【37選】GUメンズおすすめアイテム総まとめレビュー【2018】

ファストファッションと言われる低価格ブランドのクオリティが上がっていることは周知の事実です。もはや靴まで揃えた全身コーデで十分オシャレに見え、それがアンダ−1万円なんて当たり前の時代。その中でも、以前と比較しアイテムの成長が著しいのがGUです。

ユニクロがベーシック重視であるならばGUはトレンド重視。”今”使いたいアイテムが目白押しです。

今回はそんなGUのアイテムを実際に購入し、レビューした記事をまとめてご紹介。

そして最後にはあのMB氏のGUアイテムレビューもご紹介。MB氏大絶賛のアイテムになっております。こちらも必見です。

Contents

GU / 中綿ダウン

初めてのダウンベストでいいなーと思ったものは値段が張るものが多く、ダウンベストをうまく着こなせるか不安があり、購入に至らずにいました。そこで、気軽に試せる最高のコスパの「ベスト」を紹介します。

中綿にポリエステルを使用することにより、驚きの価格を実現しています。中綿部分なので、見た目はダウンベストと全く同じです。

ダウン素材は軽くて暖かいですが、ダウンはお値段がするものも多いです。自分の場合もそうですが、初めてベストにチャレンジする場合、今後もダウンベストをうまく着回せるが若干の不安があります。まずは、お手軽がこの製品でベストの着こなしにチャレンジしてみてはいががでしょうか。

ちなみに今回ご紹介した製品のお値段は2990+税)。素材は、表地:ポリエステル100%、中綿:ポリエステル100%、裏地:ポリエステル100%です。着心地も良いのでこれから寒くなってくる時期も大活躍してくれそうな予感です。

より詳しいレビューはこちらから↓

ダウンと区別がつかないGUの中綿ベストがオススメ

2017.11.05

GU / ニットジャケットCL

このGUニットジャケットは2990(+税)であるにも関わらず高級感があります。高級感を演出しているのがラペルと呼ばれる襟の部分。ここがペラペラだったりシワがあると目立つ部分だけに安っぽく見えますが、厚みのあるニット素材によりしっかりとした印象です。

ニット素材のジャケットなのでキメ過ぎた印象はなく、かと言ってだらしない印象はありません。素材も綿50%、ポリエステル45%、ポリウレタン5%で、手触りは柔らかく、ワッフルのような形状で馴染みがよいです。ペラペラにならない程よく硬い素材です。

ニットで気になるチクチクや特有の匂いは皆無。Mサイズで着丈67.5cm、肩幅43cm、身幅51cm、袖丈60.5cmです。ある程度余裕のあるサイズ感とニット素材ですのでサイズ選びで困ることはないでしょう。カラーはブラック、ブルー、ネイビー、ダークグレーの4色展開。

カーディガン以上テーラードジャケット未満の存在で、素晴らしく着まわしの効くニットジャケットです。

より詳しいレビューはこちらから↓

3000円なのに高級感のあるGUのニットジャケットが凄い

2017.09.20

GU / コーデュロイジャケットCL

素材は綿98%・ポリウレタン2%となっています。2%のポリウレタンのお陰でジャケットにストレッチ性が加わり、着心地が快適になります。また、裏地もしっかりついているためこれからの寒くなる季節にとても重宝します。

素材はポリエステル100%です。ボタンに使われている素材はプラスチックなのですが、貝ボタンに見えるようなデザインが入っており、チープな印象はありません。

ポケットにはワークコートのように蓋の付いていないポケットが使われているため、ジャケットのカッチリとした印象を和らげ、普段着に落とし込みやすくしているのです。また、腰部分に程よいシェイプ(絞り)が入っているため足を長く見せる効果もあります。

サイズはジャストサイズまたはワンサイズダウンでタイトなサイズ感で着用しましょう。また、カラーはボタンと色味の差が少ないダークトーンのダークブラウン、ネイビー、ブラックの中から選ぶことをおすすめします。ボタンとの色の差が少ないことでプラスッチクボタンのチープ感が払拭されます。

ちなみ、同じ素材でトラウザーパンツが出ているのでセットアップでの着用もおすすめです。簡単におしゃれに見せることができます。4990円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

5000円で買える細部に拘ったGUのコーデュロイジャケットはやっぱり安い

2017.11.09

GU / シェルパーカ

ハードとソフトがあり今回の商品はソフトシェル。特徴は防水性はやや低く通気性や伸縮性があり動きやすいです。大雨の日は完全防水ではないため濡れてしまいますが、防風性保温性に優れているため肌寒い夜の着用にとても使えます。

また画像から見て分かりますが襟が高く首までしっかり覆えるので機能面だけでなく顔近くに服があるとない時よりも小顔効果が期待でき体型をキレイに見せられるメリットがあります。

重量400gと非常に軽く柔らかい素材のため折りたたんでしまえばバッグで持ち運べるので真夏、真冬以外の1年中使用可能で豊富なカラーバリエーションとサイズ、1990円(+税)と圧倒的コスパのこの商品。

ネットではサイズ欠けが起きていて欲しいサイズがないかもしれませんが店舗に在庫がある場合もありますので実際に足を運んで試着して見ていただきたいです。実際に試着してこの値段だったら買う気なくてもついつい購入してしまうかと思います。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUシェルパーカは気温調整が難しい時期のマストバイ

2017.11.02

GU / スイングトップ

ユニクロ以上のお手頃価格にもかかわらず、ますますクオリティが向上しているGU。その中でも特に驚かされたのが、今回ご紹介する「スイングトップ」。2017年春夏のアイテムですが、価格のわりにやけにクオリティが高い良品です。

