メンズショートパンツを一挙レビュー!おすすめはどれ?

夏と言えばショートパンツ。女子ウケが悪い、おじさんは履いちゃダメ、などネガティブなイメージも強いですが、暑い夏には手離せないアイテムです。ネガティブなイメージが強いからこそショートパンツ選びには慎重になることでしょう。今回はそんなショートパンツを一挙にレビューします。

ユニクロ /感動ショートパンツ

感動ショートパンツは、スラックスを短くしたようなデザインのドレス度が高いデザインです。ショートパンツはカジュアルなアイテムですが、スラックスのようなデザインであるため色々なコーディネートにも使いやすいアイテムになっています。

ストレッチ性が高く、さまざまな動きでもキツさを感じることはありません。洗濯機で洗ってもシワが入りにくく、そのまま干すだけで特にケアの必要はありません。前ポケットは先端のみメッシュ素材ではなく穴が空きにくいように工夫されています。

ショートパンツは裾幅の選び方が重要です。このアイテムは特に裾幅が広いパンツではありませんので太ももが太い方はサイズ選びを慎重に行う必要があります。股部分がぴっちりしないかどうか試着して確認してください。裾幅はサイズSで23cmです。価格は2990円(+税)

より詳しいレビューはこちらから↓

ユニクロの感動ショートパンツは機能的で使い勝手のよいアイテム

2018.08.17

UNITED TOKYO / クライミングショーツ

 

夏のボトムスの代表格といえばハーフパンツ。楽に履けて、涼しさと季節感を得るにはもってこいのアイテムです。そんなハーフパンツですが、素足の半分をさらすアイテムなだけに、年齢を重ねる毎に抵抗感を覚える方は多いかと思います。

そこでハーフパンツに苦手意識のある方に特におすすめなのが、ユナイテッドトウキョウのクライミングショーツです。カジュアルな印象の強いロングベルトが特徴的ですが、形はファーマルな印象を持つスラックス仕様。相反する2つの要素を兼ね揃えたいわゆるハイブリットなデザインになっています。

見た目のデザインだけでなく、ワンタッチでジャストサイズにウエストの調整ができるウェービングベルトや、動きやすさを考慮したガゼットクロッチなど、アウトドア特有の機能性があり、着用感もバッチリ。

さらっと軽い生地感で、汗をかいてもべとつかず快適です。また、ウール混ながら自宅で洗濯ができてケアも比較的簡単。これ1本で夏のコーディネートが捗ります。販売価格は1万584円(税込)。

より詳しいレビューはこちらから↓

ユナイテッドトウキョウのクライミングショーツなら大人も抵抗なく穿ける!

2018.08.05

ナイキ / スイム ウォーターリぺレントボードショーツ

EDIFICEが完全別注と謳う程までこだわった「NIKE」の別注ショートパンツは、夏に最適な水陸両用パンツ。正面には何もデザインはなく、背面にBig Swooshのデザインを入れた大人が着用しやすいシンプルながらもインパクトのある水陸両用パンツです。

シルエットとしては、着用した際に足が細く見えて、バランスがよくなるやや広めの裾幅、丈感としても膝にかかるかかからないくらいの好バランスです。尚、ウエスト部分はゴムになっているので、丈感の調整はウエスト位置を調整することで可能となっています。

価格は5940円(税込)。素材はナイロン100%。ウエスト:35.5~42cm(ゴムで伸びる仕様)、股上:29.5cm、股下:17cm、裾幅:33.5cm(Mサイズ)。同商品は販売開始後、即完売となってしまいましたが、メルカリ等ではまだ見かけますので、是非手にとってみて下さい。

より詳しいレビューはこちらから↓

ナイキのエディフィス別注ショートパンツは水陸両用で抜群の汎用性

2018.07.02

ロアークリバイバル マラバー BLK(ブラック) 

2011年にカリフォルニアで設立された新鋭ブランド。「ロアーク」という架空の人物が世界を旅しその中で使っていく服をイメージしてデザインしているという面白いブランドです。

このハーフパンツの一番の魅力は水陸両用で使えるところ。そしてそれにもかかわらず素材感がウールのようなドレスライクな質感である事です。サラッとした風合いで肌触りも良く通気性にも優れています。

水陸両用とドレスライクな素材感は両立しにくく、陸と海どちらでも使える物でも派手すぎて街着としては使えず実質海だけでしか着用出来ない物も多い中、本当の水陸両用を実現してくれています。海の中でも使用できるチャック付きのポケット、サイジングが調節できるウエストのドローストリング、そしてベルトループまで付いた機能美は替えの効かないアイテムです。

