ドレスとストリートの見事な融合!アールエムギャングのベルベットパンツをレビュー

ファッションのトレンドは、シンプルなアイテム同士を合わせてカッコよく着こなす「ノームコア=究極の普通」から、デザイン・シルエット・素材・カラーに工夫をこらしたアイテムを取り入れて着こなす「着飾るオシャレ=装飾性」に移り変わろうとしています。それぞれのトレンドを一言で表現するのであれば、ノームコアはシンプルで大人っぽい、装飾性は遊び心といえます。

このトレンドの変革期を象徴する出来事として、ドレスでラクジュアリーなルイヴィトンとストリート界を牽引し続けているシュプリームのコラボが挙げられます。

この2つのブランドは、そもそもジャンルが全く異なるため、決して交わることのないブランドであったはずですが、このトレンドの変革期だからこそ、双方のジャンルのトップブランドが手を組むという、まさに今のトレンドを見事までに高めて形にした素晴らしいコラボといえます。

もちろん、この流れを素早くとらえて、コレクションアイテムに反映している日本のブランドも存在します。今回の記事では、上述したトレンドの流れを見事に表現しているアールエムギャングのベルベットパンツを筆者は手に入れましたのでご紹介させていただきます。

「高橋ラムダ」と「アールエムギャング」

アールエムギャング(R.M GANG)というブランドは、ファッション雑誌やパリコレクションのスタイリングを手掛けた経験を持つ「高橋ラムダ」という現役スタイリストが立ち上げたブランドで、今年の秋冬から始動しました。ブランド名の“R.M”はRebel Modanist(反逆的近代主義者)の略で、“現代のパンク”をイメージしているそうです。

高橋ラムダ氏自身が「今着たい」と思う全15型のアイテムを発表、しかも、全アイテムがワンサイズのワンカラー展開。デザイナー自身が着たいモノというだけあって、サイズ感も高橋ラムダ氏自身の体型を主軸に構成しているそうです。

全体的に、今のトレンドを組み込んで、オーバーサイズに作られているため、ワンサイズといいながらも、一般的な体格の方であれば十分に着られるアイテムが多いです。今を代表するスタイリストが手掛けるブランドは一見の価値があります!

ストリートな雰囲気を醸し出す独特なシルエット

今回の記事でご紹介するパンツは、上述したとおり、現在のトレンドの最先端であるドレスとストリートを融合させたアイテムとなっています。シルエットについては、ストリートな雰囲気を醸し出す独特な作りとなっています。

サイズ表記は「フリー」。詳細な寸法は、ウエスト:78cm、股上39.5cm、股下67cm、もも周り67cm、裾回り35cm。

シルエットで特徴的なのは、股上の深さ。こちらのパンツは股上がかなり深い作りとなっているため、着用時にルーズな印象が生まれます。そのルーズさが、やんちゃな、いわゆる、学生時代の不良のような雰囲気を生み出し、それがストリートならではのデンジャラスなイメージとマッチするのだと感じています。

側面からの写真からもわかるように、ヒップからもも周りにかけて、かなりゆったりとしたシルエットになっています。

さらに、ルーズな印象を加えるために、ワンタック(タック:ズボン前側にある生地を畳んだ部分)の仕様となっています。一般的なスラックスと比べてもかなり深めにタックが入っているため、腰回りも非常にゆったりした作りになっており、見た目にもルーズな印象が醸し出されています。

何気にポケットのデザインもあまりみない形でカッコいいのですよね。

さらに、パンツの裏地にはキュプラ100%のライナーが付いており、デザイン上、このライナーがパンツの裾からのぞくようなデザインになっています。表地とライナーのキュプラとの色のコントラストによって、コーディネートのアクセントとしても活躍してくれます。この「テキトーに生地を切って張り付けた」というデザインもストリート感がありますね。

美しいベルベットが上品で大人顔

今回のパンツの表地にはベルベット素材を使用。ベルベットとは、起毛された生地のことであり、光沢感があって非常に艶やかで美しいのが特徴です。

ベルベット素材の場合、綿やポリエステルとは違い、例えば同じ黒でも色味に深みがあります。この色の深みがアイテムに高級感を与えてくれます。また、ベルベットの艶によって、シンプルなデザインでも光の当たり具合によって、生地の見え方が異なってくるため、のっぺりとした地味な印象を払拭してくれる点もポイントです。

特に、このパンツについては、シルエットにストリートな印象を持つ要素が数多く組み込まれているため、高級感の漂うベルベットを使用することによってドレスな印象を確保しているといえます。このあたりのバランスの取り方が、トレンドの変革期を象徴していると筆者は感じています。

なお、ベルベット素材のアイテムは椅子に座ったりするなどの「擦れ」によって、ベルベットの持つ風合いが損なわれやすいデリケートな素材であること、また、ホコリなどが付くと非常に目立つことが挙げられます。

定期的にブラッシングなどを行ってホコリを落としたり、着用シーズンの終わりにはクリーニング等に出すなどの手入れが必要になりますので、取り扱いには少し注意することが大事です。

履き方次第で印象が変わる

今回ご紹介するパンツは履き方次第で印象を大きく変えることができます。写真の左側は、一般的な腰の位置でベルトを留めた状態です。ワンサイズで、股上が深く、また、165cmの筆者に対しては股下も十分に長いため、裾の先端部分ではクッションができており、見た目にも非常にルーズな印象に仕上がっています。

しかし、このルーズな印象を高級感の漂うベルベットの生地が緩和しており、ルーズなシルエットでありながらも、どこか「きちんとしている」感じを受けるのではないでしょうか。このあたりが、このパンツの凄みであると思います。

少し、話が逸れましたが、写真の左側は一般的な履き方になります。一方、写真の右側は、可能な限り、パンツを上げて、ベルトを限界まで締め上げて着用した時のイメージになります。ルーズなシルエットのパンツであるにもかかわらず、ものすごくモードで鋭い印象を受けるかと思います。

これが、このパンツの面白いところ!股上の深さとゆとりある腰回りによって、ハイウエストで着こなしても違和感なく、履くことができるのです。

メンズのハイウエストはあまり実践する人は少なく、また見た目も少しクセのある印象となるため、万人ウケするものではありませんが、人とは違う、少し尖がった着こなしをしたいという方には、このパンツは非常にオススメです。

トレンドを理解するとファッションがより楽しくなる

今のファッションのトレンドは、シンプルな着こなしのノームコアから、遊び心を取り入れた装飾性へと移り変わろうとしている変革期。このトレンドの流れを知っているだけで、買い物に行った際に市場に出回っているアイテムが、なぜ、このようなシルエットをしているのか、なぜこの素材を使用しているのか、何となくですが、その傾向がわかってくるように思います。

もちろん、そんなトレンドライクなアイテムを購入しなければオシャレになれないというわけではありません。トレンドを理解したうえで、それを自分の着こなしやスタイルに取り入れるかどうかを自分で決めていくことが大切であると筆者は感じています。

トレンドとうまく向き合うことで、よりファッションを楽しむことができると思います。そんな今期のトレンドを絶妙なバランスで表現したアールエムギャングのベルベットパンツ、価格は4万円(+税)。

かなり高額な分類にはなりますが、その金額分の価値を十分に持ち合わせているアイテムといえます。

おすすめカジュアルパンツのまとめはこちらから↓

【16選】メンズのおすすめカジュアルパンツ一挙レビュー!【必見】

2018.05.03