生地はマットな質感で、雰囲気が出ています。目が細く、上品な艶感があります。生地の素材は、ポリエステル68%、綿32%。リブ部分はポリエステル97%ポリウレタン3%になります。滑らかで肌触りなども悪くありません。家庭での洗濯も可能です。

生地も素晴らしいですが、「ボタン」も水牛ボタンっぽく見えるように加工がされており、安っぽくありません。

シルエットは、現代的にスリムになっています。サイズ感については、私は普段アウターはMサイズのことが多いですが、これもMサイズでジャストでした。

この他に、記事では「デザイン」や「着こなし」などについても解説しています。価格は3990円(+税)。低価格ながら、クオリティが高く、きちんと雰囲気も出せている良品。来年の春夏にも是非リリースしてほしいですね。

より詳しいレビューはこちらから↓

バラクータの価格の10分の1以下で買えるコスパ抜群のGUスウィングトップ

2017.10.16

GU / ボアフリースフルジップジャケット(長袖)

デザインは「パタゴニア クラシックレトロXジャケット」とかなり似ています。首元襟と胸元のポケットのデザインはほとんど同じで、メインボディがポリエステル100%で、ポケットと襟の切替部分はナイロン100%となっている点も同じです。

ファスナーは裏返してつけられており、持ち手部分も黒で統一するなど極力目立たないようにすることでミニマルな印象となり安っぽく見えません。(ブラックカラーの場合)また、腰ポケットは八の字につけられており物が出し入れしやすくなっています。

やはり、パタゴニアの10分の1という価格設定のため機能面ではパタゴニアに劣りますが、都内の気候だとパタゴニアの機能性はほとんど必要なく、街着としてならGUで十分です。

カラーはブラックがおすすめです。ジップの持ち手部分がブラックのため、ブラック以外のカラーを選ぶとジップ持ち手部分が目立ってしまいます。ジップ持ち手部分はそこまでしっかりと作られていないため目立ってしまうとアイテム自体が安っぽく見えてしまいます。よって、ジップ持ち手部分が目立たないブラックがおすすめです。

筆者(176cm/67kg)はジャストサイズのLサイズで着用しています。Lサイズの実寸は着丈73cm,肩幅45.5cm,身幅56cm,袖丈62.5cmです。2490円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

まるでパタゴニア?パタゴニアの10分1の値段で買えるGUのボアフリースフルジップジャケット

2017.10.15

GU / ブロードビッグシャツ長袖

商品名の通り、ビッグシルエットを作るのに特化したシャツです。肩幅、身幅、着丈の部分が通常より2サイズほど大きく、ボディはゆったり目でありながらも袖口が細くなっているので、ルーズには見えないのが特徴です。

ですから羽織るだけで楽に綺麗なビッグシルエットが作れて、コーデの幅が広がります。コットン100%、ブロード素材なのでツヤ感がありドレスライクに使えます。着用感はサラサラしており、薄手でドライな質感です。

蒸れることが少ないので、夏はもちろん秋口まで着ることができます。洗濯してもシワシワになりすぎないので、私の場合はいつもノーアイロンで着用しています。乾かしてそのまま着ることができるのでとても楽です。

気になる場合のみ、袖口や襟だけでもサッとアイロンをかければOKです。このシャツは値下げ時で990円(+税)。羽織るだけで流行りのビッグシルエットが楽に作れてこの価格はコスパ抜群です。

この価格なら気兼ねなく色違いをいくつか揃えられますね。私はブルーとブラックを愛用しています。

より詳しいレビューはこちらから↓

羽織るだけで簡単にビッグシルエットが作れるGUのブロードビッグシャツ

2017.10.04

GU / メリノブレンドタートルネックセーター

今回ご紹介するのは、GUの無地のタートルネックセーターです。ただ、この商品には類似品として、このジャンルの偉大なる先駆者、ユニクロで2990円(+税)の「エクストラファインメリノタートルネックセーター」この1000円の違いが、品質にも反映されているのかどうか。また、反映されているとしたらどこなのか。

生地について。ユニクロのものはキメが細かく、光沢のある美しい風合いが魅力。一方、GUのものに使われている生地は、「メリノブレンド」の名の通り、メリノウール46%とポリエステル54%を“ブレンド”したもの。

2つの生地を並べて触ってみると、差は「歴然」とまでは言わないまでも「まあわかる」レベルには違います。ただ、最初に手に取るのがGUのものを手に取ったら、特に抵抗なく着られそうです。見た目の印象もほぼ違いません。そして洗濯機でふつうに洗濯できるのは便利です。

デザインはベーシックな形ではありますが、先端の襟、袖、裾のリブが若干強めです。サイズ感はGUもユニクロもほぼ同じ。ただ、いずれも細部に微妙な違いはあり、気になる方には気になるかもしれません。詳細は記事本編でご確認ください。

カラーは6色展開。いずれも発色が良いです。筆者は特に、DARK GREENとDARK BROWNが素晴らしいと感じました。

ユニクロのニットを既にお持ちであれば敢えて手に取る必要はないかもしれませんが、この手のニットのエントリーとして、また常用する際の多色買い・複数買いにはうってつけのアイテムと言えそうです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU「メリノブレンドタートルネックセーター」はユニクロのエクストラファインメリノを超えるか?

