足袋でオシャレに!?差別化が進むsousouの地下足袋をレビュー

足袋は親指とその他の指で別れた靴下のことですよね。地下足袋は、足袋の下にソールを付けた「靴」のことです。

そう靴なんです。今回は和洋ミックスなどのトレンドをいち早く取り入れたい、おしゃれさんにお届けします!

ジャポニズムはトレンドになるのか?

サスクワッチファブリックス2017AW ジャポニズムコーデ https://goo.gl/rovNRe

アパレル業界人でない一般人にとってコレクションとは、「奇抜な格好でやべーやつ」と思ってませんか?

コレクションは最先端のトレンドが反映されています。最近だとおなじみのビックシルエットもヴェトモンなどのコレクションから派生しています。

このビックシルエットも今ではユニクロやGUが取り入れるほど我々には馴染んでいますが、実際はあの奇抜なコレクションから生まれているのです。

では、ここからが本題です。ここでみて頂きたいのは2018年の春夏のコレクションです。

D&Gのロゴでおなじみのドルチェ&ガッバーナとエンポリオアルマーニの二つをご紹介します。両者とも超一流ブランドであることは言わずもがな。毎年コレクションで新たな作品を発表しています。

2018年春夏のコレクションでは両者とも日本的なアイテムが使われていました。

(ドルチェ&ガッバーナの方では浮世絵をモチーフとした日本的な柄のニットを着ています) https://goo.gl/e7LuAM

(エンポリオアルマーニの方では袴を連想させるパンツを着ています)https://goo.gl/ds1k1o

日本的なアイテムが使われています。こういったトレンドはジャポニズムとネーミングされています。

このジャポニズムというトレンドが今、押し寄せているのです。ただ我々日本人にはジャポニズムは地元であるがため、たんに奇異に映るだけかもしれません。

この流行るかわからない早すぎるトレンドをファッションイノベーターとしてチェックしてみませんか?

まだ市場に少ないジャポニズムアイテムを取り入れるならsousouの地下足袋

さて、ジャポニズムが流行ると仮定した場合であって、残念ながら、現在の市場にはほとんどアイテムがありません。あったとしてもマルジェラの足袋ブーツなどお高いものばかり。

マルジェラ タビ アンクルブーツ https://goo.gl/qmCRsB

そんな中私が見つけたアイテムがsousouの地下足袋です。sousouは京都にある和装を製造、販売するお店です。

といっても、ただの和装ではなく、現代の洋装のように派手な柄などが多く、現代的アプローチの和装といえるでしょう。そんなブランドsousouの地下足袋はただの大工が履くような地下足袋ではありません。現代的なデザインが入っています。

このsousouのオススメな点は3つあります。まず1点目は薄いソールに加えてハイカットである点。

このアイテムは薄いソールでありハイカットなので黒ベースの地下足袋であると黒いボトムを活用することで境界線を誤魔化すことができます。

二つ目はsousouの展開する柄がいい。実際に見てもらうとわかると思いますが、柄のチョイスが素晴らしい。

ありがちなボーダーやチェックなどではなく、和を感じさせる柄でありながら配色や切り返しが変わっています。この総柄が最近、ジワリジワリときているトレンド、タッキーにも当てはまります。

3つ目は折り返すことで差し色を作れる点。折り返すことで、色がでてきます。

柄によって折り返しの色は違いますが、コーデに物足りなさを感じた時に折り返すだけで差し色になります。さらに差し色を利用して、トップスに同じ色のアイテムをレイヤードしてみるのも面白いでしょう。

 サイズ、アイテム選びにはご注意を!

ただ、こちらのsousouの地下足袋にデメリットをあげるとすれば、サイズとアイテム選びの難しさです。アイテム選びですが、柄は黒ベースであれば好みの柄を選んで頂ければ良いのですが、足の形と合うかが問題です。

こちらはソールが薄く、サイズも1cm刻みのためサイズ選びが難しいです。一応、専用のハーフソールで調整はできます。

さらに親指と他の指の境目にゴムが入っているものと入っていないものがあり、境目にゴム有りが貼付地下足袋、境目にゴム無しが股付5枚足袋となっています。

ちなみに僕は外反母趾のため指の境目にゴムがない股付5枚足袋を選びました。サイズはスニーカーが基本26cmの自分で26cmを選びました。こちらは、オンライン購入ではなく、実店舗に行っての購入をオススメします。店舗は東京の青山と京都の河原町にあります。

合わせるならワイドパンツがオススメ!

さて、では実際にどのようにコーデを合わせるかですが、ワイドパンツが良いでしょう。実際に自分はスキニーなどよりもワイドパンツの方がしっくりきました。

やはり和服のイメージからなのでしょう。sousouのオンラインのモデルさんもワイドパンツを合わしているものが多いです。

sousou ワイドパンツコーデhttps://goo.gl/VftQFu

sousouワイドパンツコーデ https://goo.gl/LHZhFn

こんな風にコーデを組むのがオススメです。

まとめ

敷居が高いジャポニズムコーデですが地下足袋だけならいつものワイドパンツコーデに合わすだけで大丈夫です。なんとそのsousouの地下足袋は税込8424円です。

アンダー一万円なのでトレンドの先取りには試しやすいでしょう。また下取りや有料での補修のアフターサービスもあるのも嬉しいポイントです。

皆さんも是非早いトレンドジャポニズムにはsousouの地下足袋で取り入れてみてください!

a5u

この記事を書いた人

a5u

身長170cm 体重53kg 靴26cm

人と被るのが嫌いな大学生。古着やマイナーアイテムが中心。最近はヤンキーコーデにハマり中。