ユニクロのウールカシミヤキャップは大人が被るべき究極のキャップ!

大人が被るべき究極のキャップが発売されました。ウールカシミヤという高級素材を使用、素材感を最大限活かすためデザインはシンプルでシルエットはシャープ、作りはニューエラやottoなど帽子専門ブランドと遜色ないレベル。そして、価格は1990円(+税)と帽子専門ブランドの半額という格安っぷり。このウールカシミヤキャップを手に取って「ユニクロって素材はいいけどデザインはダメ」という消費者は皆無でしょう。

色展開は、ブラック・ネイビー・グレイの3色。筆者はブラックを購入しました。サイズはアジャスター付きのフリーサイズですが作りは小さめです。越谷レイクタウンのユニクロにて購入しましたが、レジ前に陳列されていたこのキャップを男性よりもむしろ多くの女性が手に取って購入していました。ドレス感あるコーディネートの外しとしてレディースでは定着しているベースボールキャップですが、ここまでシンプルで高級感がありコスパの良い商品は珍しいのかもしれません。

格安ながら子供っぽさ皆無の高級感たっぷりな仕上がり!

キャップといえば「ベースボールキャップ」を連想しますが、多くの男性が10代の時に被ったことのあるポピュラーなアイテムであり素材、色も豊富です。半面誰しもが若い時に被ったことがあることで、「子供っぽい」イメージが定着していて30代以上の男性が大人の街着として取り入れるにはハードルが高めです。また丸みのあるシルエットと張りのある生地により頭にフィットしにくくキャップ自体が目立ってしまうため、特に大きなロゴの入ったキャップですと90年代のヒップホップファンのような「ヤンチャ」なイメージが先行してしまいます。

それに対しこのウールカシミヤキャップは、ベースボールキャップのデザインを踏襲しながらボリューム感はなく小さめのシルエットかつ柔らかなウールカシミヤ生地のため頭によくフィットするので大人が抵抗なく被れるアイテムに仕上がっています。

カシミヤ特有の起毛による艶感が高級感を演出しております。ステッチは黒色で統一され、天ボタン(頭頂部の留め具)も同生地を使用しており、パーツやステッチが目立つことなくシンプルなデザインとなっています。カシミヤウールの高級な素材感を最大限活かすためあえてシンプルなデザインに徹しているため子供っぽさは皆無です。

裏地は今年流行のチェック柄、また綿素材のため汗をかいてもチクチクしません。念のため、真夏に野外で頭髪に汗をかきながら1時間程度被りましたが、蒸れは感じますがチクチクした痒みは生じませんでした。真夏はともかく秋冬は蒸れを感じずに快適に被ることが出来るでしょう。

アジャスターによりサイズ調整可能です。またアジャスターが安っぽいプラスチックではなくガンメタリックのような金具なのも高ポイント。後ろ向きに被っても安っぽさがなく子供っぽい印象になりません。

帽子専門ブランドと比較!

仕上がりをチェックするため、ニューエラのベースボールキャップ(右https://goo.gl/deC7vE 税込4644円)と比較します。両方とも6パネルのベースボールキャップで市場で最も一般的なデザイン。ニューエラの方がユニクロより0.5㎝程度頭頂部が高いです。ユニクロの方が低い分だけ頭部に密着します。

キャップの表情を決めるつばの固さと縫製ですが、比較すると違いはほぼありません。

クラウン(帽子の頭にかぶる部分)を比較しても縫製に違いはありません。右のニューエラと違い、ユニクロには通気口がありませんが秋冬アイテムなので問題ありません。そしてユニクロの方がはるかに生地に艶感があり柔らかいです。

スベリ(キャップの内側のあて布)を比較してもたいした違いはありません。ニューエラはクッションが入っている分少し厚みがありますが、タグが無ければどちらが帽子専門ブランドのアイテムか正直分かりません。

アジャスター金具の比較ですが、ユニクロの方がサイズは小さくニューエラより目立たない仕様です。比較するとユニクロと帽子専門ブランドであるニューエラのキャップに仕上がりの差はほとんどありませんでした。しかしユニクロは高級素材であるウールカシミヤを使用し更に半額以下で購入できることを考慮すると今回のウールカシミヤキャップがいかに驚異的なアイテムかお分かりいただけると思います。

唯一の欠点は洗濯が難しいこと

洗濯表示を見ますと、「家庭洗濯NG、漂白NG、タンブル乾燥NG、アイロンNG、ドライクリーニングNG、ウエットクリーニングNG」と家庭洗濯は困難です。使用後にブラッシングと除菌消臭スプレーを欠かさなければ次回以降も快適に使用できるとは思いますが、汚れが気になる方・使用頻度が高い方は値段が格安なので複数購入することをお勧めします。その方がクリーニング屋に出すよりお安いかと。

クリーニングに難点があることを除けば大人が被れる帽子として完成の域にある今回のユニクロウールカシミヤキャップ、秋冬も日によっては夏同様の強い日差しがあり日焼けによる頭皮へのダメージを防ぐためにもお勧めです。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【81選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.09.24

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
モリー

この記事を書いた人

モリー

身長176cm 体重72kg 靴27.5cm(USサイズで8.5~9)

週1日の休日おしゃれの為だけに、ほぼ毎日仕事帰りにユニクロから伊勢丹までウォッチメンする3児の父。中年太りを誤魔化すコーデを日々研究中。