2019年春夏ユニクロ×エンジニアドガーメンツのオーバーサイズポロシャツはポロシャツらしからぬ完成度

ルメールやJ.W.アンダーソンとコラボしてきたユニクロが新しくエンジニアド ガーメンツとコラボし、5型のポロシャツをリリースしました。今回はこの中から、オーバーサイズポロシャツ(半袖)を紹介します。エンジニアドガーメンツはアメリカンクラシックを基調としたスタイルを得意とするブランドです。

ゆったりサイズでトレンド感のあるシルエットのポロシャツ

本アイテムはアイテム名の通りオーバーサイズのポロシャツです。肩の部分は着用すると肩の縫い目が肩から下に落ちるドロップショルダーになっています。またボディ部分もゆったりしており、トレンド感のあるオーバーサイズなシルエットを楽しむことができます。全面の右胸にはポケットがついています。

背面にも特に目立つ特徴はなくシンプルな作りになっています。オーバーサイズであるもののそれ以外は大きく目立つデザイン性はなく、落ち着いた雰囲気で大人っぽいデザインです。

特徴のあるパーツ

襟の下にある前立てはボタンが一つのみとなっていて、ボタンを止めても襟が完全にはしまりません。これによりボタンを止めていてもリラックスした雰囲気になります。ボタンにはゴム素材が使われていて、ボタンを指で挟んで力を入れるとボタンが変形します。

裾にはこのように左右ともにスリットが入っています。スリットの深さは75mm程度です。スリットが入っていることでお腹がぽっこり出ているわたしのような中年男性でもお腹周りがあまり目立たないように着用することができます。

(スリットを横から見る。写真右が後ろ側)

スリットを横から見て分かる通り、前後で着丈が異なり、後ろのほうが18mmほど長い作りになっています。この着丈の違いが見た目のアクセントになっています。

(前身頃を表から見る)

(前身頃を裏から見る)

左右の前身頃には裏から布が当ててあり、この布が表の布とジグザグのステッチで縫い合わされています。糸は同色が使われており、ステッチはあまり目立ちません。筆者も写真撮影をしていて初めて気が付きました。

あまり目立たないながらデザインとしておとなしめのアクセントになっているとともに、前身頃部分の布を二重構造にして強度をアップしているものと思われます。アメリカンクラッシクのテイストでワークやミリタリーを得意とするエンジニアドガーメンツらしい作りと言えるのではないでしょうか。

生地はカジュアルだがコシがある

素材は綿100%の天竺素材です。素材は厚めで適度にハリのある固さで、着用した際に体に密着せず、ゆったりしたシルエットになります。なお洗濯は洗濯機で行うことができます。

購入前にサイズ感の確認をおすすめ

サイズを選ぶ際は可能な限り試着してから選ぶことをおすすめします。筆者は165cm、58kgで、普段、ユニクロのアイテムをジャストサイズで着用したい場合はSを選択します。このアイテムは試着してサイズを確認し、Mサイズを選択しました。Sを試着しましたが、オーバーサイズではあるものの筆者が想像していたサイズ感よりも小さめでイメージのようなシルエットにはなりませんでした。つぎにMを試着したところイメージ通りのゆったりしたシルエットになったので、このサイズに決めました。

着用感は、オーバーサイズという通りゆったりしており、生地が肌に密着することもないためあまり暑さも感じず快適です。ゆったりしているため動きが成約されないため動くのも楽です。カラー展開は白、黒、オリーブの3色でサイズはXS~4XLまでの展開です。価格は1990円(+税)です。この価格でこのトレンド感を味わうことのできるポロシャツが入手できるのは、ユニクロの生産背景があってこそのものかと思います。この夏、お手軽にビッグシルエットを楽しみたい方に最適です。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【147選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.08.05
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16