2017.10.28

GU / ブークレニット

GUの秋冬の新作ニットのブークレクルーネックセーター(長袖)です。このニットはメンズのニットでは珍しくブークレという編み方で毛が輪っか状になっています。編み方もゆるめでとても柔らかいです。

購入したカラーは08 DARK GRAYです。こちらは黒、グレー、白の3種の色の糸で編まれています。色味でムラがでるので更に脱地味を後押ししてくれます。

モノトーンなので、それほど奇抜には見えないです。素材はアクリル82%、ポリエステル18%です。編み方が緩くて風をとても通しやすいのでトップスに1枚で着てしまうと少し寒いです。

シルエットはかなりゆったりめです。上半身を大きめにして下半身をフィットさせる、Yラインのシルエットを作ることを目的にLサイズを購入しました。着丈が実寸で70cm、174cmの筆者で上半身がギリギリ隠れるかどうかぐらいの長さ、肩幅59cm、袖丈が58cmで手の甲が隠れるくらいの長さがあります。

GUの公式ページのサイズより数cm長くなってます。筆者がやや乱暴に扱ってしまったので伸びた可能性があります。デザイン的にはオーソドックスな丸首のセーターです。

サイズが大きめで編み方に特徴があるので、シンプルなスキニーやテーパードパンツと合わせると使いやすいニットになります。1990円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

編み方が特徴的なブークレニットもGUなら1990円で買える

2017.11.19

GU / ウールライクトラウザー

GUのウールライクトラウザーは、オフィスカジュアルに最適です。スーツのパンツは日常着のため、ややゆったりめにできています。しかし、このスラックスはスーツとは違い渡りから裾にかけてテーパードが効いているため、とてもすっきりした印象に見えます。

また、ポリエステル65%・レーヨン33%・ポリウレタン2%とウールを模した生地で薄すぎず、起毛感のある柔らかな素材を使用してあり、秋・冬・春と3シーズン使えます。

しかも家で洗濯できるので、お尻の辺りがテカテカになってしまい、慌ててクリーニング屋にもっていく……ということもありません。柄はトラディショナルなグレンチェックなので、上品な雰囲気にもなります。

172cmで70kgの私はMサイズを購入しました。お腹周りはピッタリでしたが裾がかなり余ったため、お直しをお願いしました。裾はまつり縫いなので、仕上がりが翌日になり、補正代300円がかかります。そこがやや難点ですが、1990円(+税)という値段を考えれば、コスパ最強です。

より詳しいレビューはこちらから↓

グレンチェックのスラックスならGUのウールライクトラウザーがコスパ最強

2017.11.15

GU / ダービーシューズ

2490円(+税)の、GUのダービーシューズの特徴をお話しします。まずは「デザイン」から。シンプルなプレーントゥの外羽根型になっています。これは、ストレートチップの内羽根型よりもややカジュアルなデザインとされており、私服向きです。

トゥはラウンド型。ラウンド型の革靴は、昔ながらのクラシカルな印象を与えます。ジーユーのラウンドトゥは、、他の革靴と比べるとトゥがより短く、甲が低いです。これがなかなか可愛く見えてきます。

素材感ですが、正直、表側よりスエードの方が本革の再現度が高いです。ですが、表革であっても、使い込んでくると違和感のあるテカリも抑えられて本革ライクな見た目になります。

難があるのが、靴紐です。購入時から毛羽立ちが激しい状態でした。プレーンでシンプルな革靴だからこそ、靴紐は意外と目立ちます。市販の「ロウ引き紐」に変えると、安見えしなくなります(写真は靴紐変更後)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU「ダービーシューズ」は革靴好きも認めるシルエット!2万円の革靴に見せる裏技も

2017.10.12

GU / ローファー

このローファー、まず見た目に限って言えば、驚異的とも言うべき出来の良さです。まず生地について。表面はスエード風の仕立てです。スエードとは、本革の裏を毛羽たせたものですが、このローファーでは、合成皮革でその風合いを再現しています。

続いてデザインについて。このローファーは実にシンプルかつスタンダードな作りです。おもしろいのは、アッパー部分の飾り帯の両脇を留める部分が「ビーフロール」と呼ばれるデザインになっている点。実際は単にステッチをそれっぽくしただけのフェイクなのですが、遠目には本物っぽさを演出しています。

一方で、トゥ(先端)の底面の樹脂部分が少しはみ出していて、これがチープに見えてしまうのですが、じっと見られない限りはわからないでしょうし、機能的には致し方ないところでしょう。

履き心地はあまりよろしくありませんが、「そういうもの」と割り切って履いている内に、さして気にならなくなります。むしろ注意すべきはサイズ選び。やや大きめの作りです。筆者は普段、靴を27.0cmまたは27.5cmで履くことが多いのですが、このローファーは26.0cmがほぼジャストでした。

発売当初は4色展開だったこのローファー、公式サイトでは2017年11月14日現在、残りがGU表記で「32 BEIGE」1色となってしまっています。

店頭に行くと、かなり数は減ってはいるものの、他の色もちらほら残っている模様。是非、店にも足を運んでいただければと思います。2490円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

更に進化したGUのローファー(2490円)を過去モデルと比較してみた

2017.11.19

GU / サイドゴアブーツ

デザインは細くすっきりとした印象のブーツです。つま先が尖り過ぎず、かと言って丸過ぎないので、ドレスブーツとしてとても使い勝手が良いです。素材はフェイクスエードながらも、遠目からはもちろん、触ってみても本物かフェイクか分からないくらいのものです。

