ユニクロのストライプシャツはオンオフ兼用の良アイテム!

ユニクロのエクストラファインコットンブロードストライプシャツはユニクロでも定番ですが、オックスフォードシャツよりは表面につやがあって、ドレス感があり、ファインクロスシャツより、ややつや感が少なく、カジュアルな印象になっています。

お勤めの会社にもよると思いますが、ビジネスでもカジュアルでも使える便利なシャツとして1990円(+税)と圧倒的なコストパフォーマンスを誇る一枚です。

さらに、ユニクロでは期間限定で安くなることがあり、筆者は今回1290円(+税)でこのシャツを購入しました。本当にこんなに安くてよいのでしょうか。デフレ大歓迎ですね。また、筆者はこのタイプの白シャツのヘビーユーザーで、会社に行くときに毎日着ています。肌触りもよく、やわらかくて着心地もよく、また、発色もよくて清潔感があって、本当に重宝しています。

着心地最高

素材は、コットンの超長綿(繊維長35mm以上)を使用しています。超長綿は手触りが良くて、シルクのような光沢があり、細くて強度のある糸が作れるので、薄くて上質の生地が作ることが可能です。このシャツの生地も超長綿の特徴どおりの生地となっていて、軽くて柔らかいです。

このシャツで私が一番気にいっているのは、その着心地。日常使いのシャツでは、デザインやシルエットは定番をチョイスすれば、着心地こそ一番大事ではないでしょうか。

肌触りもさらさらしていて、これから湿度が高くなる季節にもぴったりだと思います。勿論、日常使いですから、ハードユースすることを前提に考えると、コストパフォーマンスが高いのもとても評価できます。

オーソドックスなデザイン

デザインはごく一般的なボタンダウンシャツと同様です。背中にはボタンダウンシャツで定番となるセンタープリーツがついています。左胸にはポケットがあり、スマホがちょうど収まります。全体的なつくりはややゆったり目に作ってあり、ユニクロの基本的な方針である万人向けのシルエットになっています。

ユニクロコラボしたアンダーソンのシャツと腕の太さを比べてみましたが、約1㎝程度大きめでした。中年体系の私にはこのゆったり感が着ていてとても動きやすくて、快適です。

ボタンはプラスチックの小振りの物が付いています。シャツ自体の値段が安いのであまり良いボタンが付いていないのは当然で、値段相応のボタンと考えられます。


(センタープリーツ)


(オーソドックスなポケット)


(アンダーソンのシャツとの腕の太さの比較。上がアンダーソンのシャツ)


(プラスチックのボタン)

ストライプの色ですが、今回は「65 BLUE」を購入しました。この色は比較的はっきりとした色で私が以前に購入したアンダーソンのシャツよりは濃い色になります。ストライプも一本の線ではっきりしていて、アンダーソンの2本の線で構成されたストライプよりは派手に感じるかもしれません。

ビジネスで使うにはちょっと目立ちすぎると感じる方にはもう少し薄い色のストライプのモデルもありますので、そちらのシャツを選ばれた方が良いかもしれません。


(アンダーソンとの色・ストライブの比較。手前がアンダーソンのシャツ)

サイズ感・重さ・生地の肌触り

着た感じはゆったり目ですが、いわゆるユニクロ標準サイズでちょっとだけゆったりしている感じです。生地はとても軽いです。アンダーソンのシャツと生地の手触りを比べてみましたが、こちらの方が少しつるつるしています。アンダーソンのシャツはわずかに起毛感がありますが、こちらは全くなくさらっとした肌触りです。

各サイズの寸法は以下の通り。S サイズは着丈74cm、身幅52cm、肩幅44cm、袖丈58.5cm。Mサイズは着丈76cm、身幅55cm、肩幅45.5cm、袖丈60cm。Lサイズは着丈78cm、身幅58cm、肩幅47cm、袖丈62cmです。

筆者は169cm・73kgですが、Lサイズでちょっとゆったり目です。ただし、仕事中の動作の邪魔にならないこのくらいのゆったり感が筆者は好きです。

洗濯について

洗濯の表示は、液温40度・洗濯機で弱い洗濯可能、塩素系漂白剤使用禁止、タンブル乾燥禁止、日陰の吊り干し推奨、150度でアイロン可能、ドライクリーニング可能となっています。筆者は基本的にドライクリーニングに出していますが、今まで、縮み、シワ、色落ちなどのトラブルはありませんでした。


(洗濯タグ)

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【53選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.05.10
ごとりん

この記事を書いた人

ごとりん

身長169㎝ 体重73㎏ 靴26.5㎝

アビレックスのミリタリー物の服をしこたま買い込んだ後にMBさんのドレカジバランス理論に出会い自分のアメカジてんこ盛りのワードローブに茫然&愕然とするも、黒スキニーから出直してなんとかもち直した、あるいは開き直ったファッションに遅咲きの54歳。