レイジブルーのブレードハットは格安で着こなしやすいおすすめハット

普段使いでハットを身に付けるとなると、少しハードルを感じてしまう人もすくなくありません。かくいう私もその一人でした。

しかし、ポイントを抑えてハットをコーデに取り入れることで、トップスやボトムスの選択肢を増やすことができるのです。今回は、ハットに手を出してみたいけど何を買えばよいのかわからない、といったかたに向けて使いまわしやすいおすすめアイテムと共にハットの魅力をお伝えしていきます。

コーデの選択肢を広げるハットの魅力

ハットの特徴といえば、その強いフォーマル感があげられます。相反するアイテムとしてはやんちゃな印象の強いベースボールキャップなどがそうです。

最初にハットに抵抗を感じるかたはその強いフォーマル感に自分から浮いたような印象を感じ、キメすぎになっているのではないだろうか、カッコつけすぎではないか、と思ってしまうものです。私もはじめはそう感じてなかなかハットには手を出せずにいました。

しかし、そのフォーマル感こそがハットの最大の魅力でもあるのです。もともと洋服をあまり意識せずに着ていると、ジーパンにTシャツなどアメカジライクなラフな印象になることがほとんどです。

そういったシンプルなコーデやカジュアルな印象のコーデにハットを加えることで、装飾性が増してお洒落度がアップしたりカジュアルさを抑えて綺麗目に見せたりすることができるのです。

しかしそうはいってもハットには様々な種類のものが存在し、初心者がコーデに取り入れやすいものとそうでないものがあります。それらの中でハットデビューの一歩目としてぜひ手に取っていただきたいものをご紹介していきます。

レイジブルー ブレードハット

ユニクロやザラなどのファストファッションに次いで低価格で商品を展開しているレイジブルー。そんなレイジブルーが非常に使い勝手の良いハットを販売しています。それがこちらのブレードハット。なんと2700円。セール時には1000円ほどにもなります。

ブレードとは編んだり組んだりしてひも状にしたもののことです。そしてブレードハットとはその名のとおりブレードを巻いていって形作られた帽子のことを指します。

ご覧のとおり表面の質感がザラザラしたものになっており、これがうまくハットのキメすぎ問題を中和してくれます。素材は綿89%、ポリエステル11%で生地のツヤ感やハリが強いほどフォーマルな印象は強くなるものであり、それに対してこちらのブレードのようにザラザラした質感やスウェット生地のようなマットな質感だとカジュアルダウンになるのです。

またハットの存在感が主張すればするほど着こなしにくさは増していくものです。つまりハットがつば広であればあるほど主張は強くなり、コーデに取り入れるには難易度が高くなっていきます。

その点、レイジブルーのブレードハットはつばが短めで非常に違和感なく身に付けることができます。

また、このつばにもキメすぎ感を緩和してくれる要素があるのです。ハットのつばが真っすぐピンとしていると、フォーマル感が強まりカッチリとした印象を与えるものです。

しかしこのブレードハットは上の画像のようにつばの形をある程度自由に変形させることができます。これが柔らかな印象を与え、さらに身に付けやすさをアップさせているのです。

つばの形を変えたいときには上の画像のように指でグニュグニュと曲げてあげれば自然と定着します。私は去年からこのハットを愛用していますが、このような使い方をしても変にボロボロになることはありません。

さらに、ブレードハットという特徴からブラックであれば春夏秋と3シーズン活躍させることができます。秋の終盤から冬にかけてはさすがに寒々しいので使用は春先まで控えておきましょう。

またこちらの製品はフリーサイズになっているのですが、裏にサイズを調節するひもがついており、これをいじることで好みの着用感にすることができるのです。私は風が強い日などは少しきつめにして頭にフィットするようにしています。

ブレードハットを使用した着こなし

ブレードハットが身に付けやすいアイテムとはいっても、ハットはやはりフォーマルな印象を与えるもの。Tシャツに黒のボトムスのようなシンプルなコーデに合わせてもうまく雰囲気を引き締めてくれてサマになります。

しかし今回は全体のコーデに遊び心をもたせ、うまく雰囲気を引き締めるためにハットを使用しました。上のコーデなどはボトムスがヨージヤマモトのボトムスでかなり特徴的な形をしており、ロゴ入りのソックスやサンダルなどかなりアイテムそのもので遊んでいます。

ここにハットを加えることで少し冒険したコーデでも落ち着いた印象に寄せてくれるのです。もちろん遊びすぎには注意しなければならす、色使いに関してはダークトーンで彩度を抑えてあります。

また、私の大好きなアスレジャーコーデにもハットを取り入れることが出来ます。アスレジャーが分からないかたは以前の記事に目を通してみてください。https://fuku-labo.com/nikenike-tech-fleece-jogger-pant

アスレジャーファッションはスポーティな印象が強く、街着として着るにはやんちゃで子供っぽい印象が強くなってしまいがちです。その印象をハットのフォーマル要素でうまく綺麗めに寄せることで緩和させることができるのです。

こちらのブレードハットは値段も2700円、セール時には1000円ほどで販売しており、買って損をするアイテムではありません。その値段を超えてありあまる使い勝手の良さを感じさせる製品なので、ハットに興味のあるかたはぜひ手に取ってみてください。

zi-ma

この記事を書いた人

zi-ma

身長179cm、体重75kg、靴28cm。

パーソナルトレーナーや読者モデルの経験を生かし、カッコよい体と服について情報を配信中。 好印象を与えられるような実用性の高いファッションを重要視している。