オックスフォードタックショートパンツ+E


話題を呼んだユニクロと世界的デザイナールメールとのコラボ2016ssラストコレクションでの商品です。サイドにアジャスターがある仕様でウエストの調整ができます。しかしベルトループが無いため、サイズ選びはしっかりしなければ緩すぎて履けなくなります。

形は裾はば広めで丈は短すぎない膝上丈、同じユニクロのベリーショートソックスを合わせてあげると脚長にも効果があるキレイな形です。少し残念な点は素材感がシャツによくあるオックスフォード生地になっていて固めでツヤ感があまりなく落ち感もない事です。

その為少しカジュアルな印象があるのでドレス寄りの黒色がおすすめです。その反面、ベタつきにくくシルエットを維持しやすいとも言えるので汗を多くかく人や脚が太めの人にはおすすめできます。また洗濯を繰り返すと色が落ち白っぽくなってくるので汗をかく春夏を考えるとキレイに使えるのは1シーズン程です。

この価格でルメールのデザインが買え、十分過ぎる程の形の良さを考えるとコスパはかなり良くとりあえずで購入しても満足できる一品です。残念ながらコレクションは終了してしまいましたが、ユニクロ新ラインユニクロUでルメールがデザイナーを務めているので、今後展開されたら1度手にとってみることをおすすめします。

ユニクロ スイムアクティブショーツ グレー

2015年に発売されたスイムアクティブショーツ。まず、素材スペックから。表地ナイロン100%、裏地ポリエステル100% 裏地にポリエステルのメッシュが付いていてタウンユースはもちろんですが、海に、プールに水着として穿けるスグレモノです。

ガサっとした風合いですが、ショーツ自体軽くて少々引っ張っても破れないタフな耐久性、水をはじく撥水性、濡れてもすぐ乾く通気性、三拍子揃った抜群のスイムアクティブショートパンツです。色味は光沢のないマットな質感のライトグレー。明るい色味のモノトーンなので夏場に季節感を出しやすいです。

デザインはフロントはボタンフライでもジップフライでもなくマジックタイプ。裏地側のウエスト位置にも同じマジックが付いていて着脱がとてもラクです。ウエストの紐をウエスト全体に通すことによって腰まわりのホールド感が向上して水中でも脱げにくい仕様になります。

このウエスト紐の色味が白なことが唯一惜しいところ。ショーツとウエスト紐が同系色なら色差がなくて統一感が生まれます。バックポケットには水はけ用の穴が空いていて、その中にはカギなどを無くさないように引っ掛けられるループもついています。

シルエットはウエストまわりに紐だけでなく、ゴムもついてゆとりがあり、丈は膝上に設定されているやや短めの現代的なシルエットのもの。気になる価格は定価1990円+(税)この価格はコストパフォーマンス抜群の破格の安さです。

ユニクロ ドライストレッチアクティブショーツ カモフラージュ グレー

ユニクロの昨年のモデル。ポリエステル100%のドライ機能付きショートパンツ。パリっとした質感で肌に貼りつかず、汗をかいても快適。また非常に軽く、ストレッチも効いているため着用感は非常に良い。

いかにもユニクロな安っぽいカモフラ柄とは一線を画す品の良いモノトーン。店頭で見た瞬間今までのものとは違うと感じた。大人がはけるカモフラ。微光沢があるがテカリはなく、軽いのにペラペラ感もない。

特筆すべきはセンタープレス。いわゆるスラックスのディティールであり、これによりドレス度が増し、子供っぽさを感じさせない。さらに生地特性により、洗濯してもプレスが消えないというイージーケア。

シルエットはやや細め。足が太めな人はワンサイズアップ推奨。自然なヒザ上丈。定価2,990円(税抜)、これでも十分安かったが、今年もわずかに在庫が残っているようで、運がよければなんと790円という激安価格で購入可能。上を見ればキリがないが、価格に対しての価値は非常に高い。

ユニクロ 感動ショートパンツ ネイビー

プロゴルファーとの共同開発ショーツです。余分な装飾がないシンプルなつくりで、センタープレスがあるためスラックスのような大人っぽさを演出できます。紐がないので、ベルトがないと腰位置を固定できないことだけが難点です。黒の展開がありませんが、ネイビーが黒として使えます。

通常より1,2サイズ上のものを選ぶことで適度な横の広がりができ、キレイなシルエットになります。ウエストがジャストサイズだと腿周りが窮屈になりシルエットも悪くなってしまうのでNGです!

