タイメックスのウィークエンダーはオンオフ兼用できるモデル

タイメックスは1854年に産まれたアメリカの老舗時計ブランドです。軍時計用のキャンパーやスポーツ用のアイアンマン、今回レビューするウィークエンダーなどが有名なモデルです。街着として使いやすいウィークエンダーをレビューしていましょう。

ウィークエンダーの特徴

ウィークエンダーの特徴の一つ目は、まずケース素材が真鍮製であること。真鍮なので使っているほどにどんどんと味が出てきます。また、ヴィンテージモデルも存在しているのでヴィンテージモデルを選ぶと親から子に代々譲られてきたかのような印象になります。

goo.gl/W3dBmq

次に二つ目ですが、バンドが気軽に交換できるところにあります。下の画像の様にちょっと探すだけで膨大な量のバンドが見つかります。しかも1本あたり安価で買えることが多いです。その日のコーディネートに合わせて、バンドを変えて差し色にするなど汎用性が高いのも魅力の一つです。

ウィークエンダーの機能と付け心地、値段について

上記写真の様に、ベゼルを押すことで水色に文字盤全体が発光します。この機能は1992年に世界で初めての文字盤全体が発光する機能として話題になりました。この機能は「インディグロナイトライト」といい、タイメックスの時計には大体この発光機能がついています。

ウィークエンダーの付け心地はバンドの素材感によって大きく異なります。筆者はレザーバンドを使用しているためソフトな付け心地です。ケース自体が極めて細めで重さがあまりないため重いと感じたことはありません。

時計が苦手な人にも手を出しやすいサイズ感および使いやすさだと思います。ケースの厚みは9mm、ケース径と幅はともに40mm、ムーブメントはクオーツになります。ケースの色にもよりますが、シンプルなシルバーのケースでメタルバンドのモデルなどであればオンでも使用することができるため、これ一本でオンもオフも使用することも可能です。

さて、ここまでレビューしてきましたタイメックスのウィークエンダーですが、Amazonや楽天などの通販や、tictacなどの時計専門店やユナイテッドアローズなどのセレクトショップなど幅広く流通しているため様々なところで購入することができます。

そして価格はモデルにより若干異なりますが、レザーベルトのもので1万円(+税)です。ちょっとしたプレゼントなどにもちょうどいいお手頃価格だと思います。カップルでバンドを揃えて、ペアで使ってもいいかと思います。シンプルでファッションの邪魔にも全くならないので、おすすめです。

オススメ腕時計まとめはこちらから↓

【21選】メンズのオススメ腕時計を実際に買ってレビュー!チープカシオからオメガまで網羅【2018】

2018.11.03
まーしー

この記事を書いた人

まーしー

身長165cm 体重65kg 靴24.5〜25.0cm

人と被るのが嫌で、どこかしらで個性を出したい。土日しか私服が着れない28歳、東京生まれ東京育ち東京在住。