5000円で買えるユニクロのカシミヤマフラーは50点の出来

マフラーやストールに求められることは何でしょうか? 春や秋なら首元にアクセントとして使い、冬はなんいっても防寒性です。肌触りがよく保温性も高いことで知られているカシミヤ。そのカシミヤを使ったマフラーをもう何年もユニクロは販売しています。

高級素材であるカシミヤを使ったマフラーを5000円ほどで販売しているのはユニクロ以外ありませんが、個人的評価をつけさせてもらうとユニクロのカシミヤマフラーは100点満点中50点です。

老若男女が手に取りやすいベーシックなデザイン

冬になると様々なデザインのマフラーがありますが、このカシミヤマフラーはマフラーの典型的なデザインで横が長く、縦が短い着物の帯のような形をしています。

公式サイズは長い部分が176cm、短い部分は28cm、フリンジが8cmとあり全長は180cmを超えます。「そんなに長いのか?」と著者も思いましたので、早速測ってみます。

測ってみるとたしかに180cmを超えており、身長175cmの著者よりも大きい。このマフラーはデザインにクセもなく「誰もが手に取りやすい」がコンセプトのユニクロらしいデザインです。

ツヤは抜群だが、暖かくはない

冒頭で「冬に使うマフラーは防寒性が第一」と書きました。カシミヤは保温性に優れていますが、正直に言ってユニクロのカシミヤマフラーで暖をとることはできません。

実際に手にとっていただくとわかりますが、生地の厚さは多く見積もって2㎜。この薄さはインナーに使うセーターにならちょうどいいかもしれませんが、マフラーには足りません。このため首に巻いても肌に密着しないので野外での防寒性が期待できません。


(上がアタッチメント、下がユニクロ)

そして、ボリュームが足りません。コーディネートのなかでも特に目立つ首元にはアゴを隠せるくらいのボリュームがほしいです。防寒性はもちろん小顔効果もあり、まさに一石二鳥なのですが、このマフラーは生地が薄いためアゴどころか首すらも隠せません。

私が普段使用しているアタッチメントのマフラーに比べると雲泥の差です。例えるなら、ゴリマッチョとガリガリに痩せている人くらい差があります。

ここまで書いたのを読むと50点もないのではないかと思うかもしれません。ですが、この50点ぶんの唯一優れている点があるのです。それがツヤ感。

これは白のような明るい色だとわかりにくいですが、黒やネイビーのような暗い色だと素人目でみてもはっきりわかるくらいツヤツヤしています。これくらいツヤ感があれば首から垂らしておくだけで上品な印象をもたせることができます。

0に等しい防寒性を解決するには

厚みがなく小顔効果も防寒性ないとマフラーですが、すでに購入してしまった方やこれから購入しようと思っているために防寒性を高めるための合わせ技を伝授します。

防寒性を高めるためには首元を生地で覆うこと。タートルネックだけだと真冬では不安です。そこで、ネックウォーマーを重ねて使うという方法はどうでしょうか?


(使用しているネックウォーマーはユニクロ。同色のものだとより同化して見える)

著者はこの方法を実際に使っているのですが、効果は抜群です。ネックウォーマーは鼻まで覆うことができるので小顔効果も得ることができます。

首に2つのアイテムを使うのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、異なる素材を使ってアイテムを作る手法は多くのブランドが取り入れています。ハイブランドだとSacaiや,ドメスティックブランドだとDISCOVEREDがよくやっています。


https://goo.gl/N2dXEd

ファッションのプロたちも使う方法なのでわたしたちが使っても何もおかしくはありません。それにカシミヤマフラーのツヤは素晴らしいのですから、ネックウォーマーと合わせてひとつのアイテムのように使ってしまえば防寒性・小顔効果・ツヤ感を同時得ることができるのです。

あと、ここでは紹介しませんがカシミヤマフラーを2つ購入して重ね巻きするという荒業もありますので興味のある方はお試しください。

シワや毛玉に注意!使ったあとはブラッシングをしよう

カシミヤは非常にデリケートな素材でして、シワになりやすく、摩擦により毛玉もできやすいです。特に今回のマフラーは生地も薄く、ネックウォーマーとの重ね巻き推奨なのでシワや毛玉に注意が必要。1,2年で使い古すつもりで購入した人はいいですが、それよりも長く愛用していきたい方は外から帰ったら洋服用のブラシでブラッシングするようにしましょう。

そして、マフラーを巻かなくてもいい季節になったらクリーニングに出します。これが面倒くさい場合は丁寧にブラッシングをしてファブリーズをかけてきれいに畳んで収納しておきます。

高級素材カシミヤを使用したユニクロのマフラー。デザインは老若男女に受け入れる横長のベーシックなもの。しかし生地が薄く防寒性とボリュームがないのでマフラーとしての出来は100点中50点としました。

唯一優れている点はツヤが素晴らしいところ。このため秋や冬のはじめ頃は首から垂らしておくと上品な印象をだすことができます。真冬に使うときには、ネックウォーマーを一緒に使うと防寒性・小顔効果を得られるのでオススメです。価格はセールで3990円(+税)

オススメストールまとめはこちらから↓

【2018】メンズおすすめストールを買って、使ってレビュー!【18選】

2018.07.20