また素材はポリエステル100%ですがスラックスに近い素材感があります。軽量でシワになりにくく、洗濯可能ですぐ乾くためケアも簡単です。

「短期間しか穿けないのに短パンにお金をかけたくない」という方へ。値段は2990円(税抜)と格安です。1万円ほどするショーツと比べても劣る点はないのでコスパ最強です。極限まで無駄を省き、オシャレにも使えるコスパ最強のショーツ。初心者に最適なアイテムです。

ユニクロ チノショートパンツ(白)

ユニクロのショートパンツラインナップの中でも、特に推されている(広告的な意味で)チノショートパンツ。雑誌のOCEANSでも取り上げられたことがありましたね。気に入った点としては、程よい裾幅と脚長効果のある膝上丈のシルエット。

丈感については、長いと感じた場合もロールアップで対応可能です。デザインは可もなく不可もなく使い回しやすいシンプルデザイン。ショートパンツという時点で十分カジュアルなデザインなので、装飾性がない点は好感度高いです。

素材はチノ素材ですがガシッという感じよりかは、しっとりした感じ。艶が無くシワが出やすいため、カジュアルな印象が強い。色によっては子供っぽくなりすぎるので、合わせるアイテムには注意が必要です。履き心地は、しっとりとした軽くて柔らかい生地で快適です。

白でも透け感は無いので、下着を気にせず履けます。サイズ感については、身長178cm、体重64kgの自分でMサイズを着用してます。普段はSサイズのパンツを履くことが多いので、ウエストが少し余る感じですね。

ワンサイズ上げた理由としては、Sサイズだと屈んだ際など窮屈な感じがしたので、夏らしくリラックスして履けるようにするためにサイズアップしました。定価は1990円(税別)で販売されてます。セール時には1290円(税別)というお手頃価格になるときがありますので、非常に安く手に入れることができます。安くてシルエットのいいショートパンツをお探しであればおすすめです。

ユニクロ カットソーイージーショートパンツ ブラック

カットソーの素材で着用感がとても楽なアイテムです。ゴワゴワ感や生地が肌に擦れる感覚がないので快適です。そして何よりシルエットが綺麗なショートパンツです。足が長く見える膝丈上で、すそ幅も若干広がっています。ここがすぼまっていると足が短く見えがちですが、このパンツはそこをクリアしています。

綿75%、ポリエステル25%で、問題なく汗も吸ってくれるし蒸れません。シワがつきにくいので、シルエットが綺麗に保たれます。適なので、私は夏の間にずっと着用していました。ガンガン洗濯しても形が崩れることなく問題ありません。2シーズン目の使用に突入しました。これで790円だったので、コスパはとてもいいです。

サイズですがちょっと大きめなので、私は身長180cmですが、SサイズでもOKでした。色は黒を選べばドレスライクに調整できます。私はこのSサイズを選んで、トップスをラウンドカットのシャツと合わせて腰の位置を隠して、足がより長く見えるように着用しています。

ユニクロアンドルメール シャンブレータックショートパンツ ブルー

フランスの著名デザイナーであるクリストフ・ルメールとユニクロがコラボして展開している「UNIQLO U」の前身、「UNIQLO and LEMAIRE」の2016年SSアイテムとしてリリースされたショートパンツ。

一見すると明るめのデニムパンツのような印象ながら、生地にシャンブレーを用いることでナチュラルな光沢感があるため、カジュアルに寄り過ぎずに夏らしいさわやかさをアピールできます。

裾やフライ(ファスナー周り)、ポケットの上下のバータック(補強縫製)の白いステッチが、デザインのほどよいアクセント。また、ひざ上丈で裾幅も広いため、足を長く細く見せられます。それでいて、ふともも周りから裾にかけてゆったりしており、綿100%の柔らかな風合いと相まって、履き心地も抜群。

なお、右側上部にボタンつきの小さなポケットがあるのですが、これは単品で見ると素敵なデザインでありながら、いざ着用すると、タックインしない限り、丈の短いカットソーでも隠れて見えなくなってしまうのがおしいところです。

TAKEO KIKUCHI グレンチェックリネンショートパンツ グレー

ショーツはどうしても子供っぽい印象になるもの。着回しやすさを考えるとショーツの中にどこか大人っぽさを付加させる要因が付け加わったものを選ぶのがいいです。その点でこのショーツはスラックスをショーツの長さで切った、と言わんばかりの大人っぽさが感じさせられるデザイン。

