急な土砂降りでも安心なドレスシューズ、レインファブスのプルーヴォをレビュー

「女心と秋の空」ともいうように、急な雷雨に襲われる日も少なくない時期です。そんな秋ですが、ファッションに好きにおいて、最大の敵の一つなのが「雨」だといっても過言ではないでしょう。

雨の日には、特に革靴なんかはダメにしてしまう危険性もあり、履いていられないですよね。今回は、そんな雨の日でも革靴のように履けるレインシューズを発見しましたのでご紹介します。

長靴でも、ドレスライクなチャッカブーツ

レインファブスとは、憂鬱な雨の日を足元から快適にというコンセプトのもとに2014年から始まったブランドです。ビームスなどで時おり取り扱いがありますが、まだまだ店舗には並んでいない印象があります。

しかし、ビギンなどの雑誌で取り上げられるなど、少しずつ注目を集めているブランドなのは間違いありません。今回紹介するのはチャッカブーツです。商品名は「PLUBO/プルーヴォ」。

チャッカブーツは、サイドゴアやジップアップのように紐がないタイプではなく、プレーントゥのように紐で結ぶタイプのブーツです。それらに比べると、このチャッカブーツはスポーツ用として作られたというのが通説なため、少しだけカジュアルライク。

冠婚葬祭のような場面での着用は敬遠されることの多い靴です。しかし、それはあくまでもフォーマルなシーンの話。普通の革靴よりもカジュアルダウンしていると考えれば、普段に取り入れやすいという強みでもあります。

また、一般的に流通しているレインシューズといえば、いわゆる長靴であったりすることが多いとおもいます。

(参考/一般的なレインシューズのイメージ)

http://urx.red/Gb6J

こうした長靴型のレインシューズの場合、どうしてもカジュアルになってしまってコーディネートするのが難しい。そこで、チャッカブーツがオススメなんです。

レインシューズの場合、素材は本革ではなく塩化ビニル(PVC)。そのため、伸縮性に乏しく、デザインのために履き口を狭くしてしまうと履けなくなる、と言った問題に陥ってしまいます。ですが、このレインブーツはチャッカ型なので紐で履き口を狭くすることが可能なんです。

ギャル男にならない、程よいスマートさ

また、こうしたブーツを選ぶ際、つま先(トゥ)が細すぎてしまうとビジネス専用となってしまい、普段で使うとどうしてもトゥー・マッチになってしまいます。逆に、丸過ぎればカジュアルすぎて子供っぽく、せっかくのドレス感が消えてしまいます。

しかし、このプルーヴォは程よい丸み。そのためビジネスでも問題なく使え、普段にもドレス要素を付け足せる、ちょうどいい形になっています。

このように、尖りすぎず丸すぎないドレスとカジュアルのハイブリット感があるからこそ、違和感なくどのような服装にも馴染むでしょう。この先が長ければ長いほど、ロングノーズとも言われるように足長効果が生まれるのですが、普段着に合わせるのはなかなか難しいです。

ギャル男やホストっぽくなってしまって、キメすぎになってしまわない革靴というのはなかなかありそうで、探しにくいですしね。

まるで本革。そして驚異の耐久性を持ったPVCは最強

素材についてです。通常のドレスシューズは本革、もしくは合皮が使われていますが、これはPVC、つまり塩化ビニール製です。このPVCのメリットとして経年劣化しにくいということでしょう。

しかし、逆にうと革靴の楽しみともいうべき「育てる」という行為が存在しません。変化しないということなので、当然といえば当然ですが。つまり通常であれば、履きジワなどもつかない、ということになります。

しかし、このレインファブスのシューズは一味違います。職人が革靴のシワを研究し、型取り前の製品を一ヶ月は着込む事で自然な着用感をリアルにつけてから製造へ至っているんです。

また、この履きジワだけではなく、ステッチを本物ではなくフェイクにすることによって、雨を入れない構造にし、デザインと機能性のバランスをとっています。これは、ソールもダイナイトソールにすることで、滑りにくさと雨への耐久性の向上を図っていることからも伺えます。

敵は本能寺にあり!? ○で靴の中に水が……?

ただこのシューズ、一つだけ欠点があります。雨の侵入を防ぐ構造にした結果、非常に蒸れやすいということ。これは公式サイトにも注意書きされています。人の足裏は一日にコップ一杯分の汗をかくと某CMでも言われている通り、発汗によって体温調整をしています。

そのため、密閉構造を取る靴を履いてしまうと、その汗の揮発によって靴内部が群れてしまうんです。ソールも抗菌仕様なので水虫対策などはされているのでしょうが、それでも蒸れることは蒸れます。なので、蒸れを抑えるインソールなどを入れると快適に過ごせるでしょう。

サイズ感はコンバースオールスターを27.5㎝で履く筆者にとって、28㎝を選んだところ少し大きく感じました。サイズが1センチ刻みなのも欠点かもしれません。公式サイトによるとワイズ(幅)はEですので、幅広の方は少しサイズをあげて、そうでない方は下げて履くのがオススメです。

ドレスとカジュアル、おしゃれと機能性のいいとこ取りなニクい奴

このように、少しクセもありますが、基本的にはビジネスもカジュアルも行けて、雨にも強いというハイスペックなシューズとなっています。また、価格も本革ではないため1万800円(税込)と比較的手頃なものではないでしょうか。

こんな風に、カジュアルなキャメルのブルゾンと合わせたとしてもドレス感を崩すことなくバランスがとれ、黒スキニーと合わせれば脚長効果もあって使いやすいですよ。当然、スーツにも映えますので、雨の日のビジネスシューズをお探しのメンズにもオススメです。

レインファブスにはレディースの展開もありますので、雨の日用の靴をお探しの女性も一見の価値ありですよ!

haya

この記事を書いた人

haya

身長174cm 体重67kg 靴27.5cm

哲学を纏って街を歩きたい、ただの北の大学院生。24歳。 何のためにオシャレをするのかという命題を抱きながら、ファッションの意義を考え始めました。 革靴好きの読書家。 Instagramも始めました。

instagram