ユニクロの新作ニット「アクティブフルジップセーター」はジャージ×ニットで作られた逸品!

今回はコートのインナーにも使えて、暖かくなればジャケットの代わりに羽織れることができるユニクロのアクティブフルジップセーターをレビューします。

アスレジャートレンドを手軽に取り入れる

ファッションは「普通の洋服」をカッコよく着こなすノームコアのトレンドが中心でした。ファッションとは波のようなものであり、少しずつ変化していきます。普通の服に飽きてきたファッション上級者は変化を求め、周りと違った着こなしを始めます。

そのひとつがアスレジャーというスポーツウェアを取り入れたトレンドです。少し前に大流行したジョガーパンツも、ジョガー(ジョギングをする人)のパンツというアスレジャーの流れにあります。


(典型的なアスレジャーファッション。ドレスなコートハイゲージニットにジョガーパンツ・スニーカーでバランスを取っている)
http://ur0.biz/HITS

ユニクロのアクティブフルジップセーターはトラックジャケット(いわゆるジャージ)を模していて、スポーツウェアとして開発されています。そのため、コーディネートに組み込むだけで簡単にアスレジャーを取り入れることができます。

また、ジャージの特徴として襟が立っているため、チェスターコートなどのインナーに使うと首元が寂しくなくなり、小顔効果も得られます。

ニット素材だから暖かくドレスライクに

一般的にトラックジャケットを街着として着用しようとすると2つ弱点があります。1つは、スポーツウェアなので汗が早く乾くよう通気性が良くなっていること。裏返すと冬には防寒性が足りません。

もちろん、スポーツをするならいいのですが、街着としては汎用性に乏しいといっていいでしょう。次に、派手な色彩が多く、カジュアルになりすぎることです。

この2つの弱点を、ユニクロはニット素材を使うことで解消しています。伸縮性を確保するため、本体の部分にポリエステルやアクリルを混紡していますが毛を24%使っており、暖かさを確保しています。

また、ニット素材を使うことでツヤが生まれ、ジッパーやリブなどのパーツをすべて同じ色を統一することによってカジュアルなトラックジャケットをドレスライクな商品に仕上げています。


(ジッパーもスライダーも黒で統一)

スーツスタイルをイメージすれば分かりやすいと思いますが、色に統一性があるほどドレスライクに見えるものです。ジャケット代わりにさらっと羽織ってもサマになりやすい良品になっています。
※ドレスとカジュアルのバランスについてはこちらをお読みください:http://bit.ly/2tJQlp5

東レのポリエステルを使い伸縮性抜群

前項で少し素材について触れましたが、この商品は本体と脇部分で素材の混紡が異なっています。本体部分は、アクリル52%・ポリエステル24%・毛24%、 脇部分はアクリル62%・毛24%・ナイロン12%・ポリウレタン2% です。

特にポリエステルは一流素材メーカーである東レ製の特殊なポリエステルを使っていて伸縮性に優れています。また、特によく動く脇部分は素材と編み方を変えることでさらなる伸縮性を実現しています。

身長172cmでややお腹が出た筆者は、Lサイズを購入しました。ホームページで確認すると、身丈68.5cm・肩幅43cm・身幅52cm・袖丈64cm。ユニクロのニット類は1サイズアップすることが多いのですが、伸縮性が強いためこの商品は普段着ているサイズで問題ありませんでした。


(脇部分。伸ばしてみました)

なお、脇部分にはリブがあることで伸縮性が高くなっていますが、切り替え部分が目立ちすぎるといった難点があります。目立たせたくない場合は濃い色であるブラックやネイビーを選びましょう。


(薄い色だと目立ちやすい)
http://ur0.biz/HIRf

また、ニットなので洗濯機で洗うことができます。お手入れも簡単なのが助かります。ただし、絡まって生地を傷めないように必ずネットを使いましょう。

スライダーについている赤いヤツはちぎり取れ!


(簡単にはずせます)

何度商品画像を見ても、スライダー(引手)の先についている赤いパーツが気になります。ジャージをイメージしているためなのでしょうが、これが非常にダサい。

何のためについているか分からない上に、せっかくジッパーやスライダーまで色を統一しているのにこれが台無しにしています。細い紐でくくりつけられているだけなので、簡単に取れるので、外してしまいしょう。

一部店舗限定であることに注意

この商品は一部店舗限定となっています。筆者が住んでいる地域で一番大きなユニクロでも取り扱いのないレア商品です。同店はユニクロUがフルラインナップで揃う超大型店だったのですが、こちらの取り扱いはありませんでした。

ユニクロアプリで取扱い店を探しても店舗がなく、隣県まで行って購入したなんてレビューも散見されました。欲しい方は、オンラインで!と言いたいところなのですが、執筆時点ですべての在庫がありません。

どうしても欲しい人は、店舗の在庫を確認するかオンラインショップの在庫が復活することを祈りましょう。

筆者は汎用性が高いブラックを購入しました。今の時期は、明るい色のコートのインナーとして使っています。

使っているコートはノーカラーのため首元が寂しくなりがちですが、襟があるので弱点を簡単に解消できますね。

羽織で着用する場合はジャケットの代わりにサラッと羽織りましょう。色味が少ないと地味になりがちなので、どこかに色を使うと地味な印象を簡単に払拭できます。

サコッシュと靴下にネオンカラーを入れてみました。ちなみにどちらもユニクロです。価格は3990円(+税)

メンズおすすめブルゾンレビューはこちらから↓

【26選】メンズおすすめブルゾンを買ってレビュー!【2018】

2018.10.27
佐藤シュガー

この記事を書いた人

佐藤シュガー

身長172cm 体重67kg 靴のサイズ27.5cm

北関東を住み家とする32歳。「最小の投資で最大のおしゃれを!」をモットーとするも欲しいものが多く、買いすぎてしまうのが玉に瑕。 ユニクロは我々の味方!  

twitter