デニムでも寒くない。ユニクロのヒートテックデニムは暖かさとシルエットを両立させた逸品

スキニーデニムは冬にきれいなシルエットを出すには最適なアイテムです。アウターでトップスにボリュームが出やすく、細いラインをつくるスキニーデニムはバランスをとりやすいからです。

特にトレンドのステンカラーコートやチェスターコートに合わせる服を店員に聞くと、細めのパンツをオススメされるでしょう。

しかし、冬のスキニーデニムには問題が発生します。それは「寒い」ということ。コットン100%のデニム生地は保温性がなく、冬には不向き。オシャレは我慢! っといえばそれまでですが、筆者のように寒冷地に住み、腰痛持ちだと死活問題です。

また、スキニーではズボンの下にタイツを履けません。肌に密着したズボンなので、下になにかを着るのは難しく、無理をしてはくと圧迫感が残ります。また、ムチムチした見た目になるので、スタイルにも悪影響です。

そんな問題を解決してくれるのがユニクロのヒートテックデニムです。機能的で暖かく、シルエットも工夫次第でかっこよくなります。そんなデニムをレビューしたいと思います。

商品名:ヒートテックスリムフィットジーンズ
ブランド:ユニクロ
サイズ: 30(76cm)
色:黒
価格:3990 円(+税)

防寒性とシルエットはトレードオフ

防寒性とシルエットはトレードオフの関係性にあります。トレードオフとは、どちらかを立てれば他方が犠牲になる関係のことです。

例えば「ダウンジャケット」のように防寒性を高めると、ミシュラマンのように不格好になります。タイトな「ウールコート」はシルエットこそキレイですが、防寒性は乏しいでしょう。

「防寒性」と「シルエット」を両立することは難しいのが本来ですが、ユニクロの「機能性」があれば両立できるのです。

ヒートテックと起毛の機能性で防寒とシルエットを両立

ユニクロといえば誰もが思い起こすヒートテック。化学繊維を使った薄手のインナーですが、この技術をデニムにも応用しています。綿66%にレーヨン13%、アクリル11%、ポリエステル8%、ポリウレタン2%を混紡し、裏地は起毛された素材を使うことで、暖かさに磨きをかけています。

この「機能性」によって防寒とシルエットを両立させているのです。

ヒートテックデニムの裏地は起毛感が写真でもわかると思いますが、さわってみるとフリースのような感触です。実際に0度以下の屋外で履きましたが、デニム生地特有の冷たさはありません。

パッと見のシルエットは、正直、普通のデニムのほうがかっこいいですが、そこまでこだわらない人はヒートテックデニムで十分。そもそも裏地は誰にも見えません。

弱点のシルエットは裾幅を細めてかっこよく

機能性は良くとも、気になるのはデザインやシルエット。ユニクロは大量生産するため、万人受けするシルエットでつくられています。今回のヒートテックデニムに限らず、全体的にサイズ感は少し大きめです。

筆者は洋服のお直し屋にてサイズダウンしました。特にパンツで重要な部分である、裾幅を詰めるのがオススメです。購入したサイズは30(76cm)ですが、お直し後の裾幅を測ると17㎝が15㎝に。もも周りは30㎝が27㎝になっていました。お直し代は2000円です。

これで完璧なシルエット!とはいきませんが、先端は印象が左右される重要な部分。このひと手間でユニクロとはなかなかわからないでしょう。

ポリウレタンが混紡されているので、ストレッチ性があります。綿100%のスキニーデニムはかがんだときなどに窮屈ですが、ヒートテックデニムは伸びるので楽です。

しかし、ストレッチ性があるのもいいですが、そのかわり服が伸びやすいという短所があります。屈伸運動で負荷がかかると、次第に膝部分が伸びてきてきます。

「膝抜け」とよばれる現象は、スウェットパンツでも多々散見されます。たるみが大きくなるとだらしない印象になるので、一長一短でもあります。

オススメ の色は黒

色は黒がオススメです。他の色のブルーはデニム特有の藍色の落ちぐあいなどが安っぽく感じます。その点黒は文字通り「黒」なので、色落ち具合は関係ありません。

日本人はアメカジが昔から好きなので、デニムを見る目は肥えています。安いデニムはすぐわかるので、黒を選ぶのが無難でしょう。

しかし、短所として一点あるのが、普通のデニムよりもヒートテックの化学繊維のせいか、毛玉がつきやすいところ。写真でもわかるように毛玉が目立ちます。まめに粘着テープで取ることをオススメします。

洗濯は洗濯機でも可能です。しかし、やわらかいのでしっかり伸ばして干しましょう。

シルエットがかっこよく値段も手頃なスキニーデニムは他にもたくさんあります。著者も7,8年はいているヌーディージーンズをありますが、シルエットとバックスタイルがとにかくかっこいい! 春夏秋はヌーディージーンズ一択です。

しかし、冬は寒い……。多少のシルエットが悪くとも寒さをやわらげるスキニーデニムはないものか。 と考えてユニクロで見つけたのが、ヒートテックデニム。シルエットは完璧とはいえませんが、裾幅を細くお直しすればよくなります。

気になった方はまだ寒いうちに試着してみてください。

ユニクロ2017秋冬まとめはこちら↓

【71選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.08.12

メンズオススメデニムまとめはこちらから↓

[19選]メンズのおすすめデニムパンツを一挙レビュー!スキニーからテーパードまで幅広く紹介!

2018.03.16