服ログ2018年秋冬アイテム「クラストレザーリュック」の詳細を公開!

【MB氏監修】圧倒的なコスパを誇るクラストレザーリュックを発売

中間マージンをとことん省いて圧倒的なコスパを実現した「Re:(アールイー)」から「ハイクオリティなベーシック」をテーマにしたレザーリュックが発売されます。

リュックは老若男女が使うド定番アイテムなので市場にもあふれかえっています。形のキレイな無印良品、耐久性に優れたコーデュラナイロンを使っているにもかかわらず安価なユニクロ、流行のPVCを使ったトレンドフルなリュックなど枚挙にいとまがありません。

しかし、レザーリュックとなると話は別です。カバンに比べてパーツが多く、作業工程も複雑で素材も高価なためコストがかかります。安易に作ることができないので、当然、コレクションブランドでは数十万円するのが普通で、国内ブランドであっても4~5万円するのが現状です。今回はRe:は、そんな常識を覆します。

まずは、本革であるクラストレザーを使用。なめした革をごく少量のオイルを加えて乾燥させるので、皮革本来の味わいが堪能できます。油分が少ないため、エイジングをじっくり楽しむことができます。

サイズは、13㎝×27㎝×42㎝と一般的なリュックに比べて小ぶりに仕上げてあります。サンローランの定番リュックのフォルムをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。メインの前ポケットは5.5㎝×23㎝×15㎝。こちらもあえて小ぶりにすることで、シルエットの美しさを優先させました。

収納は、両サイドにポケットと、なかにも内ポケット(17㎝×15㎝)を一つ設けてあるので、長財布やスマホ、鍵といったデイリーで持ち歩くものの収納に困ることはないでしょう。

側面から見ると、YKK社製のジップが斜めにラウンドするように取り付けられています。これによって鋭利な印象となり、リュックの野暮ったさは霧消しています。

また背面はメッシュ加工にすることで夏場でも蒸れることはなく、軽量化に貢献しています。ショルダーは細めのナイロンストラップを採用することで背負ったときに、服に干渉することを可能な限り避けることができます。とことんシルエットにこだわったアイテムといっていいでしょう。

このクオリティのものをこの値段で販売できるのは、繰り返しになりますが、中間マージンを可能な限り省いているからです。ネットで集客してネットで直売するので、コストは商品原価と販売手数料(5%)と、我々の利益を少し頂戴しているだけです。店舗もなければ販売員もいないので、人件費、家賃はもちろん、卸売りの費用や広告費なども一切価格に入っていません。……時代は変わっているのです。

▼MBコメント

レザー素材のリュックは意外にも市場に良いものが少ない。良品でもやたらと値段が高かったり、かといって値段の安いものは馬革などの安っぽすぎる印象だったり。今回はなるべく買いやすい価格でなるべく高見えするレザーリュックを作りました。

私自身ハイブランドのレザーリュックを愛用しており「リュックだけど子供っぽく見えない」絶妙なバランスが使いやすく重宝しています。スーツに合わせてもギリギリ許されるようなフォーマルなリュック。そんなテーマで作りました。これはもう普通のナイロンのバックパックやリュックとは「別物」ですよ。

素材/表地・牛革 裏地・ポリエステル100% ショルダーストラップ・ナイロン100%

価格/17280円(税込)

お届け時期/12月下旬

同日販売!服ログアイテム「ペアソックス」の詳細はこちらから↓

服ログ2018年秋冬アイテム「ペアソックス」の詳細を公開!

2018.11.13

同日販売!服ログアイテム「ペアソックス」の詳細はこちらから↓

服ログ2018年秋冬アイテム「3WAYジャーマントレーナー」の詳細を公開!

2018.11.19