まず、柄のグレンチェック。グレンチェックは英国伝統のスーツにも使われるような柄でかしこまったような雰囲気が出ます。つぎに、丈と裾幅の絶妙なサイズ感。裾は長ければ短足に、短ければムチムチ感が強調されて見えるものですが、これは「ムチムチには見えないがギリギリ短め」といった丈感。

裾幅も同じで広ければ子供っぽく、狭ければムチムチ感が強調されるものだが、「ムチムチには見えないがギリギリ狭め」という幅感。これらのサイズ感のために、体型はよく見せながらかつ「スーツを少し崩した」というような遊び心を見る人に感じさせます。

素材がリネンで夏に履くのに快適ですがその分耐久性はあまりないかもしれません。大人っぽさの中に遊び心のある、着回しやすいショーツを探しているのであればぜひ。

ナノユニバース リネンMIXショーツ ブラック

ナノユニバースから例年展開されているリネン混のショートパンツです(定価税込6500円)。リネン(麻)とレーヨン50%ずつで構成されているため生地のツヤがあり、カジュアル感を軽減してくれています。見た目も涼しげで、黒でも暑苦しい印象なくはけるのがグッド。

ドローコードでウエストを絞れるようになっているものの、コードが太く、リボン結びをするといかにも野暮ったい見た目になりますので、着用時はトップスで隠しましょう。また、生地の伸縮性もなく、ウエストゴムが入っているわけでもないので、購入時よりお腹周りが膨らむとどうしようもないのが欠点ですね。

私は身長172㎝体重63㎏ながら、ももが太くお尻が大きいため、ユニクロのパンツは30をジャストサイズではいているのですが、このアイテムはLサイズを選びました。ウエストはほんの少し余裕がある程度、裾は指4本分くらいの余裕があります。丈は膝小僧がほとんど出るくらいです。あまり裾幅が細いと脚が太く見えるので、もう少し裾が広いといいですね。

KOE THOM BROWNE. MENS DUCK BERMUDA SHORTS ネイビー

カジュアルブランドのコエと、ニューヨークのトップデザイナー、トム・ブラウンのコラボ第1弾として2016年にリリースされたショートパンツ。大きくあしらわれたカモのデザインが目を引く一方で、基本は黒に近いネイビーベースのチェック柄。大人らしい遊び心が楽しめるアイテムです。

形はかなり細身で、生地自体に伸縮性がないので、シルエットもきれいに出ます。ただ、素材に少々難が。安っぽいというわけではないのですが、なぜかメイン素材がウール(68%。あとポリエステル25%、アクリル3%、ナイロン2%、レーヨン2%)なのです。

炎天下で履くにはかなり蒸れる上に、水洗い不可。加えて、裾の部分が肌にチクチクします。上述の通りかなり細身な作りなので、足が太いと履いている間はずっと足がチクチクしてしまいます。定価11880円(税込)はショートパンツとしては安くはないものの、トム・ブラウンの手がけた商品としては破格。肌にさえ優しければ、文句なしの逸品です。

ザラ/STUDIOストライプ柄バミューダ/ネイビーブルー

デザインから色、素材、柄にいたるまで実に多彩なラインナップを誇るザラのショートパンツの中でも、ひと際異彩を放つこのアイテムは、ザラのラグジュアリーライン「ZARA STUDIO」のもの。

横ストライプのベルトや、ボタン(貝ボタンに似せた光沢のあるボタン)つきのベルト通しがあしらわれているため、ネイビーとグレーというダークトーンの色使いにメジャーな柄である縦ストライプのベースではあるものの、地味を感じさせない、それでいて大人っぽいショートパンツに仕上がっています。

生地は柔らかな風合いと程よい艶感に加えて伸縮性も確保されているため(綿71%、リネン25%、ポリウレタン4%)、履き心地抜群。そして裾幅は程よくゆとりがあり、足を細く見せられる仕様です。KOE THOM BROWNE. MENS DUCK BERMUDA SHORTS

惜しいのは、ボタンの付き方が雑だったり、布にほつれがあったり、という細部の粗さ。しかしこれも“ザラらしさ”ですね。なお、筆者はユニクロでパンツを買う際にサイズ(ウエストヌード寸法)79cmを選んでいますが、このアイテムでは40でジャストです。

 

ハーフパンツのコーディネート集はこちらから↓