ユニクロのEZYタックアンクルパンツでトレンドのチェック柄を取り入れよう!

本稿でオススメするユニクロ「EZYタックアンクルパンツ(ウィンドウペン)」は、レディースアイテムではあるものの、タックが入って腰周りがゆったりしているのでメンズでも問題なく着用できます。落ち着いたチェック柄のスラックスながら、シルエットは裾にかけて細くスタイリッシュ。ドレスとカジュアルのバランスが取れたレディースならではのアイテムに仕上がっています。早速見ていきましょう。

トレンドのチェック柄デザイン

商品名にもあるウィンドウペンチェックですが、窓の格子のような見た目からその名がついています。青とも緑とも言えない絶妙な色味で、爽やかで清涼感があります。筆者もこの柄に心を奪われた一人。

チェック柄と一口に言っても種類はさまざまですが、ウィンドウペンは上品で大人っぽくクラシカルな印象なので、子供っぽさは皆無です。グレー地に細い黒糸がウィンドウペンチェックで仕切られることで、グレンチェックのようにも見えるのが、また面白い点です。

本来、ベーシックアイテムを得意とするユニクロですが、巧みな柄使いで流行を上手に取り入れています。このあたりのデザインはファッション感度の高いレディースならではといったところでしょう。メンズの展開ではなかなかこうはいかないと思います。

ポケットは全部で4つあります。バックポケットは正方形で120×120㎜。やや浅く、長財布を入れるのは少々危険が伴います。

サイドポケットは特に浅いこともなく普通の大きさです。

ユニクロ安定の機能素材

そんなトレンドフルな柄を構成する生地はポリエステル68%、レーヨン30%、ポリウレタン2%。薄手の素材で履き心地もよくさらさらしており快適です。また化学繊維特有のテカリはなく、適度なツヤと落ち感で、安っぽく見えません。ユニクロの安定のクオリティですね。

洗濯は液温40℃を限度とし、ネットに入れましょう。縮みや毛羽立ち、毛玉等は今のところ確認できません。シワになりにくいのは確かですが、上掲の写真のように絶対にできないわけではないのでご注意ください。干す際にカタチを整え、パンパンと伸ばす程度でシワは簡単に取れます。

それ以上に心配なのは、洗濯回数が増えるにつれスラックスの大人っぽさの象徴であるセンタープレスが取れることです。いくら綺麗なシルエットとはいえ、きちんと感が損なわれると、簡単に子供っぽいカジュアルな印象になってしまいます。

センタープレスを維持するアイロンがけは慣れていないと難しく、上手くできないこともあるでしょう。真冬まで使える防寒性はないため、シーズン終わりにクリーニングに出すことをオススメします。仮に自分でアイロンがけを行う際はあて布を忘れずに。

とは言えこれはかなり贅沢な悩みです。スラックスは基本的に洗えないものが多いため、洗濯できることだけでもイージーケアと言っていいでしょう。形状安定加工すら施され、シワになりにくいことは事実です。

ウエストはゴム仕様で、ボタンやファスナーはついていません。ポリエステル51%、ポリウレタン22%、ナイロン16%、レーヨン11%で、伸縮性はかなりのもの。ポリウレタン混紡のおかげです。

社会の窓も縫い付けてあり開くことはありません。

気になるサイズ選び

サイズ展開はXS~3XLまでの7サイズ展開。この内XS、XXL、3XLはオンラインストアでのみ取り扱いがあります。男性読者が気になるサイズ選びです。かなりゆったりした腰周りで、裾に向かってキュッと細くなるテーパードパンツです。ユニクロのメンズパンツでXS、Sサイズを選ぶことの多い167㎝、51㎏の筆者でもMサイズを選択しました。

ウエストはXSで64㎝、Sで68㎝、Mで72㎝、Lで78㎝、XLで84㎝、XXLで90㎝、3XLで96㎝。筆者のウエストは65㎝です。商品ページのレビューで「履くときに骨盤のところがきつい」とのコメントがありましたが、Sサイズを試着した際に実感しました。骨盤を通過してしまえば窮屈さはそこまで感じませんでしたが、着用するたびに大変な思いをしなければならないため断念しました。

ヒップはXSで88㎝、Sで92㎝、Mで96㎝、Lで102㎝、XLで106㎝、XXLで114㎝、3XLで120㎝。ウエストが入れば特に着用時に支障はないでしょう。

わたり幅はXSで30㎝、Sで31㎝、Mで32.5㎝、Lで34㎝、XLで36㎝、XXLで38㎝、3XLで40㎝。太ももの辺りはウエスト同様ゆとりがあるため、どんな体格の方でも脚のカタチが出にくいです。痩せていても太っていても、スキニーに抵抗がある方にオススメできる点もポイントが高いです。

裾幅はXSで15㎝、Sで16㎝、Mで16.5㎝、Lで17㎝、XLで18㎝、XXL、3XLで19㎝。テーパードパンツのスマートさが決まる重要な部分ではあるのですが、女性が着用することを考えると少々甘いです。あまり細いと足が通らなくなるため、男性が着用するならこの程度は許容範囲ですが、あと1~2㎝程キュッと細ければ、更に美脚シルエットになったはずです。

そんなあと一歩に感じる裾幅ですが、裾の長さに注意すればかなり改善されます。元々アンクルカットなため、筆者は裾上げせずにそのまま着用していますが、クッションは厳禁です。しっかり裾上げして足首が露出するくらいの9分丈を目指しましょう。スタイリッシュになりコーディネートに取り入れやすくなりますので、オススメです。

股下はどのサイズを選んでも大体同じですが、股上に差があります。股下はXSで62㎝、S~3XLで64㎝。股上はXSで25㎝、Sで26㎝、Mで26.5㎝、Lで27.5㎝、XLで28.5㎝、XXLで29.5㎝、3XLで30.5㎝。

カラー展開・柄違い


http://urx3.nu/Lhzh


http://urx3.nu/LhBY

「02 LIGHT GRAY」「68 BLUE」の2色展開。BLUEはNAVYに近い暗めの色合いで、柄も目立たないため筆者はLIGHT GRAYを選択してます。


http://urx3.nu/LhCk

ウィンドウペン以外に同じ形状で柄違いのものがラインアップされています。商品ページが違うのでわかりにくいですが、無地で「04 GRAY」「09 BLACK」「55 GREEN」「69 NAVY」の4色。ベーシックアイテムとして、シルエットや素材が気に入ったのなら多色買いもアリです

グレンチェックの「08 DARK GRAY」は、ウィンドウペンに比べて暗い色味で、秋らしい雰囲気をより楽しめそうです。BLUEを選ぶくらいならこちらをオススメします。

余談ですが、メンズファッションアイテムにおいて最も売れる色は黒です。男性的な魅力を引き立て、身体つきも締まって見える上に汚れも目立ちません。その利便性から、全身真っ黒で地味な印象になってしまうこともあるでしょう。

筆者もその1人です。それ故普段と印象を変えたいという思いから目を付けたのがこのアイテム。印象は変えたいけど派手なアイテムはちょっと、と思う方にも是非オススメさせていただきたいアイテムとなっています。価格は2990円(+税)。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【81選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.09.24

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。