安っぽい、いかにも偽物という印象はまったくありません。ただ、フェイクスエードだけに、履いているうちに伸びてきて足の形に合うということがありません。履き心地もあまりよくなく、雨にも弱いのがやや弱点ではあります。

しかしながら、このデザインと素材で1990円(+税)は格安中の格安です。2017年11月現在では完売状態ですが、再販されたら、ぜひ手に取って見て欲しいアイテムです。

ダウンジャケットやミリタリージャケットなど、カジュアルなアウターを上手に着こなしたい冬の時期に、ドレス寄りにバランスをとるための強い味方となること間違いなしです。

より詳しいレビューはこちらから↓

1990円で買えるGUフェイクレザーシューズはコスパ最強

2017.11.27

GU / カシミヤタッチストール(チェック)

寒い季節に必要となるのはストール等の小物です。そこでオススメなのがGUのカシミヤタッチストール(チェック)レディース用です。

なぜ、レディース用のストールを紹介するかというと、大判ストールだからです。

大判ストールは首回りにボリュームがあると、顔との対比効果で小顔に見えます。大判ストールのいいところは小顔効果と防寒性がよく暖かいというところです。

メンズ用では幅が狭いストールが多く、大判ストールがなかなかないので、レディース用をオススメします。

カシミヤタッチストールはカシミヤタッチという名の通り素材はカシミヤではなく、素材はアクリル100%です。

GUのカシミヤタッチストールはカシミヤ素材に似せて作られていて、カシミヤと比較しても同様な滑らかさと軽さがあり、アクリルの安っぽい生地のようには見えないつくりとなっています。

カシミヤタッチストールはアクリル100%の素材ですが、カシミヤのような感じがあり、価格は1490円とかなり安くコスパ最強のストールと言えるでしょう。

より詳しいレビューはこちらから↓

1500円で買える「ほぼカシミヤ」のGUカシミヤタッチストールが凄い

2017.10.25

GU / クラッチバック

GUのクラッチバックです。GUでは新しい型のものが発売されていますが、こちらは以前発売されたもの。2017年8月8日現在で値段はなんと390円(+税)です!!!クラッチバッグがこの値段で手に入るなんて、驚きですよね!

デザインはいたってシンプル。ポケットが中と外の2ヶ所についていて、小物を入れたりするのには便利です。シルエットは他のクラッチに比べて横が短いです。GUバレするかも… でも、財布と携帯だけ持ち歩くような場合であれば、サイズ的には十分です。

素材は合皮ですが、GUの合皮はかなりのハイレベルなので、合皮であることが気になりません。なので、コスパ的には優れています!初めてクラッチを買う方には使いやすいのではないでしょうか。

色も黒と紺と茶の3色。私は使い回しの良さから黒を購入しました。ただ一つ、スルメのような臭いがします。気になる方は店頭でご確認下さい。消臭剤などを使えば気にはならないと思いますが… とにかくコスパは最高なので、買って損はありません! 

クラッチバッグまとめはこちらから↓

【26選】メンズクラッチバッグをレビュー!人気ブランド勢揃い【2018】

2018.03.30

GU / ソックスベルテッドスリッポン

このスリッポン、ただのスリッポンじゃありません。デザインがユニークで面白いです。なんとショートソックスにサンダルを履いたように見える外見になっています。

さらに機能も優れています。クッション性が高い履き心地と、快適な着用感、飽きのこないシンプルなデザイン、どのコーデにもオールラウンドに使いまわせるカラーとシルエット、そして価格の安さ、どれをとっても高得点のアイテムです。

ブラックカラーは、本体もソールも同色のブラックでシンプルです。毎日履いても飽きにくいのがいいですね。逆に、他のカラーはとてもユニーク。全部で5色展開です。グレーなんかは本当にソックスにサンダル履いているように見えるのです。

オレンジもコーデの合わせによっては面白く活用できますね。履き心地は抜群にいいです。足首のゴムと、ベルトの部分が足をしっかりとホールドしてくれます。クッション性も高く、歩いていて痛いということはありません。通気性にも優れていて蒸れはあまり感じません。

靴下を履いても素足でもどちらでもいけます。かかとの部分はベロア素材で補強されています。のっぺりとした生地ではなく、装飾性がさりげなく盛り込まれているのがオシャレですね。筆者はもう1足買う予定です。2490円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのソックスベルテッドスリッポンは快適すぎる履き心地!ユニクロユースリッポンとの違いとは?

2018.02.25

GU / サコッシュ

トレンドのサコッシュがGUからも発売。1490円(+税)と安価ながらも、素材はアウトドア製品でよく使われるCORDURAを使用。軽量で耐久性に優れた機能的なバッグとなっています。

収納力もバッチリで、メイン収納・外側のサブ収納の2つがあります。メイン収納の中にはポケットが1つ。財布・携帯・モバイルバッテリーなど男性が普段持ち歩く程度の物はストレスなく入ります。ただし入れすぎはフォルムを崩すのでNG。

ストラップは長さ調整の範囲が広く体型に合わせて使えるが、ヨレやすくストラップそのものは難あり。アウターの中に身につけるなど、「隠す」工夫が必要になってきます。

赤・黒・オリーブ・ネイビーの4色展開。赤はオンラインサイトの色味がイマイチなのでぜひ実物を見ていただきたい。コーディネートに合わせて色違いでの購入もオススメ。

オンラインでは在庫が少ない色もあり、GUは商品の移り変わりが速く在庫の復活も少ないので、気になる人は早めのご購入をお勧めします。

より詳しいレビューはこちらから↓

1500円で買えるGUのサコッシュはコスパと実用性バッチリ!

