サンローランのチェルシーブーツを初心者こそ買うべき理由!

ドレスブーツ。これひとつあれば服の着こなしの幅がぐんと広がります。パーカーにダメージが入ったスキニーのジーンズのようなカジュアルな組み合わせでも、この究極のブーツを履くだけで一気にドレス感が高まり、デートでも問題なくなります。

よくサンローランのブーツはシルエットは美しいけど高いと言われています。しかし、今回の記事を読めば、10万円は決して高くないということがわかるでしょう。

靴はメンテナンスをすれば一生使えます。「おしゃれは足元から」と言われるように、お金をかけるなら靴なのです。

これが究極のシルエットだ

このブーツの一番の魅力は、5万円程度の靴には出せない美しすぎるシルエットです。その理由について説明していきましょう。

比較の為にとあるブーツ(上)を置いていますが、Saint Laurent(下)の履き口は圧倒的に狭いです。これにより細身のボトムス、特にスキニーパンツとの相性が良いです。

更に高さ(右:Saint Lauren、左:某ブーツ)があり、ブーツインした時に脚が長く綺麗に見えるのが特徴です。

しかし難点もあります。とても着脱しにくいのです。革がなじむとかの問題ではありません。かかとについたプルストラップもスッキリさせる為に短くしてあり、あってないようなもの。靴を脱ぐ居酒屋などでは皆を待たせることになるでしょう。

オシャレは我慢。昔から言われていることですね(笑)

特徴的な4cmの高さのヒールを持ち、普通より数cm高くしています。実は高すぎず低すぎずの4cmがポイントなのです。絶妙な高さにすることで通常のブーツとの歩き心地変えずに、より脚が長くスラっとしたシルエットになるのが特徴です。

特徴的なヒールの高さから別名ヒールブーツとも言われています。

ノーズが非常に細いです。細身だと、ドレス感が強まり、これがこのブーツが綺麗に見える秘密の一つです。

細身のブーツなので普段のサイズよりハーフサイズからワンサイズアップがオススメです。筆者の脚のサイズは40.5(26.5cm)なのですが、ハーフサイズアップの41.0(27cm)を使っています。

高級なカーフレザーを使っており、履けば履くほど足になじんできます。一度本革の高級ブーツを履いたら、合皮には戻れないでしょう。また、艶感も素晴らしく、ドレス感を高めています。

一生使えるものだからこそ、最初から最高ブーツを。

シルエット、履き心地全てが最高です。初心者だからといって数万のブーツにお金出すくらいなら、10万円出すべきです。洋服の差より、靴の差は顕著に出ます。

これ一足あればドレスブーツはいらなくなるし、何足も持つよりお金も置く場所も、買いに行く時間もかからず効率的です。よくSaint Laurentのブーツは完成系とはいえ、高いから他の手頃な価格帯のブーツを選びましょうと言われていますが、それは忘れてください。

初心者だからまずは安いものを、という考え方は間違いです。結局最後は良いものが欲しくなりますし、これ以上のブーツはありません。定価は10万8000円。

おすすめブーツまとめはこちらから↓

【11選】メンズのおすすめブーツを購入してレビュー!【2018】

2018.04.05