるドレスとカジュアルのバランスについてより詳しく知りたい方はこちらを参照してください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810)。

なぜ使いやすいのかというと、普通のポロシャツよりはドレス度が高く、ワイシャツよりはドレス度が低いという、独特なドレカジのバランスを持っていることがその理由です。

皆さんは次のようなシーンで何を着るか悩んだご経験はないでしょうか。出勤時にワイシャツでは暑いけれどもポロシャツにするとカジュアルすぎるとか、逆に休日にポロシャツを合わせるとどうも子供っぽくなってしまうけどシャツではリラックス感が出ないとか。このようなシーンにぴったりマッチするのが今回ご紹介する台襟ポロシャツなのです。

 ドレスアイテムにおける台襟の重要性

まず、台襟についてご説明します。写真をご覧ください。

ワイシャツには襟があります。この襟を首にそって立ち上がらせるために台状の部品があります。この部分を襟の台という意味で「台襟」といいます。この台襟によって襟に高さが生まれ、この結果、首周りを立体的に見せることができます。

それでは、普通のポロシャツと台襟ポロシャツの襟部分を比較してみましょう。比較写真をご覧ください。上が普通のポロシャツでユナイテッドアスレのもの、下が今回ご紹介するギローバーの台襟ポロシャツです。

普通のポロシャツの襟は、ボディ部分に直接つながっていて襟が平坦に取り付けられています。下の台襟ポロシャツではボディと襟を台襟で繋いでいて、この台襟により襟が持ち上がり形状が立体的になります。

この台襟ありの襟形状がポイントで、これにより首周りにドレス感を出すことが出来ます。そもそもネクタイは台襟の周りに巻くため台襟がないシャツにはネクタイはできません。なお後ほど着用した状態での両者の比較画像をご紹介します。

 ギローバーの台襟ポロシャツ

ギローバー(GUY ROVER)はイタリアのシャツメーカーで、有名ブランドのOEMも行っており品質にも定評があります。マシンメイドのため比較的リーズナブルな価格設定なのもうれしいところです。このポロシャツはイタリアメーカー製らしく、台襟つきでさらに襟が高くなっています。

襟の高さをワイシャツと実寸で比較しましょう。実寸を計測したところ、先程の写真のワイシャツ(メーカーズシャツ鎌倉)は、台襟の前が2.8cm、後ろ4.1cm、ギローバーのポロシャツは前2.8cm、後ろ4.2cmです。このポロシャツは、シャツとほぼ同じかそれ以上の襟の高さになっていることがわかります。

筆者が昨年1万3500円(税込)で購入したものは色はネイビー、サイズはS。身長165cm、体重57kgの筆者にはサイズ感はピチピチ過ぎず、ゆったり過ぎず、ちょうどいいです。

素材は、コットン100%で鹿の子生地です。生地の肉厚は薄くも厚くもなく普通です。昨年購入したものと同じモデルをユナイテッドアローズのホームページで探してみたところ、同じ品番こそ見つからなかったのですが、下記URLのものが後継モデルでしょう。実際に採寸したところ、サイズS の筆者のもの着丈67、肩幅42、身幅46.5、そで丈23㎝、公式のサイズも着丈66、 肩幅42.、身幅47.5、そで丈23.5㎝と同等でした。

http://urx3.nu/EHF8

襟部分の写真です。ボタンは3つありますが、お仕事で着用する際には第1ボタンまで、休日は第2ボタンまで外して着用することをオススメします。

裾のサイドは左右とも長さ2cmのスリットが入っています。

袖部分の写真です。筆者は腕が細くて華奢なのでそれを目立たなくさせるためロールアップして着ることもあります。

後方から見た写真です。襟の部分にかなりの高さがあることがおわかりいただけるでしょう。

左裾部分にギローバーのマークが刺繍されています。

それでは今回ご紹介するギローバーの台衿ポロシャツと普通のポロシャツの着用時の襟部分について比較してみましょう。今回の比較対象はユナイテッドアスレのポロシャツで、いたって普通のものです。編集注:ユナイテッドアスレのポロシャツの記事もあります。https://fuku-labo.com/united-athle-polo-shirt