2017.10.14

GU / ムートンタッチフライトジャケット

着回しのしやすいブラックカラーがオススメのGU、ムートンタッチフライトジャケット。ボア+フェイクレザーにより高い防風性・防寒性があり、スッキリしたシルエットも相まって、1枚でサマになる良品。

ただフェイクレザーの印象を強めるテカリと硬い素材感が難点。しかし、これらは使い込むほどに改善されていきます。使用感によりシワがテカリを弱め、クセづけされて着心地もよくなっていきます。最初の着心地で選択肢から外すのはもったいないアイテム。

ボアの毛が抜けやすいので、その点は要注意。下に着込むものとの相性は出かける前にチェックしたほうがいいでしょう。手洗い推奨ですが洗濯機にかけても問題なくしようできました。自宅洗いOKと割り切り、フェイクレザーゆえのメンテアンスフリーの強みをいかしガンガン着てほしいアイテムです。

より詳しいレビューはこちらから↓

2990円で買えるGUのムートンタッチフライトジャケットは使い込むほどに味が出る

2018.02.27

GU / ニットフリースパーカ

 

パーカーはカジュアル着ですが、素材やデザインに工夫があれば大人っぽく着こなすことができるアイテムです。GUのニットフリースパーカーは、パーカーの時として不要に思われていたデザインや仕様を大胆に排除することで大人が着られる一枚をつくりました。

それが、首元のヒモと前面にあるポケットです。服において「機能的に不要」なものや、「目立ちすぎる」デザインは子供っぽい印象を与えてしまいます。この要素をGUのニットフリースパーカーはなくすことでドレスライクな印象に仕上げたのです。

また、表地はニットの縫製になっていて、裏地はフリースです。ポリエステルの細い化学繊維で作られているためハリ感が強く、シワがでません。その分ツヤもより生み出しています。

洗濯はクリーニングネットを使用して洗濯機で洗いましょう。洗濯後はけっこう早く乾く印象ですが、毛玉ができやすいのが残念な点です。1490円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのニットフリースパーカは子供っぽさゼロで大人向けの1枚

2018.02.21

GU / タックハイネックセーター(長袖)

GUの定番アイテムのひとつ、990円ニットのタックハイネックセーターです。やや薄手の春用ニットですが、寒い時期にはコートのインナーに使えます。モノトーンが多くなりがちな冬のコーディネートの彩りにオススメです。そして春にはもちろん主役として使えます。

襟がハイネックなのが特徴の一つです。タートルネックよりは涼しげでクルーネックより大人っぽいハイブリッドアイテムなので、1枚で着ても様になります。裾のリブはゆるゆるであってないようなものです。歩いている時にずり上がってくることもなく、レイヤードもしやすいのオシャレ的にはメリットですね。

その分防寒性は低いですが、春に使う分には問題ないと思います。タック編みという技術で編まれていて、表情のある素材感で、通気性もおいです。素材が綿100%なので家庭でも洗うことができ、何かと使いやすいアイテム。

薄手なので、ジャストサイズだとレイヤードした際にシャツのシワなどの凹凸が浮き出てしまいます。袖周りも細めの作りでシャツの袖が余って不快になってしまうので、レイヤードで使う場合はサイズアップ推奨です。

より詳しいレビューはこちらから↓

価格破壊の先駆者「GU」の春ニットは1000円で買える!タックハイネックセーターをレビュー

2018.02.28

GU / ジャカードハーフジップビッグセーター

首元のハーフジップが特徴的な、GUのジャカードハーフジップビッグセーター。カラーバリエーションはオフホワイト・グレー・オレンジ。コート等の下に着込むとするとオレンジが良い差し色になりますが、春まで長く着こなすことを考えるとモノトーンカラーでデザインされたグレーカラーがオススメ。

レーヨン、ポリエステルが主の化繊素材ですが、もっちりとした手触りと肉厚なつくりで安っぽさは皆無。カジュアルなデザインながら子供っぽくなり過ぎない、遊び心のあるニットとして着こなしてもらえるはず。

ビックシルエットを意識したサイズづくりのため、試着はマスト。普段のサイズ感で選ぶと中途半端なシルエットになってしまう。なかなか手の出しづらいデザイン性が高いニットですが、現在、値段1480円(+税)と破格。

ベーシックなニットをすでに持っているならば、ぜひ手にしてほしいアイテムのひとつです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUデザインニットはトレンド感を盛り込んだ破格のアイテム

2018.03.09

GU / カラーミックスビッグプルパーカ(長袖)

GUのセーターは表情がのっぺりと見えたりアクリルに数%だけ毛の入った混合のものは毛玉ができやすかったりするものが多いため使いどころが難しいと感じていました。

このカラーミックスビッグプルパーカはネップヤーンで縮絨風にも見える素材が使われているため複雑で深みのある表情に見えます。またネップ風、縮絨風にすることで毛玉ができてもあまり気にならず目立たなくなります。GUのセーターのデメリットに感じる部分を逆手にとった工夫が施されています。

シルエットはビッグシルエットでとくに肩幅と身幅が大きくドロップショルダーでゆったりと落ち着いた雰囲気があります。フードもゆるい雰囲気に貢献しています。これを一枚で着ても良いでしょうし、比較的薄めなので重ね着もしやすいです。

手洗いも可能なので、カジュアルな場面で幅広く活用できると思います。

おもしろい素材が使われているGUの進化を感じられるセーターです。1990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

