ビジネスOK!ユニクロのファインクロスシャツの評価は?

この夏をオシャレに乗りきる激安オーダーシャツ+シンプルなシャツで差がつくクールビズの着こなしを紹介!

最近暑さが厳しいですね。社会人のみなさんはクールビズの服装どうしていますか? クールビズなんてスーツのジャケットを脱ぐだけだろ……と思っているかもしれません。もちろんそのとおりですが、その分スーツという完成された服装が崩れてしまいます。クールビズって、涼しいけれど見た目は悪くなってしまいますよね。

そこで、クールビズでもオシャレに見えるシャツをご紹介します。

理想のスーツ

そもそも「スーツ」は理想形が決まっているものです。理想のスーツ姿を思い浮かべてください。ダンヒルやアルマーニのモデルでもいいです。ジェームズ・ボンドでもいいでしょう。

スーツの理想形を要素に分けると2つあります。「究極にシンプルであること」「完全に身体にフィットしていること」。この2つです。

さて、みなさんはどのようなシャツを普段着ていますか? スーツの理想の一つは「完全にシンプルであること」。シャツも同様です。ジェームズ・ボンドがボタンにステッチが入ったシャツが着ていることを想像してください。彼が襟の裏にチェックが入ったシャツを着ていますか? 少しおかしく感じますよね。

もしあなたがシンプルすぎることを恐れてデザインのあるシャツを着ているなら、それは間違いです。普段はジャケットやネクタイのおかげでそれらが悪目立ちすることはありません。しかしクールビズにおいては別です。ジャケットやネクタイがない分、シャツを理想に近づけてあげる必要があります。スーツの理想は「シンプルであること」。とくにクールビズでは、妙なステッチやデザインは不要です。

「シャツはシンプルであること」、まずはこれを覚えてください。

もう一つの要素は「身体にフィットしていること」です。もう一度、ジェームズ・ボンドを想像してください。彼がサイズの合ってないスーツを着ているところが想像できますか?

できませんよね。彼のスーツは完全に彼らの身体に沿って作られているものです。「スーツ」においては、完全に身体にフィットしているものが理想形です。日本でも、フルオーダーの高級スーツを仕立てることは勿論可能です。しかし、毎日着るシャツをすべてオーダーメイドで揃えるというわけにもいきません。とくに夏の暑い時期や、普段の仕事用のシャツはほぼ消耗品です。お金をかけたくありません。

そこで紹介したいのが、ユニクロの「ファインクロスシャツ」です。なんとこのファインクロスシャツ、オンラインではセミオーダーすることが出来ます。

https://goo.gl/HxX7VR

どういうことかというと、従来のS/M/Lサイズから自分の身体に合わせて胸回り・首回り・腕の長さを調整してオーダーできます。しかも価格は据え置きです。

173cm 67kgでスポーツ体型の僕は、普段のユニクロのシャツはSかMかというサイズ感なのですが、このセミオーダーによってサイズM、首回りと腕の長さをSにしています。

https://goo.gl/HxX7VR

つまり完全に、とは言えないまでも「身体にフィットしたシャツ」を作ることができます。

ジル・サンダーやクリストフ・ルメールとのコラボレーションで数々の名作シャツを安価で放出し、定番品が得意分野のユニクロだけあってデザインもシンプルそのもの。さらには十分に細い糸で織られているためツヤがあり高級感があります。それだけでなくシワがよりにくい特殊加工により、1日着ていてもクタクタになりません。

おすすめはスリムフィット/レギュラーカラー/ファインブロードの白。多少透け感が気になる方は、青を選ぶかカットオフのエアリズムを下に着用するといいでしょう。

ここまで至れり尽くせりのシャツが2990円。たくさん汗をかく夏は、ガシガシ使えるシャツがあると便利なものです。

クールビズの着こなしポイント

最後に、クールビズスタイルでの着こなしのポイントを2つご紹介します。

1つは、「長袖シャツを着ること」です。暑い夏、半袖を着たい気持ちはわかります。しかし、スーツの延長線上であるクールビズでは我慢してください。

その代わり、オシャレに見える袖のまくり方があります。「ミラノまくり」です。

何も難しいことはありません。シャツの袖のボタンを全て外し、出来るだけシャツをまくり(カフス=袖の固い部分を折り返さない)、そのままカフスが立つように余った腕の部分を巻きあげるだけです。これで、イタリア人のようなシャツスタイルが完成します。素材のおかげで、まくりを戻した際のシワもかなり軽減されます。オススメです。

これで着こなしとしては十分なのですが、裏技をひとつ。それは、「ニットタイをすること」です。先ほど「シャツはシンプルであること」と言いましたが、シンプルすぎて不安な気持ちもよくわかります。しかし、同僚がノーネクタイの中でネクタイを着用するのも難しい。そんなときに重宝するのが、「ニットタイ」です。

https://goo.gl/RF7B4b

通常のネクタイよりもカジュアルな印象のニットタイを使えば、暑苦しい印象を与えることなく、スーツのスマートさを保ちながら地味な印象から抜け出すことができます。

この夏はユニクロのセミオーダーシャツを使って、クールビズスタイルに差をつけましょう!

ほのせかんど

この記事を書いた人

ほのせかんど

身長173cm 体重67kg

ひたすらに保守派の20代。ファッションと勉強、お金と時間、スイーツとダイエットのバランスを模索中。