2000円台で買える!格安スニーカー「シュベック」がおすすめ!

キャンバススニーカーと言えばほとんどのかたが一度は購入されたことがあろう定番のアイテム。定番アイテムと言えども極上のものを選べば数万円するものはごろごろ市場にはあります。

しかし、よほどスニーカーに強いこだわりがなければ、シンプルで使いまわしのしやすい安価なスニーカーに越したことはありません。今回は私がまさに使い勝手の良いスニーカーを探した際に、セールで見つけて2300円ほどで購入したシュベックのキャンバススニーカーをご紹介していきます。

クセのないシンプルなデザイン

市場にある安物を安物たらしめている大きな理由のひとつが、過剰な装飾性です。ごてごてとした色使いや、野暮ったいシルエットなどがよりチープさを引き出しているのです。

その点シュベックのスニーカーは、上記の画像のように色使いも一色でデザインも極めてシンプル。これをはいて街を歩いても「安物の靴を履いているなぁ」という印象を受けることはまずないでしょう。

http://urx.mobi/JcXy

こちらは同じシュベックのスニーカーの色違いなのですが、一目で安っぽい印象を受けますね。他にもいくつかのカラー展開があるのですが、今回ご紹介しているオールブラックのものかオールホワイトのものがおススメです。

さらにこのオールブラックのものは、ソールから靴紐を通す穴の金属部分にいたるまで黒で統一されています。ここまで一色に統一されると足元の主張が抑えられ、コーデの中で浮いた存在になることもありません。

丈夫につくられたソールと防水性のあるつま先

ソール部分は、ゴムと靴を熱と圧力によって強力に接着しているバルカナイズ製法という方法でつくられています。高価でお気に入りの靴などは、普段使いとして着用するには少々気がひけるもの。

このシュベックのスニーカーのように、格安でしかもある程度の耐久性を売りにしているものであれば、普段使いにはもってこいで雨の日でも気にせずガンガンはきつぶせます。

そのうえつま先がゴムでおおわれているので防水とはいかないまでも、靴の内部まで浸水してくるのをかなり防ぐことができます。

アディダスのスタンスミスやナイキのスニーカーなども普段使いとして着用していたのですが、そちらは1万円以上しますし雨の日にはくとすぐに内部まで濡れてしまいます。私は近場まで少し出かける際や、雨の日などはもっぱらこのスニーカーばかりはいています。

素材感や使用感

素材に関しては特に特徴はなく値段相応の合成素材です。しかし前述のとおり色使いに気をつけることで素材感が目に付くということはまずありません。

そもそもャンバススニーカーである以上ゴムとキャンバス生地でできているので、コンバースのオールスターなどのメジャー製品と比べても素材そのものに大きな違いはありません。

靴底部分はペラペラではなくある程度のクッション性があり、少なくとも2~3km歩く程度であれば特別疲労感を感じることはありません。サイズ感も足のサイズ通りで、普段の靴が27.5cm~28cmの私が28cmを着用してわずかに余裕がありますね。

ここまでこのスニーカーをべた褒めしてきましたが、気になる点をふたつほどお伝えしておきます。まず、販売サイトにはどれも色がブラックと書かれているのですが、微妙にネイビーともとれるようなブラック加減です。

単体で見るとブラックに見えるのですが、ツヤ感のない濃いブラックのパンツなどと合わせると微妙に違いがわかるかもしれません。また靴の外側の耐久性に関しては申し分ないのですが、靴底部分の接着が少し弱いです。

1年程度の着用は問題ないでしょうが、数年の着用になってくると靴の内部がボロボロになっていくでしょう。もっともこの値段のスニーカーであれば数年単位での耐久性というのも荷が重いでしょうし、内部は脱がない限り見えるものでもないのであまり気にはなりません。

アマゾンや楽天、ゾゾタウンでも取り扱いのある格安ブランドですので、気軽にいつでも手に入れられます。とにかくシンプルで使い勝手の良いスニーカーを安く手に入れたい、というかたにはおススメですのでご参考に。アマゾンでは2980円(税込)

メンズおすすめスニーカーまとめはこちらから↓

【サイズ感付き】メンズのおすすめスニーカー36選!【2018】

2018.06.20