毛玉ができても気にならないニット。GUの最先端が感じられるカラーミックスビッグプルパーカ

2018.03.05

GU / ローキャップTG

GUと“lex”のコラボプログラム“HYBRID TOKYO”のローキャップTGは手ごろな値段とローキャップらしい浅めのシルエットで大人にも使いやすく、手を出しやすい一品。

ストリート要素の強いフラットバイザーではなくカーブバイザーになっているため、カジュアルな印象を抑えてすっきりした印象を作りやすい点も魅力の一つ。フロントパネルの刺繍は本体と同色に纏められており目立たず、それでいて地味な印象を薄め、逆にアジャスターの刺繍はポイントとなり無地キャップのような地味さを感じさせない効果も持たせている。

注意点としてはONESIZE表記ながら、クラウンの深さが違う点。デニムのものがより深く、コットンツイルのものが浅いため、カラーバリエーション以外にも着用感で全く違う印象を持たせることができてコーディネートに微妙な匙加減でのふり幅を持たせられる点も面白い。

ぜひ一つはコーディネートのカジュアル要因として手元に置いておきたい。990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×lexのローキャップは破格で遊びの効いた逸品!

2018.03.15

GU / ピンオックスフォードシャツ(長袖)CL

日常使いのほか、ビジネスシーンでも使えるGUのピンオックスフォードシャツ。細い糸ながらしっかり編み込まれた生地は、なめらかでドレスライクながら、型崩れしにくいつくりとなっています。

ボタンダウンのため、ノーネクタイでも襟元が崩れず、また防シワ加工が施されているため、ビジネスシーンでアクティブに動いてもシワにならず、すっきりした印象を保ってくれます。ビジネスでの使用を想定した場合、オススメは清潔感のあるホワイトとライトブルー。

難点としては細い糸を使っているからか、上着の素材などの糸くずを拾いやすい気がします。気になる方はエチケットブラシなどを用意しておくといいでしょう。

ワイシャツ代わりとするならば、アイロンは必須ですが自宅の洗濯機でも洗えます。街着として少しシワがあっていいなら、ノーアイロンでもいいでしょう。

綿100%素材で着心地よく、1枚でサマになるシャツが、いまならセールで1490円(+税)。枚数がいるものですから、この価格は助かります。オススメです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのオックスフォードシャツがクールビズには最適!

2018.03.25

GU / KIM JONES GU PRODUCTION スリムテーパードジーンズ(KJ)

2018年1月までルイ・ヴィトンのメンズ部門のディレクターを7年間つとめ、ディオール・オムのアーティスティク・ディレクターに就任することが決まったキム・ジョーンズとGUのコラボレーションで展開されている細めのテーパードジーンズです。

大きな特徴は左足サイドにほどこされた刺繍です。3色展開されており、色落ち加工されているブルーでは刺繍の色が落ち着いたピンクに近い色でコーディネートのアクセントになります。

刺繍で描かれている文字は”EDGE OF THE LOOKING GLASS”。これはピクルスがモチーフのガーキンというキャラクターと並んでGU×キム・ジョーンズのコラボレーションの中でも最も象徴的なロゴです。

このロゴを見せていくコーディネートはやや難易度が高くなりますが、上手くまとめればとてもおしゃれな雰囲気になります。シンプルな服装に飽きてきた方にもおすすめです。ファッションが好きな人達の遊び道具のようなジーンズです。3490円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×キムジョーンズをレビュー!おすすめはジーンズ!

2018.03.26

GU / KIM JONES GU PRODUCTION ヘビーウェイトビッグT(七分袖)

GUとキム・ジョーンズコラボのヘビーウェイトビッグT(七分袖)。商品名にはビッグとつきますが、七分袖ということと、着丈は一般的な長さであるということから、ブカブカな印象にはなりづらいです。

サイズ選びは着丈に合わせれば問題ないでしょう。生地はガサッとしたものなので着心地は快適というわけではありませんが、タンクトップなどをインナーにすれば着心地に関しては気になりません。

ツヤのある素材ではないので、一枚で着る際は、カジュアルになり過ぎないよう、パンツとのバランス調整が必要です。文字部分はプリントではなく、立体感のある刺繍になっていますので安っぽさはありません。

基本はジャケットのインナーにするのをオススメしますが、黒やネイビーといった濃い色のものを選んで生地のカジュアルさをカモフラージュすることも可能です。

筆者はピンク色の刺繍がアクセントとなるネイビーを購入しました。 白地のものは刺繍が黒、黒地のものは刺繍が白です。価格は1490円(+税)。この値段なら正直買いです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×キム・ジョーンズのヘビーウェイトビッグTは買いなアイテム!

2018.03.28

GU / ストレッチブロードシャツ(長袖)CL

ともすればカジュアルに寄りがちなメンズファッション。そこに1枚、気軽に使えるキレイ目シャツとしてオススメなのが、GUのストレッチブロードシャツ(長袖)CLです。

化繊混合素材となっておりますが、着心地は悪くありません。ハリのある素材でキレイなシルエットを保たせながら、ストレッチ性も備えているため、窮屈さがありません。

イージーケアをうたっている通り、自宅でカンタンに洗うことができます。ただしノーアイロンとまではいかないので、アイロンがけは必須です。

若干、シワが残りやすいのが気になりますが、街着として考えた場合、逆にキメ過ぎにならないと考えれば、特に問題にはならないでしょう。1枚でも軽い上物と合わせてもよく、コーデの幅を広げてくれるアイテムとしてオススメです。

値段も現在セールで¥990(+税)と手が出しやすいのもうれしいところです。

より詳しいレビューはこちらから↓

990円で買えるGUのブロードシャツは気軽に使えて便利な1枚!

