極厚!ガシガシ使ってもヘタレ知らずなヘルスニットの別注ヘビーサーマルT

だんだん吐く息も白くなり、もうすぐ本格的な冬が来るのを感じて冬物を探したり買ったりしている方は多いのではないでしょうか?

今回はそんな冬仕度中の方にこの時期から春先、秋と3シーズン使える「ヘルスニットの別注ヘビーサーマルT(税込)7452円」をご紹介します。インナーでもよし! そのまま1枚で着てもよし! ニットの様に着てもよし! の汎用性の高いサーマルT、一見の価値ありです!

働く男の味方! Healthknit/ヘルスニット

ヘルスニットというブランドは1900年にアメリカでワークウェア、アンダーニットウェアを作るメーカーとして生まれました。つまり仕事着のインナーを作る事を目的にできたブランドです。当時の仕事着はデニムにヘンリーネックT、そしてワークシャツでした。

ヘルスニットが作るヘンリーネックTは高品質で耐久性、着心地に優れ瞬く間に全米、そして世界に広がったそうです。今回ご紹介するのはそんな高品質なアイテムを作るブランドで定番になっているヘビーワッフル生地を使用したロングTをシップスブルーが別注した品になります。

全世界の働く男が何故このブランドを愛したのか? この商品からその片鱗を感じて頂けたらと思います。

極厚で伸縮性、保温性に優れたワッフル素材

まず素材から見ていきます。表面に凹凸がある織地、ワッフル生地が使用されていてその厚みは一般的な物に比べて2〜3倍はあるように感じます。ちなみにワッフル生地とはその模様が食べ物の「ワッフル」に似ている事から名付けられていて、一般的に1本の糸で編まれています。

しかしこちらの商品は2本の糸を使用し密度を限界まで高めて編んでいるのでこの厚みを出す事ができているのです。生地の厚みが増すことによって保温性と生地の伸びなどに対する耐久性も向上しています。

厚手になるとゴワゴワして動きにくそうと思いがちですが、しっかりとしながらも柔らかく伸縮性のある生地なのでストレスなく着心地は良いです。

さらに綿100%の為吸水率もよく、外が寒いから厚着で出たけど建物に入ったら暑くて汗をかいてしまった! という時でもしっかりと汗を吸ってくれるので室内でも快適です。

しかし、生地が厚くしっかりとしている事はメリットばかりでなくデメリットもでてきます。それは〝重さ〟です。手に持ってみるとジャケットや秋物のアウター程の重さに感じます。実際に測ってみるとなんと700グラムもあります!!

手持ちのジャケットは700グラムなのでほぼ同じです。そのため普段薄手のニットやシャツで過ごす事が多い人には重ね着などをすると少し重いと感じ肩が凝ったり、疲れやすく感じる方もいるかもしれないので注意が必要です。

そしてもう一つ注意して頂きたいのが洗濯の時です。綿100%で生地が厚手ということは洗濯し濡れるとかなり重いです。実測はなんと2.3Kg! 私の家ではプラスチック製のハンガーに洗濯物を干しているのですが十分に脱水もしたこのサーマルTを干すと重みでグニャッと変形してしまいます。

そのため、分厚いハンガーに干すかサオに直接干すしかありません。私はハンガーを何個か重ねて干すか乾燥機に入れてしまっているのでどうしてもスペースやハンガーが足りない方は私のやり方を参考にしてみて下さい。ちなみに私の持っている物は小さくなってしまった等の問題はないですが、乾燥機にかける際は自己責任でお願いします!

しっかりした生地とゆったりシルエットで体型隠しもバッチリ!

次はシルエットを見ていきます。ヘルスニットはインナーを得意としているブランドです。そのため冒頭のヘンリーネックTや他のトップスはややタイトめなサイズ感が多くジャストサイズで着用できるようになっています。しかし今回レビューしている物はシップスブルーがシルエットを変えて作ってもらっている物なので時代に合わせやや緩めのサイズ感になっています。

寸法はLサイズで着丈73.5身幅56.5ゆき85で身長175㎝68Kgの私で身幅、袖にシャツを入れても問題ない程のゆとりがあるサイズ感です。細かいところを見ていくと袖はリブになっていて先端に向かってしっかり細くなっていたり、着丈が程よい長さでルーズになりすぎない工夫がされています。

また裾をよく見るとサイドに切り込みが入っていて前側の着丈が短く背中側が長くなっていることがわかります。この作りは必要以上に着丈が長く見えずさらに切り込みがある事で裾に余計なシワが寄らずストンと綺麗なシルエットになります。

身幅に余裕のあるゆるめのシルエットと厚手でしっかりとした生地は体のラインが見えづらく体型隠しには持ってこいの組み合わせになります。

サイズ選びは用途に合わせて慎重に!

体型も隠せるし、耐久性もあるこのサーマルT、サイズ選びは用途をよく考えてから行ったほうが良いです。今回、私はLサイズのブラックとナチュラルを購入していますが寸法的にはSもMも着用することが可能です。

タイトにしたければS、ジャストにしたければMをと考えていたのですが、ゆるめのアウターに合わせる事を前提に考えていたので今回はLでした。

身幅や着丈に余裕のある作りだからこそ、このサーマルTは用途に合わせてサイズを変えた方がカッコよく着こなす事ができます。例えばSサイズならライダースジャケットやデニムジャケットなど着丈の短くタイトなアウターに合わせやすくなるでしょう。

そしてMサイズは1枚で着用した時に少しゆるいニット感覚で着用でき、大体のアウターに対応する事ができます。Lサイズはビッグシルエットのアウターやロングコートをお持ちの方にオススメ。より着丈や身幅がゆったりするのでメリハリのある着こなしが可能です。

冒険したくない方はジャストサイズを選べば問題ないですが、メリハリを効かせて1つレベルアップした着こなしをしたい方には是非サイズにとらわれない選択がいいでしょう。

ただし、Sサイズでビッグシルエットのアウターやロングコートに合わせると着丈が足りなかったり、Lサイズでライダースジャケットなどのタイトめなアウターに合わせるとゴワつきや変なシワが出てしまうので注意が必要です!

ヨッシー

この記事を書いた人

ヨッシー

身長175cm 体重68kg 靴26.5〜27cm 25歳

「自分の好きな服を無理せずオシャレに着る」をモットーに子育てしながらオシャレを勉強中の一児の父。 手の届きやすいアイテムと実用性重視のアイテムセレクトで世の父親の手助けが現在の目標。