2018年秋冬ユニクロUのエクストラファインメリノマフラーは同素材セーターが必須!

ユニクロU展開アイテムには毎シーズンどうやって使うのか、着こなしが難しそうなアイテムがあります。ユニクロは基本的にベーシックな日常着を提案しています。年に2回しかないクリストフ・ルメールとのコラボラインだけに、一見使いにくそうなアイテムでも期待してしまうのは筆者だけではないはず。そんな2018年秋冬ユニクロUの中でもどうやって使えばいいのかわからない筆頭「エクストラファインメリノマフラー」をご紹介します。

マフラーではなく、ショールとして使うのが正解

マフラーという名称から、販売前はもう少し大きいサイズを想像していたのですが、かなり細くボリュームに欠けます。基本的にストールやマフラーはボリュームがある方が、サマに見えやすいです。たっぷりとした生地が顔まわりに配置されることで、対比で小顔効果に繋がります。

一方でこちら、これほど細身では小顔効果はかなり薄く、無いよりはマシ程度のものと考えましょう。それでも首回りの小物は目立つもの。小さい面積でも印象は格段に変わります。そこで、小顔効果を狙うのではなく装飾性を狙う方がいいでしょう。

ショールをご存知でしょうか。主にパーティースタイルで着用されることが多いのですが、本アイテムはインナーに着用するニットとアンサンブルのように組み合わせて着こなすのに向いています。同素材で重ねるため悪目立ちせず、ボリューム不足が気になりません。着用アイテムが増えることで装飾的になるため、脱地味はバッチリです。

(参考/ジャケットを羽織ってパーティースタイル)

同じユニクロUで展開されている「エクストラファインメリノタートルネックセーター」と合わせるのがオススメ。インラインのものでも似た色はあるのですが、色差が少々気になります。重ねてみて違和感が無ければ気にすることもありませんが、微妙な差でも案外気になるものです。

首からたらすだけで寒いときは、首元にぐるぐる巻きつけてニットと一体化させてしまうのもいいでしょう。こちらは防寒性が高く、風の侵入を防いでくれます。あまり綺麗に巻き付けるとコルセットのように見えるため、ほぐして無造作に巻き付けるのが吉です。

マフラーとしては細くペラペラなサイズ感

先述の通り頼りないサイズ感。どのくらい小ぶりなのかというと長さ164㎝×幅15㎝。大判のストールで幅70㎝以上と考えるとやはり細く小さい。所謂マフラーも幅は30~50㎝程度のものが多いため、本アイテムをマフラーというには少々違和感があります。しかしショール・ストール・マフラーの定義が少々難しく、同じものを指すことも多いです。ストールとスカーフが国によっては同じカテゴリで販売されていることすらあります。「マフラー」という商品名も、混乱を避けるためならうなずけますね。

装飾性のトレンドの影響で、小物の選択肢は増える一方です。ギラギラしたアクセサリは、抵抗を感じる方も多いでしょう。マフラーは防寒という目的がありますが、ネックレスなどは機能的に意味を持たないためどうしてもわざとらしさが付きまといます。そんな方には特に、首元の装飾にひとつ加えてみてはいかがでしょうか。

ツヤ抜群、肌ざわり快適な上質素材

肌に直接触れる生地です。肌当たりがよくさらさらしており快適そのもの。筆者は肌が弱く、チクチクとした感触があるとすぐに首が赤くなってしまいます。かなり柔らかい生地のため、そういった悩みとは無縁です。

エクストラファインメリノの19.5マイクロンという超極細繊維は、高密度で編み上げることで独自のツヤが生まれます。ツヤは高級感の象徴で、ドレスに代表されるアイテムがツヤツヤのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。このファインメリノも、ユニクロで比較的安価で手に入る割に安っぽさは皆無。顔の近くはどうしても目立つので、気を抜いてはいけませんが、こちらは大人が安心して使える素材感となっています。表記は毛100%。

ユニクロのファインメリノシリーズは、マシンウォッシャブル仕様で、洗濯機で洗えることが持ち味のはずですが、こちらには特に記載されていません。通常のウール素材であれば、水洗いするだけでもヨレや縮みが発生します。手洗い推奨となっているため、一応家庭で洗えるようになっています。試しに筆者はネットに入れて洗濯機で洗ってみました。伸びや縮み、ヨレは今のところ見られませんが、インラインのファインメリノシリーズよりも耐久性が低い可能性がありますのでご注意ください。

また毛玉に関しても、できにくい加工をしているとされるインラインに対して、こちらは「毛玉ができやすい」と注意書きがあります。毛玉は繊維同士の摩擦などでどうしてもできてしまうものです。みっともないので見つけ次第ハサミで切ってしまいましょう。

「エクストラファインメリノセーター」に合わせるべきカラー展開

カラー展開は「01 OFF WHITE」「07 GRAY」「09 BLACK」の3色展開。ネイビー以外は「エクストラファインメリノセーター」と同じカラー展開となっています。筆者が選んだ「01 OFF WHITE」は純白ではなくやや黄色が混じったようなクリーム色になります。お手持ちのアイテムや合わせたい色でそろえるのがオススメです。

特に「09 BLACK」であれば、多少の色差が分かりにくく、あえて同素材で着用せずとも悪目立ちすることも少ないでしょう。グレーは濃淡の差が激しく、単体使いが少々難しいと感じました。素敵な色味であることは間違いないため、着こなしに自信のある方には是非オススメしたいです。

商品ページコメント欄には「小ぶりなサイズ感だからこそいい」「市場にない」と言った理由で購入されている方もいます。筆者はこんなに細くて使いにくいマフラー買う人いるのかな。と初見で感じていました。マフラーと同じように使ってサマに見せるのが難しいだけで、どんな使い方をするかによって評価が違うのも面白いところです。

(参考/クセの強いユニクロU過去の展開アイテム) 
http://i1.wp.com/otakomu.jp/wp-content/uploads/2016/09/item_189216_35.jpg?resize=552%2C552


https://fuku-labo.com/uniqlo-u-boder-tshirt


https://fuku-labo.com/wp-content/uploads/2017/09/image7-4.jpg

余談ではありますが、「包帯」などと比喩されることもある本アイテム。過去のユニクロU展開アイテムで言えば、鍋つかみや永谷園、オモチャみたいに派手な上に何も入らないバッグなど、クセのあるアイテムが揃っています。「エクストラファインメリノマフラー」も同様にどれも使い方次第で魅力を放ち、流行を牽引しているといっても過言ではありません。アイテム単体でオシャレかどうかが決まるわけではないのがファッションの面白さでもありますね。価格は1990円(+税)。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【28選】

2018.12.01

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【105選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.12.06

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。