街着でも使える水着「ロアークリバイバル」は水陸両用ショートパンツ

ショーツはドレスライクなアイテムで大人っぽく着こなすのが定石

https://www.pinterest.jp/pin/672443788081966524/

 夏場の暑い時期になると、絶対に履きたいのがショーツですよね。でもショーツを履くとどうしてもカジュアルで子供っぽい服装になりがち。そこで、柄やデザインが派手ではないショーツを履くことで大人っぽい着こなしができます。

例えば、スーツのスラックスに使われるような艶感のあるウールライクな生地のショーツもカジュアルになりすぎない着こなしには持ってこい。ユニクロなどにもそういったカジュアルすぎないショーツがあります。

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/182681-56

 陸でも海でも使えるショーツが欲しかった

https://tabihatsu.jp/chikatabi/program/93038.html

しかし、これは僕だけではないかと思うのですが、ショーツって意外と使用頻度が少なくないですか? 涼しくてアウトドアなんかには持ってこいなんですが、普段着として使っているとお店では寒すぎたり、足のスネ毛によって女子ウケが悪くなったりと、使う場面が限られてくるんです。

また、フルレングスのボトムスなんかと比べると、スタイルを良く見せて着こなすのが難しく、身長が168cmと日本人の平均身長以下の自分にとっては、敬遠しがちなアイテムなんですね。そんなワケで自分がショーツを使う場面はアウトドアがほとんどで街着に使う場面は限りなく少ないものになっていたんです。

そんな時に海に行く予定があり、水着の購入を検討していたのですが、あまり使わないショーツだからこそ、街着と水着で兼用できるものがないかと考えました。ショーツは他のボトムスに比べ高い物ではないかもしれませんが、使用頻度の少ないものにお金は出したくありません。1着で2通りの使い方ができる水陸両用ショーツが最適だと思ったんです。

しかしながら、水陸両用と言えるスーツなんてありません。海パンは街でで使えるといっても、柄やデザインが派手すぎて普段着に落とし込むのはかなり難しい。冒頭で説明したように、ショーツを大人っぽく着こなすにはドレスライクな印象が必要不可欠です。派手な花柄や色ではどうしても子供っぽい着こなしになってしまいます。

ウールなどの生地を使ったショートパンツは海では使えません。ドレスライクな水陸両用ショーツというのはいわば矛盾したアイテムなんです。

 「ロアークリバイバル」のショーツ

そんなワケで街着でも使える水着を探していたのですが、かなりの良品を見つけてしまいました。それがこの「ロアーク リバイバル」のショーツだったんです。

絶対見つけてやるぞ!と意地になってしまい、いろいろなお店をくまなく探していたところ、渋谷のショップの一角でポップアップとしてこの商品が置いてありました。「ロアーク リバイバル」は2011年にカリフォルニアで設立された新鋭ブランド。セレクトショップなどで展開はしているものの、まだ店舗を持たない新しいブランドです。

このブランドの面白いところはコンセプト。架空の人物「ROARK(ロアーク)」が旅する国をテーマに服を作っているそう。また、ひとつひとつのアイテムにこだわりがあり、ロアークがどういった場面で使っているのかも想定してデザインされているんです。

今回紹介するこのショーツ。名前を「マラバー」といい、インド南西部にあるトロピカルな海岸線にちなんで名付けられています。「アラブ海でのフリーダイビング」「西ガーツ山脈でのサファリ」の両方で力を発揮するように作られているので、本格的な水陸両用と言えるショーツなんです。水陸両用と謳っているショーツも多いですが、使う場所までイメージしてデザインされているものなんてそうそうありませんよね。

実際夏場に販売されているショーツには水陸両用のような素材感のショーツもありますが、推奨しているものはほとんどありません。なかには店員が使ってもいないのに大丈夫という場合があるので危険です。ところが、マラバーは唯一無二と言っていいほどの水陸両用を実現したアイテムだと断言します! では、細部を見ていきましょう。

マラバーの実力

価格:税込1万1340円 サイズ:身長168㎝で28を使用しています。

全体をグレーのワントーンで仕上げたいかにもドレスライクなショーツになっています。ベルトループがついているので普段は革ベルトを通してもいいですね。

センタープレスのディテールもあって、よりスラックスに近い印象を与えてくれます。これがあるのとないのとでは、見え方が全く違います。大人が履けるドレスライクなショーツとしてはできればあって欲しいディテールなんですね。

そして、一番大切なのが街着でも使えるウールライクな風合い。近くで見ても艶のあるスラックスの様に見えます。こちら素材が「ナイロン38%、ポリエステル38%、コットン16%、ポリウレタン8%」となっていてストレッチが効いていて、速乾性もある万能な素材になっているんです。

海水パンツとしてストレッチ性はもちろん必要ですし、速乾性があるので泳いだあとに少し乾かせばそまま車に乗ることができます。着替えいらずで海や川に出かけることができるんですね!

ウエスト部分にはサイジングを調節可能な紐もあるので海や川でも脱げることはありません。少しデザインのあるものにはなっていますが、トップスで隠してしまうといいでしょう。

また、このように紐を内側に隠すことも可能なので、場合によって使い分けるといいでしょう。

バックはこんな感じに2つのポケットが配置されています。片方にはチャックもついているので、水中でも無くさずに物を入れておけるので便利ですね。ブランドロゴもワンポイントだけなのでアピールしすぎているワケでもありません。

また、サイドには止水ジッパーも装備。使う前は携帯も入れることができるの?と思ったのですが、ポケット内は濡れてしまうので防水ポケットというワケではないので注意が必要です。

街着で着るならこんな風に!

僕がこのショーツを街着で着る時はこのように着こなします。ショーツ自体が9分丈やフルレングスのボトムスなどと比べてかなりカジュアルなアイテムですから、このくらいキレイ目なアイテムと合わせるとまとまりますよ!

もちろん、このまま海に出かけてもシャツと靴を脱ぐだけでそのまま海に入れちゃいます! そして、そのあとは日光で乾かすだけ。僕はこのショーツでトレッキング(山登り)をした後その足で海へ行きそのまま飛び込んでやりました。他の友達は着替えを持っている中僕だけが手ぶらで過ごすことができたので最高でしたね。

そんな水陸両用でオシャレに使えるショーツ「ロアークリバイバル」の「マラバー」は本気でおすすめです。この夏海に出かけるときは海パンをこのショーツに変えてみてはどうでしょうか? 以上、参考になれば幸です。

コースケ

この記事を書いた人

コースケ

身長168cm 体重62kg 靴26cm

週4で都内のショップをうろつくファッションジャンキー。 好きなものは帽子・靴・小物全般。 ファッションの楽しさとオシャレの素晴らしさを伝えるために、ブログ「ファッションは生き方だ」を運営しています。

「ファッションは生き方だ」