2018.04.04

GU / デニムビッグモッズコートJN

デニム生地を使用された、トレンドであるビッグシルエットのコートになります。

デニム生地のコート、ジャケット、シャツ等はよく古着屋さんで見かけられると思います。GUのデニムビッグモッズコートは、色合いにムラがなかったり、ポケットも2つだけと、シンプルな構造になっています。カジュアル寄りなデニムのコートですが、綺麗でシンプルな作りなので、古着より少し大人っぽく着用することが出来ます。

大きめのサイズ感になっており、デニム生地を使用しているため若干重たく感じるかもしれません。色は、薄いブルーと濃いブルーの2色です。インディゴカラーになっており、地味な感じはないです。洗濯も洗濯機で可能なので、とても楽です。

ファッション業界で価格破壊の先駆者GUが、春に向けて出したアイテム。こたらも、4990円(+税)と、非常に低価格なアイテムとなっています。春のコーデに1つ、加えてみてはいかがでしょうか。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのデニムビッグモッズコートでデニムを綺麗に着よう!

2018.04.04

GU / マーセライズドクルーネックT(長袖)

ツヤ感があり、安っぽく見えないカットソーです。

ユニクロお得意の高級素材、スーピマコットンのカットソーと見比べても、生地の高級感は遜色ありません。品名にもなっているマーセライズ加工のおかげで生地に高級感があります。

また、やや固い生地感となっているので、体のラインを拾いにくく、体型隠しに適しています。そのため、インナーとしてだけでなく、一枚で着たい方・体型が気になるにもおすすめです。

ステッチやバインダーなどの細かい点をみると、カジュアルな印象になりやすい要素がありますが、生地のおかげでそれも緩和されています。できるだけ安い、でも見た目は安っぽくないカットソーを探している方におすすめです。590円(+税)と超格安です。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU VS ユニクロ!マーセライズドTとスーピマコットンTを比較!

2018.04.05

GU / メッシュスリッポンシューズ

GU メッシュスリッポンシューズは1990円(+税)で買えるリゾートシューズ風スニーカーです。基本的な作りは形の綺麗なスリッポンスニーカーですが、リゾートシューズ風のデザインが施されていて、夏の足元を整えるのに便利な作りになっています。

アッパー素材のメッシュは詰まった網目なので靴下も透けず、春先から履いても寒くありません。ミッドソールはジュート調の素材でリゾート感があります。

形は全体的に細身で、脚を綺麗に長く見せてくれる形状です。

色は夏らしいNAVYかWHITEがオススメ。特にWHITEはシンプルで大人っぽく見えます。

履き心地はスニーカー並みに快適です。

全体的にスニーカーの特徴を持っているため、Rivierasの代用品として使うのは難しいですが、スリッポンスニーカーとリゾートシューズの中間ぐらいのアイテムとして、使い勝手は良さそうです。少なくとも、1990円(+税)という値段を考えると、形の綺麗な夏用スリッポンシューズとしてはこの上ないコスパです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのメッシュスリッポンシューズはリヴィエラ風でコスパが良いリゾートシューズ

2018.04.17

GU / シャンブレーシャツ(長袖)KJ

話題沸騰のGU KIMJONES PRODUCTION。その中でもシャンブレーシャツは特に価格に不釣り合いなドレス感を持ったアイテムとして異彩を放っています。

通常、シャンブレーシャツと言えばコットン素材を使い、ツヤ感は無いが素材の表情に特徴のあるカジュアルなアイテムになります。ところが、このKIMJONES PRODUCTIONのシャンブレーシャツはコットンを使わず、ツヤ・光沢・落ち感とドレス要素の強いレーヨン素材を使用しています。

レーヨンの生地的な弱さを補うために使われているリヨセルも同様に光沢のある素材となっているため、生地に関しては100%のドレス素材となっているのが大きな特徴。

これにより、シャンブレー生地特有のムラのある光沢感はより強く、ドレス感と相まってカジュアル感を払拭する事に繋がっています。

しかし、レーヨンとリヨセルを使用したこの生地は家庭での洗濯ケアがやや難しくなっていることに気を付ける必要があります。

とはいえ、2490円(+税)でここまでの特徴を持ったアイテムを手に入れるまたとない機会なので、ワードローブに取り入れてみてください。

GU / カラーブロックセーター(半袖)(KJ)

すでに第2弾の発売も決まっているGUとキム・ジョーンズのコラボアイテムから、最新のファッショントレンドを押さえた半袖ニットをご紹介します。

薄手の生地に、ゆったりとしたシルエット、そして春夏らしいカラフルな色の組み合わせで、夏の「脱地味」にも有効。カラフルな半袖のアイテムは、子供っぽくなりがちなところを、素材とデザインで「大人が使いやすいアイテム」に昇華させています。

素材は、高級ブランドのサマーニット等でも使用されている「レーヨンとポリエステルの混紡」。そして、着る人のスタイルをきれいに見せてくれる「ゆるやかなリブ」が裾と袖が、春夏の着こなしの幅を広げてくれます。

GUの通常ラインにはない、こだわりも満載で、2490円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×キム・ジョーンズのニットはトレンド最先端のオシャレアイテム!

