ユニクロのヒートテックライナーファンクショングローブで冬の自転車を楽にしよう!

冬の自転車において最大の敵は冷たい風です。いくらダウンやコートで身体を温かくしても、ハンドルを握る手が無防備だと指先が冷えてしまい、とても自転車には乗っていられません。そこで必要になるのが手袋です。通勤や日常の買い物に自転車をよく使う筆者がこの冬マストバイを紹介します。ユニクロのその名も「ヒートテックライナーファンクショングローブ」です。


https://bit.ly/2Ra8lUg


https://bit.ly/2GrWOvp

商品名が分かりにくいですが、裏地がポリエステル100%のヒートテック素材になっていて、裏地と表地の間に防風フィルムが挟み込んであります。そのため、ヒートテックの温かさと防風機能を兼ね備えた手袋ということになります。この合わせ技が冬の自転車に最適な組み合わせなのです。


https://bit.ly/2EDMb7h

過去に「ヒートテックニットグローブ」を使用していた時期がありましたが、はっきり言って自転車との相性は最悪でした。手袋をしているはずなのに、手が凍るかと思うほど冷たくなった苦い経験があります。ニットの手袋では走行していると隙間から冷たい風が入ってきてしまう上に、ヒートテックの熱でかいた汗で指先の体温を奪われてしまうのです。ですので、冬の自転車に防風機能は必須です。

こちらの手袋は、裏地のヒートテック素材により手を温めてくれ、風もガードしてくれるので気温が5℃前後の中で自転車を走らせていても風の冷たさを感じることは全くありません。また、撥水性はありませんが、雨が降っているときでも内部に雨水が染み込んで冷たくなるといったこともありません。普段使いにも十分に活用できるでしょう。

オシャレ用としては△だが、ロゴなしでデザインはシンプル

残念ながらシルエットは万人向けの作りといったところで、全体的にやや大きめでボテッとした形状です。サイズ展開はM・L・XLの3サイズ。手袋はフィット感が大切ですので、できるだけ小さめのサイズを選んだ方がよいでしょう。身長165cmで男性としては手が小さめの筆者は1番小さいMサイズを選びましたが、どの指も先端が少し余ってしまいます。Sサイズがあればそちらを選んだと思います。お世辞にもオシャレな手袋とは言い難いので、あくまで防寒具として使った方がよいでしょう。

とはいえ、ユニクロのスポーツアイテムのような四角いロゴはなく、余計な装飾もありません。デザインはとてもシンプルです。表地はジャージのようなスポーティーな素材感で指先と手の平に合成皮革の別布が付いています。オシャレに使いたい場合は、アウターと同色系のものを選べば視角効果で腕を長く見せることができるので、この方法がオススメです。特に「09 BLACK」が別布部分も黒色で統一されているので、使いやすいと思います。

さらに親指と人差し指についている別布はタッチパネルが操作できる仕様になっています。筆者のスマートフォン(Xperia)は保護シール付きでも問題なく反応しました。指先が太いので文字入力などの細かい操作には少し慣れが必要ですが、指先の角の部分をうまく使えばそこまで支障はないように感じました。

これだけの機能性を詰め込んでいながら価格は1500円(+税)と、コストパフォーマンスはさすがユニクロ。冬の冷え込む時期、特に自転車を使う人にはマストバイの手袋です。似たようなヒートテック手袋が他にもラインナップされていますが、他はカジュアル感が強いデザインなのでスーツやコートに合わせる場合でも本商品のほうがオススメです。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【124選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.03.04

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
まーく@GiF

この記事を書いた人

まーく@GiF

身長165cm 体重65kg 靴24.0~24.5cm(スニーカーは25.5~26.0cm)

コンプレックスと向き合いながら自分なりのオシャレを目指す30歳。ミリタリーの武骨さと機能美に惹かれている。