ジルコニウムでつくる世界でたった一つだけのオリジナル結婚指輪「SORA」

結婚をしている方で、人生の中で一番長く身につけるアクセサリーと言えば結婚指輪ではないでしょうか。仕事の時もプライベートの時も、肌身離さず身に着けている指輪。

筆者は結婚指輪を探した時に、人が持っていないオリジナルのものを作りたいと希望しました。そこで出会ったのがSORAのオーダーメイド結婚指輪、2点28万円(+税)でした。

ジルコニウムの凄さ

SORAの指輪は全てオーダーメイドで作成されます。プランナーの方と二人が出会ったきっかけから結婚までの道のりをお話させていただき、その中で共通のキーワードを探していきます。

「猫」というのが共通のキーワードでしたので、妻がデザインした猫の足跡をメインのデザインにした指輪の作成をしました。

この指輪の材質ですが、ジルコニウムというレアメタルです。ジルコニウムの性質は金属アレルギーを起こしづらく、強度も高いため通常に生活している分には多少の傷がつきますが変形をしたり変色することはありません。


(購入して5年、少し傷が目立ちます)

ジルコニウムを指輪の素材にしているお店は非常に少ないので、素材から人と違うものを選べることも購入を決めたポイントになりました。また、ジルコニウムは非常に軽いです。金属の中で重量があるプラチナの約1/3の重さしかなく、筆者の指輪は5gしかありません。

厚みが最大1.5mmあるので、手をグーにすると他の指に触れて存在感があるのですが、何もしていないとつけていることを忘れてしまうほど軽いのです。

無数の色から選べる

そんな素晴らしい素材ですが、1番の特徴は発色です。ジルコニウムはシャボン玉と同じ構造色によって発色します。素材のものの色ではなく、シャボン玉のように薄い凹凸や膜の厚さによって光が屈折することで様々な色彩に見えるのです。


https://goo.gl/Shc7dA

ジルコニウムも特殊な膜を作り、21色の中から好きな色を選んで発色させることができます。更に21色をグラデーションで発色させることもできるので、無数の色の選択ができます。


(溝の部分はペルドット、タンザナイトの発色)

発色は経年劣化しないのですが、摩擦によって色が変わってしまいます。そんな時はメンテナンスで新たな膜を作ってもらうことで全く違う色にすることができます。

筆者は結婚10周年の記念に色を変えて新たな結婚指輪のようにする計画を妻と立てています。変わり続けることができるというのがジルコニウムの最大の魅力です。

すべてを自分達で決める

オーダーメイドは色やマークだけでなくラインや大きさ、内側の文字も自分達で決めます。二つを重ねた時にラインが繋がるようにデザインをしました。

筆者の指輪の幅は8mmで、身につけているだけで目立ちます。

また、指輪の中に文字を入れることができます。

筆者は名前や日付の他に「縁(えにし)」という文字を入れました。これらすべてをプランナーの方と1から作る作業は簡単なものではなかったですが、2か月かけて自分達が思い描くものをすべて形にしていただきました。

SORAのサービスは一生続きます。クリーニングや傷取り、仕上げ直し、歪み直し、石留めのゆるみ直しは特殊な場合を除き無料で再発色は8000円から対応してくださいます。

筆者は一度指輪を無くしてしまい、再度作っていただいたことがあるのですが、その時も過去の資料から作成してくださり、重ねた時に1mmもズレていない、全く同じものを作成していただきました。指輪だけでなくお店の雰囲気も接客してくださる方も全てを含めてSORAで購入できて良かったと思っています。

世界で一つだけの指輪

この指輪をしていると質問を受けることが多々あります。その度に作った時のことをお話しさせていただき、初心を思い出させてくれます。

無数にある結婚指輪の中で選べるのは1つだけ。そんな大切な指輪を二人で作り上げた世界に1つだけの指輪にしてみるのも面白いかもしれません。

メンズオススメアクセサリーはこちらから↓

【24選】メンズにおすすめのアクセサリーをレビュー!【2018】

2018.05.17