2018.04.24

GU / ビッグプルオーバーシャツ

今期のGUで多くラインナップされているプルオーバーシャツ。プルオーバーシャツとは頭から被って着るシャツのこと。大人っぽさと適度なリラックス感のある使いやすいアイテムです。

今回紹介したのはビッグプルオーバーシャツ(七分袖)(チェック)CS 。展開が多いので商品名もごちゃごちゃとしていますが、簡単に言えばビッグシルエットでクルーネックのチェック柄シャツです。

見た目はTシャツのようにも見えますが、生地感はドレスシャツ。トレンドのビッグシルエットですが、ルーズすぎる印象もなく、適度なリラックス感が得られます。クルーネックなのですが首元は詰まっており、着丈も標準的なシャツくらい。

全ての要素がビッグサイズだと、だらしない見た目になりかねませんが、要点は抑えられているので大人っぽい印象も担保してくれています。チェック柄も、原色など明るい色を使うと子供っぽくなってしまいますが、このシャツは色味がダークトーンでまとめられており、大人が着ても問題ないデザインです。

装飾性トレンドにもマッチしています。色々詰め込まれていますがうまくバランスが取れているアイテムだと思います。お値段1990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU×キム・ジョーンズのニットはトレンド最先端のオシャレアイテム!

2018.04.24

GU / オープンカラービッグシャツ(半袖)(エンブロイダリー)

GUはトレンドアイテムであるオープンカラーシャツを多種多様なデザインや生地感でリリースしています。今回ご紹介するアイテムの中でひと際目を引くのが、胸元のエンダイブロリー、つまり刺繍。立体的な絵柄が、大人が着るにふさわしい高級感を醸し出します。オープンカラーシャツが市場に大量に出回り、皆が着るようになってしまう中でも、このデザインが周りとの差別化にひと役買ってくれそうです。

シルエットは「ビッグシャツ」という名前の通り、ゆったりめではありますが、「ビッグサイズ」と言うほどではありません。体型を不自然ではない程度に隠してくれるので、体型難の大人にぴったりの作りです。裾にはサイドスリットが入っています。4cm程度(筆者実測)の小さなスリットではありますが、裾が腹回りにたまることなくきれいに落ちてくれます。

生地はツヤのある「リヨセル」という光沢感のあるサテン素材。テロンとしていて、落ち感があります。薄手ではありますが、その分ふわっとした立体的なシルエットになっています。

なお、ケアについては若干注意を要します。普通に洗濯機で洗えますが、その際は裏返してネットに入れることをオススメします。なお、意外とシワが目立ちます。このシャツは特に高級な生地感が重要。脱水を軽めにして干すのがコツです。しっかりめに脱水してシワのまま乾いてしまうと、アイロンでもなかなかシワが落ちにくいのです。ただ、吸水性は低いので、陰干しでも大概はひと晩で乾きます。1990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

GUのオープンカラービッグシャツは高級感のある刺繍に注目!

2018.04.24

GU / マーセライズクルーネックT

春と夏に活躍するアイテム無地の半袖Tシャツ。定番アイテムゆえにファストファッションからハイブランドまで、どんな店舗に行っても見かけます。値段もピンキリで、安いものは1000円以下から高いものは1万円以上するものも。

色々あって選べないという方もたくさんいらっしゃると思います。筆者もどれを選べばいいかわからず、とても悩みました。そしてたまたま入ったGUでマーセライズドクルーネックTに出会い、一目惚れし、即購入したのです。

生地に光沢があり、シルエットも着心地も申し分なし。光沢はマーセライズ加工、別名シルケット加工によるもので、この加工により生地に絹のような光沢と丈夫さが生まれます。

丈夫さも重要な要素で、夏といえば当然汗をかきます。ガシガシ洗濯できる安心感は大きなメリットになります。これだけ完成度の高いアイテムがなんと990円(+税)。GUの価格破壊は恐ろしいですね。1枚で着てもカジュアル過ぎず使いやすいアイテム。

大人が選ぶならこんなTシャツがオススメです。

より詳しいレビューはこちらから↓

 GU / オープンカラービッグシャツ

再生繊維であるリヨセル100%素。絹を思わせる強い光沢、美麗なドレープ感と強い落ち感がリヨセルの特徴。ツヤは高級品を表す特徴のひとつ。安っぽく見えません。厚みに関してはかなり頼りなく、薄手でペラペラ。そのため透け対策は必須ですので、インナーにタンクトップをおすすめします。

着用時期が真夏であることを考えると涼しく着られるメリットとも感じられます。肌触りもかなり柔らかくなめらかです。着心地もサラサラとして非常に気持ちいいです。洗濯機洗いが可能ですが、シワになりやすいのでご注意ください。

デザインは流行りのオープンカラー(開襟)シャツ。店舗ではSサイズ~XLサイズまで、オンラインストア限定でXS・XXLサイズの展開があります。167㎝、51㎏の筆者でMサイズを選択しています。

00 WHITE、09 BLACK、32 BEIGE、57 OLIVE、69 NAVYの5色展開。OLIVE選択しています。1490円(+税)でユニクロUの半分ほどの価格。筆者はオープンカラーシャツは初挑戦となりますが、そんな方にこそおすすめしたいアイテムです。

より詳しいレビューはこちらから↓

GU / スエードタッチスニーカー (MBレビュー)

MB氏のレビューはこちらから↓

MBが断言「GUスエードタッチスニーカーは2万円でも買ってしまう!」

2017.08.27

「【17選】GUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【メンズ】GUでもオシャレになれる!おすすめ激安コーデ17選!

2018.02.03