スウェードのTシャツ?portvelウルトラスウェードプルオーバー

スウェードの服?

今回ご紹介するのは“portvel”のウルトラスウェードプルオーバーです。名前だけでは何のこっちゃという感じですが、“ウルトラスウェード”は使われている素材、“プルオーバー”は被りのトップスを示しています。要するに「スウェードで作られたTシャツ」ですね。

ここでさらに「?」が浮かぶかもしれません。「スウェードって靴とか鞄とかに使われる革素材じゃないの?」そう、そのスウェードです。ただし、普通のスウェードではございません。

そんな“portvelウルトラスウェードプルオーバー”について素材はもちろん、ファッション的ディテールまで含めてレビューしていきます。

ハイクオリティな合皮“ウルトラスウェード”

冒頭でもお話したようにスウェードとは革の一種(正確には革の裏側に起毛加工を施したもの)です。一般的に靴や鞄などに使用され、スムースレザーには無い独特の風合いを持っています。

ただし、この商品に使われているスウェードは普通のものとは一味違います。商品名にもある“ウルトラスウェード”が使用されているのですが、なんとこれ合皮なんです!

“ウルトラスウェード”とは東レが開発した東レが開発したスウェード調人工皮革で高級スウェードの質感と高い機能性を併せ持つ最先端素材です。超極細繊維を絡み合わせ、起毛させることで天然のスウェードと同じ構造を作り出し、”フィンガーマーク効果”と呼ばれる高級スウェード特有の質感をもたらすそうです。

スウェード独特の起毛感と光沢を併せ持った質感は他の素材では表現しきれない高級感を持ち、カジュアルなTシャツという形でもどこか上品さをかもし出してくれています。繊維を絡ませて作られた素材であるため、染色がしやすく微妙な色の加減を表現することが出来るのも特徴です。

また、この素材の用途は幅広く自動車や航空機のシートなどにも使われています。頻繁に、そして長時間人の下敷きになる部分に使われているということもあり、耐久性は折り紙つき。組成としてはポリエステル80%、ポリウレタン20%ですので自宅での洗濯も可能です。

ただし洗濯するごとに少しずつ毛羽立ちが出てきます。これを味と捉えるか劣化と捉えるかはあなた次第です。素材の特性として放熱・吸熱特性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かく、快適に着用できるのも魅力です。

素材だけではない着こなしやすさの秘密

ここまでは素材の“ウルトラスウェード”に着目して書いてきましたが、もちろん素材がいいだけでは素晴らしい服とは呼べません。細かなディテールにこそこの服の真価が表れています。

まずはそのカラーリング。鮮やかすぎないアイスブルーはこれからの季節にぴったりの爽やかさです。こちらでもウルトラスウェードの特性が発揮されており、落ち着いた発色なのでカラフルながら子供っぽくなりません。

次に細部に施された工夫です。広めに開いたネックは重たい印象になりがちなスウェード素材に抜け感をプラス。一枚で着たときは首もとを見せて涼しげな印象を出せますし、秋冬ならシャツをレイヤードしてもいいでしょう。

少し長めの袖丈はそのまま着ても落ち着いた印象になりますし、ロールアップしてもアクセントになります。ビッグシルエットのアイテムはのっぺりとした印象になりがちですが、胸ポケットがついていることで見た目に変化が生まれます。

実はサイド部分にもポケットがついており、携帯などの小さな荷物を入れたり、手を突っ込んだりすることができます。アウターを着ない季節にはこのポケットが意外と役に立つんですよね。

そして一番重要なのがシルエットです。スウェード素材のしなやかさを生かして、落ち感がありつつも体にフィットしすぎない絶妙なバランスになっています。裾のサイドにスリットがついているのも体のラインを隠しつつ、きれいなシルエットを作るのに一役買ってくれています。

私が購入したのは一番小さい1サイズのものですが、もともとビッグサイズに作られているためゆったりと着られます。身幅55cm、肩幅48cmと数字で見るとそれほど大きくは無いですが、身長170cmやや痩せ型の私ですこし肩が落ちるくらいのサイズ感です。もっと大きく着たい方はワンサイズアップでもいいですね。

これからの季節にこそ使える、大人のTシャツ!

これからの時期、暑くてTシャツ以外着たくない、でもどこか大人っぽさも欲しい。そんな悩みを解決してくれるのがこのアイテムです。

Tシャツのようなプルオーバータイプのアイテムなので気負わずさらっと着ることができますが、スウェード素材の質感により上品さもあるため夏コーデにありがちなカジュアルすぎるコーデになりにくいのです。

ウルトラスウェードの特徴を生かしつつ、しっかりとファッションに落とし込んだこのバランス感は唯一無二といっても過言ではないでしょう。昨年のアイテムですので新品を見つけることが難しくなっています。定価なら3万円(+税)と値が張りますが、古着でならある程度値段が落ちるため手が届くのではないでしょうか。

上品さとカジュアルさのバランスがとれた“portvel ウルトラスウェードプルオーバー”を着て、大人のTシャツコーデを作ってみませんか?

古着などで発見した際は是非試着してみてください。着心地のよさ、アイテムの完成度に驚きますよ!

※色違い、執筆時点で完売

 

 

 

Takuya Matsuda

この記事を書いた人

Takuya Matsuda

身長170cm 体重58kg 靴27cm

古着と新品のMIXが得意。 個性的だけどリアルクローズを目指して試行錯誤中。 最近、一念発起してアパレル業界に転職した。