こちらが着用して正面から襟周りを撮影したものです。向かって左がギローバーの台衿ポロシャツ、右が普通のポロシャツです。

右の方が襟が高くなっていて襟の部分の見た目がワイシャツに近く、ドレス度が高いことがお分かりいただけるでしょう。比べて右は襟がのっぺりとしている感じです。襟はあるものの、襟が首周りを装飾している感じが左よりも低くなっています。

次に、襟の高さによる両者の違いがわかりやすいようにポロシャツの上にジャケットを羽織って比較してみました。こちらも左がギローバー台襟ポロシャツ、右が普通のポロシャツです。ジャケットの襟から上にはみ出している部分の長さを比べてみれば一目瞭然、左のほうが襟が出ている面積が広く、ワイシャツのうえにジャケットを羽織った雰囲気に近くなっています。

この比較により分かるように台襟ポロシャツは襟部分の見た目がワイシャツに近く普通のワイシャツよりもドレス度が高くなっています。よりクールビズに適したアイテムと言えます。

なお、今回の記事は、普通のポロシャツがダメだから着てはいけませんという趣旨ではありません。今回お伝えしたいのは、それぞれのポロシャツの特徴をふまえたうえで、全体のコーディネートに合わせて、使い分けましょうということです。筆者もコーディネートによって使い分けていて、普通のポロシャツも愛用しています。

コーディネート例のご紹介

それではコーディネートの例をご紹介します。オンでもオフでもお使いいただきたいので、それぞれ1パターンずつご紹介します。

まず、オンのコーディネート例(クールビズ)です。ポロシャツがネイビーなので、それと相性のよいグレーのパンツを選びました。

裾はタックアウトがおすすめです。ただタックインせざるをえないこともあるかと思いますので、そのときにはメッシュベルトはいかがでしょうか。涼しげでかつ洒落た雰囲気を出すことができます。靴は普通に革靴を合わせます。なお、このコーディネートの革靴をスニーカーに変えるだけで、一気にカジュアルになり、休日用のコーディネートになります。

タックイン:服をズボンに入れること。タックアウト:服をズボンから出して着ること

つぎに、オフのコーディネート例として短パンと合わせた例を紹介します。短パンは子供っぽいカジュアルなアイテムです。この短パンの子供っぽさを他のアイテムを大人らしくドレスよりにすることで、全体のドレスとカジュアルのバランスを取ります。

まず今回ご紹介するギローバーの台襟ポロシャツをあわせてリラックス感を出しつつドレス度をアップ。さらにハットと革靴ライクなサンダルであるグルカサンダルをあわせることでリラックス感の中にもドレス要素をもたせます。これで全体としても子供っぽくなりすぎない、大人の休日コーデの完成です。

台襟ポロシャツを最初に着たときの「ポロシャツなのにこんなにきれいに見えるんだ」という感覚を忘れられません。皆さまもぜひ店頭で試着してみてください。筆者と同じ感覚を味わっていただけるでしょう。

まとめ

・ポロシャツには台襟つきのものと台襟なしの普通のものがあります
・台襟ありのポロシャツはないものよりもドレス度の高いアイテムです
・台襟ポロシャツはイタリアのシャツメーカーであるギローバーのものがオススメ
・オンでもオフでも着回しできてお得です

バラバシ

この記事を書いた人

バラバシ

身長165cm体重58kg靴24.5cm47歳

イタリア的なファッションに惹かれつつもフランスもいいなとか多方面に手を出し被服費が家計を圧迫気味。最近はネイビーのアイテムに目がない。足が小さく服屋さんの靴ではサイズが合わないことが最近の悩み。