服ログ2018秋冬アイテム「ボアフリースベスト」の詳細を公開!

アウターを蘇らせるインナー「ボアフリースベスト」の魅力とは?

2018年秋冬の「Re:(アールイー)」は「ハイクオリティなベーシック」をテーマに掲げています。Re:ではこれまで機能性に着目したアイテムはなかったのですが、改めて「ユーティリティ」という単語と向き合ってみることにしました。ユーティリティとはいっても、単に機能性が高いだけではつまらない。機能的でありながらもファッショナブルであることが前提です。

例えば、一部で流行っているフィッシングベストは確かに機能的です。しかしながら、アイテム単体で見たときにおしゃれかというと、なかなか難易度の高いアイテムです。ワークトレンドの先駆けとしてファッション好きから支持されているユーティリティベストも同様でしょう。そのままでは使いにくく、街着としてのデザイン性が加味されることは必須です。

さて、前置きが長くなりましたが、Re:ではボアフリースベストを開発しました。なぜボアベストなのかというと、インナーとして機能的に使用できるからです。そう、「ユーティリティ」という単語をアイテムの表層に落とし込むのではなく、着こなし方として表現したのです。もちろん、アイテムとしての機能性もしっかりと考えています。

例えば、ジャケットやコートのインナーとしてボアフリースベストがあれば、手持ちのアウターの印象が一新されます。これまでインナーの主役はシャツやニットでした。そこに、毛足があって表情が特徴的なシープボアフリースを使ったベストをインナーにしてみます。このベストはジップやポケットのディティールが白に切り替えてあるので、少しだけスポーツの要素が加味されています。つまり、黒をベースとしてコーディネートであっても、毛足と白色によって装飾性が加わり、いまあるワードローブでは再現できない新鮮な印象をつくることができるはずです。

また、これが袖のあるブルゾンタイプであればインナーには不向きです。腕回りが圧迫され十分な運動性が確保できません。あくまで、袖のない形状が重要であり、より機能的な着こなしにはべストが最適だったのです。さらに裏地をメッシュにすることで、軽く扱いやすく、不必要にかさばらない仕様になっています。つまり、ニットの上にボアベストを着てもジャケットを羽織れるように計算したのです。

と、ここまで言いながら、自らの能書きを否定するようですが、もちろんジャケットのアウターとして使用することも可能です。ダウンベストをジャケットのアウターに使うことが一般的になってきたように、アウター使いしても面白いと思います。

手軽にアウターの印象を変えることができる機能的なボアフリースベスト。意外と計算されていて驚いたのではないでしょうか?

●価格/1万5000円(+税)
●素材/ウール74%、ポリエステル17%、レーヨン9% 裏地キュプラ100%
●サイズ/(1)身幅53㎝、着丈67.5㎝、肩幅47.5㎝/(2) 身幅55.5㎝、着丈70.5㎝、肩幅49.5㎝
●発売/10/29(月)21:00- (お届け11月中旬予定)

4週間連続販売!服ログアイテム「セットアップ」の詳細はこちらから↓

服ログ2018秋冬アイテム「セットアップ」の詳細を公開!

2018.10.09

4週間連続販売!服ログアイテム「チェックブルゾン」の詳細はこちらから↓

4週間連続販売!服ログアイテム「ヤクウールストール」の詳細はこちらから↓