プーマ×フセインチャラヤンのレザースニーカーはオンオフ使える優れもの

お洒落は足元からと言われるのは理由がある

誰しも聞いたことがある「お洒落は足元から」という格言。これはファッションロジックから考えても事実です。なぜなら、他人の目線は先端に集中します。足元は全体における先端なので当然、目立ちやすく人の視線に止まります。たとえば、欧米の高級ホテルやレストランでは、安物や汚れた靴を履いていると扱いがぞんざいになるとすら言われます。

また、優秀な営業マンの靴はピカピカということからも、足元の重要性を裏付けています。しかしだからといって常に革靴を履きましょうという提案ではありません。周囲とは差別化のできるスニーカーの紹介です。

ほとんど見かけないPUMAフセインチャラヤンのスニーカー

筆者は、プーマのフセインチャラヤンのスニーカーを履いている人を見たことがありません。フセインチャラヤンはセントマーチンズを卒業したデザイナーで、ロンドン・ファッション・デザイン・アウォードにて1位を獲得したこともある卓越した人物です。

そのフセインチャラヤンとプーマがコラボレートしたスニーカーなのですが、筆者は伊勢丹メンズ館に置いてあったのを見かけた程度で、販売店はおろか、履いている人すら見たことがありません。このようなスニーカーをチョイスすると、周囲とは大きな差別化につながると言っていいでしょう。

スニーカーもコーディネートの一部と考えるべし

しかしながら、「差別化=お洒落」は常にイコールではありません。誰も持っていない原色のスニーカーがすべておしゃれではないように、コーディネートがうまくいかないこともあります。スニーカー単体に惚れて買ってはみたものの、コレクションの一部になってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。あなたがスニーカーマニアでないのであれば、コーディネートに取り入れやすいスニーカーを購入すべきだと考えています。

渋く差別化ができる

このスニーカーは全体的にダークトーンで構成されています。さらにレザーとスウェードのコンビという大人顔です。靴紐もグレーで構成され細部までこだわりが見られます。靴単体でみても十分お洒落だとは思いますが、相当に実用的です。ダークトーンで主張も程よいスニーカーのためどんな服装にも合わせやすいといっていいでしょう。

会社によってはオンもオフも使えるか

形こそスニーカーでカジュアルですが、素材はレザーとスウェードのコンビなのでドレスライクです。コーディネートしやすい理由は、このドレスとカジュアルのバランスが取れているからです。筆者が勤めている会社は顧客に会う時以外はビジネスカジュアルが許されています。実際に社内で履いていても、服装にうるさい保守的な年配の方々から指摘を受けたこともありません。逆に20代の年下や同僚からは、羨ましがられるほどです。

サイズ選びですが筆者は普段26.5cmか27cmを履いています。靴のサイズは27cm(42)を購入してジャストでした。そのためジャストサイズか0.5cm分作りが小さい事を想定して購入するのといいと思います。

おしゃれで差別化できて、かつ、ビジネスカジュアルでも使えるスニーカーは、市場に滅多にないので、大変満足しています。価格は2万1000円(税込)。

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー48選!【2018】

2018.11.11

スニーカーのコーディネート集はこちらから↓

【15選】スニーカーを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.05.05
巴里夫(パリ夫)

この記事を書いた人

巴里夫(パリ夫)

身長180cm 体重69㎏ 靴27cm

休日2日しか私服を着る機会がないサラリーマン。そんな環境でもあまりお金をかけずにOffの日にお洒落をできる方法を探索中。